特殊健康診断の就業判定

どうも。 さて特殊健康診断の結果が届き、ひたすら判定する日々。 書類にひたすら判定。 ほぼ正常と書くだけですが、たまに再検とか。 特殊健康診断 えーと、有害業務をしている人にかせされる年2回の特殊な健康診断。 騒音職場ならちょっと細かい聴力検査。 有機溶剤なら尿検査や血液検査。 VDTなら視力とか。 振動なら、温痛覚やら。 まあ、慣れるまでちょっとめんどくさいですが。 産業医3年もやれば楽勝かと。 判定区分 A B C R T で判定します。 まあほぼA、騒音だとTが多いかな。 単純作業の繰り返しですが、まあ巡視を想像するとおもしろいので気になったら呼び出してます。 結局、職業病を早期発見する貴重なすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事