ここから本文です

書庫ラジオ・AV

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
購入後20年以上使用しているICF-B100から音が出なくなった。ラジオは10台ほど持っているのでこれが使えなくても特に不便は感じません。最近ではラジオを聴いているはRF-2200、ICF-EX5MK-2、ER-C57WRの3台を気分で使っており、たま〜にICF-SW23やICF-SW11を取り出して聴いています。

5年ほど前に一度内部で断線して修理をしたのですが、また同じところがダメになったと思い中を開けてみることに。以下は前回の修理内容です。

経年劣化のせいでダイアル表示部がどんどん黄色く変色してきており文字が見えにくいです。また本体も黄色っぽく退色していますけど、なぜか本体左下にある予備のリチウム電池が入る部分のフタだけは変色しません。これが購入時の色に近いです。



イメージ 2
まずは本体を3枚おろしにする。前回の故障時には本体から基板を外さないで修理したのですが、今回は半田ゴテのコテ先が届きにくいので全部ばらしました。下に見える赤いリード線と電池ホルダーの接続部が前回の修理場所です。


イメージ 3
中学生当時から持っていた半田ゴテではなくて、ダイソーで売られていた半田ゴテを買ってみた。しかし便利になったというか時代の流れなんですかねえ〜、これが質はともかく400円で買えてしまうというのも昔は考えられなかったことです。



イメージ 4
BATTと書かれた部分から出ていたオリジナルの黒いリード線が切れており、これが原因で音が出なかったもの。前回は手前にある赤いリード線と基板から出ていたオリジナルの黒い線を途中で繋いで直した。



イメージ 5
新しいリード線を半田づけする。しかしめったにする作業じゃないけれど、今でもこの作業は上手く出来なくてイモ半田になってしまう(-_-;) でも半田づけ作業自体は好きですよ。



イメージ 6
前回は電池ホルダーの金具からのリード線と途中の部分でリード線を継ぎ足して直したが、今回はどうせ直すならと全部交換することにして新しいリード線を基板と電池ホルダー部分に半田づけして修理しました。
写真で見ると見慣れない形の電池ホルダーですが、単1〜3の同種類の電池が2本で稼働出来る仕様のために特殊な形状になっていて普段は単3の電池を使っています。

イメージ 7イメージ 8

修理後に基板を本体に組み戻して作業終了で、のんびりやっても30分もかからないです。電池を入れてダイアルライトと電池残量ランプが点灯するのを確認して修理が終わりました。

所有する他のラジオの台頭で出番は少なくなりましたがこのラジオ、電池の持ちはとても良くて例えば単1の乾電池を入れた場合はいつ電池を入れたか忘れるほどに持ちがいいのです。普段はLEDライト等で使えなくなった電池をこのラジオに入れると、電池残量ランプが一つだけは点灯するのでこのラジオで電池を完全に使い切るようにしています。

追加で購入

イメージ 1
先日購入したFDK製のニッケル水素充電池。パナの充電器でもな〜んも問題なく充電出来ることを確認したので、更に8本を追加で購入しました。
これでFDKが16本、2〜3年前に購入のパナのエネループが8本の計24本が揃いました(^_^;) 全部が同じ種類で購入時期が違うと新旧が分からなくなっちゃうんでね。

これを買ってみた

自宅にある購入後数年経っている100均や、パナのエボルタの充電池の持ちが悪くなってきているみたいなのでこの際に全て一新することにしました。
そこでまず8本だけ買ったのがコレ。


イメージ 1
富士通の充電池は全然馴染みがなくてどんなものかと思って色々ググっていたら、どうも三洋のエネループはここからOEM供給していた様で現在もこの関係は継続している模様。この充電池の購入者のレビューもそんなに悪い評価は無くて、それならどうしてもエネループじゃなきゃダメってこともないでしょう?


昨年の秋頃にエネループはリニューアルなのかモデルチェンジなのかで、価格が結構上がりましたよね? そこでもうちょっと価格が安めなのを探していたらこれを見つけたので、Yカメラで4本で910円で購入。エネループは4本で1,300円位だから、同じ性能であるとするとかなり安い価格です。中身は同じ物なのにここまでの価格差があるのはブランド力によるものなのかと思います。
ちなみにアマゾン限定で、パナのエネループの文字が青から黒に変更された商品が単3が4本(ケース付き)で1,100円程で販売されています。でも私は更に価格の安いこちらの充電池を選びました(^_^;)


イメージ 2
裏にはしっかりとFDKの文字があり、そして日本製の文字も。これなら品質に期待が持てそうで、使い勝手が良ければ次回もまたこの充電池を選びます。
なお、充電は私の持っているパナの充電器でも問題なく充電出来ました。

更新時期でしょう

イメージ 1
100均ダイソーの充電池をいつもパナの充電器(2台あり)で充電しています。充電池はもう5年以上は使ったかなあ〜? 普段はラジオの電源として活躍しており、最近は中々充電を受け付けなかったりして寿命なのかと思います。容量は1,000mAhと低いのでいわゆるお手軽の部類の充電池です。

現在これと、これも5年以上使ったパナのエボルタも同時に入れ替えようと思案中です。しかしエボルタもへたりが早いような気がしますねえ〜。手元にある充電池は「パナのエネループ」が主力になっており、この際に思い切って古い充電池は入れ替える予定です。

某誌での検証結果でも指摘されていましたが、ダイソーの充電池は充電後に数日おいていると自然放電する割合が多い気がします。ラジオで使っていると「もう電池切れ?」と思う事が新品時より感じました。安い分はそれなりのクオリティーでやむを得ないのかと考えます。

ソニー ICD-PX470F

イメージ 1
ソニーのICレコーダー「ICD-PX470F」を買った。
実は過去に2回ソニーのICレコーダーを買ったことがあって、いずれも1年持たずに処分してしまった(過去の記事をググると出て来るはず)。

で、今回も必要に迫られてまた買うことになったのですが、高価なものは必要ないにしても中々自分の希望通りにはならなかったわけです。

最初に考えたのは過去に買った物と同等の下位グレード品である「ICD-PX240」。
しかしこの商品はICレコーダ内のデータをPCに落とすことは出来るが、本体にマイクロSDカードが挿入出来ないんですよ。以前はこれに音楽を落としてウォークマンみたいに使っていたけどこれが出来なくなったのでパス。

次は上位機種の「ICD-UX560F」。
これは本体も薄いしデザインもカッコ良く、しかもディスプレイにはバックライトも点くし、L/Rのレベルメーターも装備されているので機械マニア心をくすぐってしまう(^O^)
ただ欠点としては価格が1万円以上することと、電源が内蔵電池のみということ。
内蔵電池が劣化して交換となると驚くほどの料金がかかりそうで、ヘタをすると同じものが新品で買えちゃうくらいになると予想する。
1万円出すならタスカム製の下位モデルが買えるけど、本体がチョット大き過ぎるんでこちらも泣く泣く断念。


イメージ 2
それで選んだのがこれなんだけど、バックライトくらいは欲しかったなあ〜。
可もなく不可もなくといったところの機種なんだけど、私の感想としては中途半端なんだよね〜(+_+)

CD並みの音質が得られるリニアPCM録音が出来るし、マイクロSDカードも使えるけど、ある意味妥協して買っちまったってところです(-.-)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事