鈴木信行の維新通信

在ソウル日本大使館前の売春婦像に「竹島の碑」を縛り韓国入国禁止になりました。参院選東京選挙区ではご支援ありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

鳩山首相の「核なき世界」は現実を見ていない!

鳩山首相がニューヨークで、「非核三原則を堅持することを誓う」と話し、唯一の被爆国として核廃絶に取組む決意を表明した。

友愛の理想は理想で、家訓として個人的に掲げて欲しい。戦後日本は東西冷戦の中、米国の核の傘に入ってきた事実が現実である。今後は米中接近が計られると予想され、米国の核の傘は以前のようには期待できない。もう既に核の傘は穴が空いている。

日本に必要な戦略は、米国に安全保障を委ねる戦後体制から支障なく抜け出し、64年前のように米国と中国に挟まれることなく、主権国家として自主独立を守ることである。

そのためには、私は鳩山首相とは真逆に考える。唯一の被爆国として核武装が必要なのである。

日経新聞によると、
「核なき世界」安保理決議 首脳会合が全会一致
 【ニューヨーク=坂井光】国連安全保障理事会は24日、「核拡散防止と核軍縮」に関する首脳級会合を開催し、オバマ米大統領が提案した「核兵器なき世界」を目指す決議を全会一致で採択した。会合には鳩山由紀夫首相が出席。唯一の被爆国として「非核三原則を堅持することを誓う」と強調し、日本が核廃絶に取り組む決意を表明した。

 米ロ中など核保有5カ国を含めた安保理15カ国の首脳らが、議長声明などより拘束力の強い決議を採択することにより、近年停滞していた核拡散防止・核軍縮の動きが再び活発になることが期待される。

 会合では議長を務めるオバマ大統領が「冷戦時には核(戦争)の悪夢は回避できたが、今は新しい戦略と手法が必要だ」と主張。各国に核拡散防止や核軍縮への理解を求めた。核開発が懸念される北朝鮮やイランについても言及し、安保理制裁決議への違反には「対抗措置をとる責任がある」と語った。
以上転載。

第59回靖国神社清掃奉仕は11月29日(日)午前9時から行います。
ホームページ http://www5f.biglobe.ne.jp/~yasukuni-houshi/

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

馬鹿がオバマの尻馬に乗って何を喚きだすやら。
核兵器国が進んで裸になる訳がない。
国連安保理決議は全く具体性のないもので、あれは来年のNPT再検討会議に向けての核兵器国のジャスチャーに過ぎません。
核の独占を謀ると共に新アジェンダ連合など非核国の追及をかわす為の決議です。
何もやりはしません。
傑作

2009/9/27(日) 午前 1:01 [ - ] 返信する

顔アイコン

今世紀中に海洋循環停止の可能性があることも
____________________ご承知ですね!、あなた。

また、左藤栄作が、1960年代から、沖縄へ核誘致し、
現実に置かれていることも、
____________________ご承知ですね!、あなた。

2013年5月(時間のズレは生じても)、
太陽フレアが、直接地球を直撃可能性があることも、
____________________ご承知ですね!、あなた。

これが、7000〜8000年に1度の
スーパーフレアであるなら【地球は木っ端みじん】
温暖化どころではありません。

2009/9/27(日) 午前 1:40 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

また、地球の周囲には、現在分っているだけで80個の
【隕石がグルグル回っています】が
いつ軌道を外れて地球へ落下するか分りません。

現在の処、2029年に、【巨大隕石落下の可能性】が予測されています。

斯様に、宇宙の運行は厳密な法則のもとに運行していますが、
過去数千回にわたる、人為の【地下核実験】が、
如何に【地軸や地球核】へ影響を与えているのか?

数千回にわたる【地上核実験】が
【現在、南極大陸の2倍になったオゾンホール】へ、
如何に影響を与えてきたのか?

人類生命史にかかわる非常事態です。

この点では、物質地球の危機よりも、
【人類生命史あと1000年の危機】が挙げられます。

__________これらへ、鑑みて発言されておられるのですね!、あなた。

2009/9/27(日) 午前 1:43 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

核廃絶など絶対に有り得ない。
オバマの核廃絶発言に期待を寄せているが、オバマ自身は「核廃絶は私の生きているうちには無理」とし、「他国の核兵器が存在する限り、効果的な核戦力を維持する」と言明している。
オバマとメドベージェフは、米露両国が実戦配備している戦略核弾頭の数を2000発から1675発に減らすことで合意したが、これはミサイルから外して格納庫へ移動させるだけの合意であり、その気になればすぐに「即座に使える状態に」戻せる。
しかも、両国は、新しい核弾頭の生産施設を建築中だ。

他の核保有国も核廃絶など考えていない。
NPTは第6条で、核兵器国に対して核軍縮の誠実な交渉を約束させているが、完全に無視されている。
そもそも、仮に核兵器を廃棄したとしても、核弾頭の設計図や科学者の頭脳までは消去不可能だから、戦争が始まったりすれば今の核保有国は即座に核兵器を再生産できる。
傑作
TB

2009/9/29(火) 午前 4:10 益荒男 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事