鈴木信行の維新通信

在ソウル日本大使館前の売春婦像に「竹島の碑」を縛り韓国入国禁止になりました。参院選東京選挙区ではご支援ありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

告発受理!朴槿恵大統領を処罰せよ!!

先月、島根県が制定した「竹島の日」前日の2月21日に島根県松江地方検察庁に赴き、朴槿恵韓国大統領(告発当時は次期大統領)を出入国管理及び難民認定法違反の容疑で告発した。

昨日、松江地方検察庁から3月26日に告発が受理されたと連絡があった。(受理番号−平成25年10247号)

平成17年10月5日、朴槿恵大統領は我が国固有の領土である竹島(島根県隠岐郡沖の島町竹島官有無番地)に、ハンナラ党国防委員(当時)として韓国軍のヘリコプターを用いて不法上陸した。

この行為は出入国管理及び難民認定法の第3条に違反し、我が国の主権、領土、法秩序を蹂躙する行為であり断じて許し難く、我が国司法においては、こうした犯罪事実に厳正なる処断を下し、朴槿恵大統領に処罰を求めるものである。

韓国では年間20万人以上が、何も資源の無い竹島に行っている。韓国人にとっては竹島が精神的な支柱、聖地に昇格しているようだ。

だが、竹島を観光地にして領有権を強化し侵略を正当化しようとする韓国の策謀を見過ごすことはできない。

本来は上陸した韓国人を全員不法入国で処罰しなければならないが、残念ながら特定することはできない。

今後は日本の国法に従えば犯罪者となる朴槿恵大統領を始めとして、竹島に上陸したことを宣伝しているバカな韓国芸能人が日本に入国したら逮捕しなければならない。

韓国人に日本の領土を侵略し、竹島へ上陸することの不利益を悟らせる必要があるのだ。

松江地方検察庁は告発状を受理した。
私がソウル中央検察庁から召喚状を受けたように、犯罪者朴槿恵を召還して取調べしていただきたい。

私は現在韓国のソウル中央検察庁から起訴され、名誉棄損で欠席裁判を受けようとしているが、日本では無法国家韓国と違い欠席裁判はできない。

朴槿恵大統領が来日した時に取り調べて頂きたいが、安倍政権下では「大人の対応」でうやむやにされるだろう。

しかし、昨年8月に現職の大統領である李明博前韓国大統領が竹島に不法上陸し、天皇陛下に土下座して謝罪しろと発言したが、その後、他国の国家元首を侮辱し愚弄したことを反省することも恥じることもなく、謝罪する姿勢も見せない韓国政府の対応を、心ある日本国民は忘れてはいない。

ありもしない追軍売春婦(戦地娼婦・従軍慰安婦)の強制連行を世界中に宣伝し、日本の信用を失墜させるべくディスカウントジャパン政策を官民挙げて遂行している韓国の実態を認識すべきである。
日本を誹謗中傷し続けている韓国を許してはならない。

日韓国交断絶も辞せず覚悟で、検察庁は朴槿恵大統領を厳正に処罰して頂きたい。


告発状

平成25年 2月21日

松江地方検察庁 検察官 殿

告 発 人
     維新政党・新風 本部代表 

〒103−0014
   東京都中央区日本橋蛎殻町1−6−4−103
電話 03−5642−0008


ほか別添記載の通り。


被 告 発 人    朴  槿 惠
大韓民国 国会議員
大韓民国ソウル特別市江南区三成洞42−6番地

第1 告発事実
 被告発人は、平成17年10月5日に我が国固有の領土である竹島(島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地)にハンナラ党(現:セヌリ党)国防委員として韓国軍のヘリコプターを用い、不法に上陸したものである。

第2 罪名及び罰状
 出入国管理及び難民認定法第3条1号、2号、第70条1号、2号

第3 告発の理由
 被告発人は我が国固有の領土である竹島に不法上陸し、我が国の主権と領土、法秩序を蹂躙している。被告発人はこの後、翌年の平成18年3月7日から12日まで来日して我が国に滞在した他、我が国を訪れた事実は確認されておらず、ほとんどを韓国にて過ごしていたものと思料され我が国の公訴時効の算定より除外される。


第4 意見
1 本件は我が国の領土と主権を著しく侵害した事案であり、過ぎ去った事として許容することはできない。被告発人は本年2月25日より大韓民国の次期大統領となる予定であるが、我が邦土に不法上陸した者が国家元首となり、我が国に国賓として来日するという前代未聞の事態が予想される以上、日本国の司法において領土と主権を守るためにも厳正なる処断を切望するものである。

以上


維新政党・新風参議院選挙出馬記者会見動画
http://www.youtube.com/watch?v=DMMp_TN0E6U&feature=youtu.be


新橋駅SL広場前街宣のお知らせ
日時:4月1日(月)午後17時
場所:JR新橋駅SL広場前
弁士:鈴木信行・荒木しほ・村田春樹・荒井泉・金子吉晴・金友隆幸他
内容:火病韓国は法治国家にあらず!慰安婦強制連行はなかった。
   尖閣・沖縄を支那から護れ!
主催:維新政党・新風東京都本部
※JR新橋駅SL広場前の月曜日街宣は、事前に告知して適時開催します。

鈴木信行講演会
国まるごと火病!韓国の妄言を糺す
~なぜソウルの売春婦像に竹島の碑を縛りつけたのか~
日時:4月27日(土)午後2時開演
会場:小平市中央公民館 講座室2
資料代:500円
講師:鈴木信行
主催:誇りある日本の会


    領土死守!国民蹶起大集会
〜支那・朝鮮から聖地、沖縄、竹島を護ろう!〜
◎日時:5月12日(日)14時00分開演 (13時30分開場)16時30分終了予定 
◎場所会議室2A :文京区民センター 会費:1000円
※上京者交通費支援のためカンパ大歓迎
 真の愛国者は結集せよ! ヤジ、怒号大歓迎!

あの鈴木信行(韓国から起訴)が、あの我那覇真子(沖縄の愛国ヒロイン)が登壇!
沖縄、島根から愛国者が続々上京中!その他著名人多数登壇!

<現時点での登壇予定者(敬称略)>
☆仲村俊子(沖縄より) ☆梶谷萬里子(島根より)、☆村田春樹、☆西村幸祐、 ☆坂東忠信、その他調整中

主  催:領土死守!国民蹶起大集会実行委員会(委員長 村田春樹)
後  援:維新政党・新風 / 沖縄対策本部 / そよ風
事務局:村田春樹(TEL:090-7055-2500) 仲村覚(TEL:080-5021-8105)


韓国の追軍売春婦像に「竹島は日本の領土」を贈呈ス
http://www.youtube.com/watch?v=fUGHTaD4FiA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=ytCnzjXvDQI&feature=relmfu


靖国神社清掃奉仕(次回平成25年5月26日)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~yasukuni-houshi/

維新政党・新風のメールマガジンを購読して下さい。
http://www.itm-asp.com/form/?79


鈴木信行 平成19年参議院選挙政見放送
http://www.youtube.com/watch?v=Zjt4LxFXLqc


【活動御支援のお願い】
鈴木信行の活動に共感し評価してくださる方。そして入国禁止措置を受けた韓国との闘争を支持支援したいと思う方は、下記宛てに寄付をお願い致します。

現代維新社(芦沢博之社長・鈴木信行共同代表/設立平成6年3月15日東京都選挙管理委員会届出)

銀行口座
三井住友銀行小岩支店 口座番号0438208 口座名:現代維新社
《注意事項》
支那人・韓国人からの寄付は法律で禁止されていますのでお断り致します。また匿名ではなくメールかFAXでご連絡頂ければ、御礼状兼領収書を送付させて頂きます。
E-mail:suzuki@ishin.jpn.org  FAX03(3672)8900

維新政党・新風の党活動に賛同する方は下記へ
http://netkenkin.sblo.jp/

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

朝鮮征伐を実行すべし! 削除

2013/3/28(木) 午後 2:26 [ 李明博 ] 返信する

顔アイコン

ナイス:転載;拡散

2013/3/28(木) 午後 7:49 ryo 返信する

顔アイコン

受理、おめでとうごうざいます。
次は李前大統領を告発してください。 削除

2013/3/28(木) 午後 9:36 [ 飛鳥 ] 返信する

顔アイコン

クネちゃんは、組閣でアップアップです。
あまりイジメないで下さい(笑) 削除

2013/3/29(金) 午前 0:37 [ 竹島不法上陸許すまじ! ] 返信する

顔アイコン

祝!
受理!

祈願!
有罪判決!

2013/3/29(金) 午前 1:33 coffee 返信する

顔アイコン

素晴らしいです。
朝鮮人に対して弱腰姿勢で挑めば、どんどん調子に乗って無理難題を言ってくるので、徹底して戦う姿勢を見せる必要があります。
既存の政党ではこの当たり前の事ができないので、是非維新政党・新風には参議院で議席を獲得してほしいと思っています。 削除

2013/3/31(日) 午後 5:44 [ 通りすがりの日本人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事