SION投資研究所

9/23 Anniverasary 「ダウ、2日連続で最高値更新=投資家のリスク選好続く(21日)」全公開中!

全体表示

[ リスト ]

(ファン・お気に入り登録の方)向け
2018/4/16 7:15 FISCO
銘柄名<コード>13日終値⇒前日比

PRTIMES<3922> 1967 +70
大幅増益と強気見通しを好感。

トーヨーアサノ<5271> 2011 -62
第4四半期単体の成長鈍化や弱気見通しを嫌気。

PCNET<3021> 1140 +1
今期業績予想を発表で一時急伸も。

レンゴー<3941> 943 +14
任天堂<7974>向けに段ボール供給との報道で。

インターアクション<7725> 1318 +264
第3四半期の一段の収益拡大を評価。

セントラル警備保障<9740> 3240 +402
今期の想定以上の大幅増益見通しを好感。

IDOM<7599> 835 +42
前期業績は従来計画を大きく上回る着地に。

ベル24HD<6183> 1479 +43
引き続き今期の2ケタ増益計画を材料視。

前澤工業<6489> 469 +22
第3四半期黒字決算と期末の記念配当を材料視。

コジマ<7513> 434 +20
売り方の買い戻し圧力なども強まる。

マネックスグループ<8698> 572 +33
仮想通貨事業参入による収益拡大期待が継続。

SBI<8473> 2727 +111
ロシアの商業銀行子会社が米社主導のブロックチェーンコンソーシアムに参加。

コーナン商事<7516> 2694 +156
今期増益見通しや中期計画を評価。

鎌倉新書<6184> 4575 +305
高値更新による需給妙味なども期待。

ルネサスエレクトロニクス<6723> 1025 +57
米半導体関連株上昇につれ高。

古河電気工業<5801> 5020 +265
突っ込み警戒感強まり自律反発。

三井金属鉱業<5706> 4890 +150
モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を格上げ。

ディップ<2379> 2776 -489
今期の増益率鈍化見通しをネガティブ視へ。

オオバ<9765> 584 -72
第3四半期累計営業赤字が拡大。

メディアドゥ<3678> 1795 -136
12日はラジオNIKKEIで注目銘柄に取り上げられ急伸。

リンクアンドモチベーション<2170> 1177 -111
株価上昇が続いた内需系の中小型株には利食い売り目立つ。

石川製作所<6208> 2286 -74
シリア情勢が落ち着き防衛関連には利食い売り。

関連銘柄 23件

2170 東証1部 リンクアンドモチベーション
1,177
4/13 15:00
-111 (-8.62%)
時価総額 133,081百万円
独自技術「モチベーションエンジニアリング」での人事・教育、採用・動員支援事業等を展開。キャリアスクール、人材紹介・派遣事業等も。利益率の高いコンサル・アウトソース事業が好調。17.12期業績は過去最高。 記:2018/03/16

2379 東証1部 ディップ
2,776
4/13 15:00
-489 (-14.98%)
時価総額 172,112百万円
バイト・派遣求人情報サイト「バイトル」や「はたらこねっと」などを展開。広告宣伝投資の積極化で認知度向上を図る。バイトルは月間契約社数や掲載情報数が増加。バイトルNEXTは拡大。18.2期3Qは業績堅調。 記:2018/02/15

3021 東証2部 パシフィックネット
1,140
4/13 15:00
+1 (0.09%)
時価総額 5,900百万円
中古パソコンのリユース・リサイクル事業、レンタル事業。WinXPサポート終了の反動減底入れ。18.5期2Qは中古モバイル機器入荷台数減で売上伸びないが、企業からの使用済み機器回収強化で利益改善・黒字化。 記:2018/02/21

3678 東証1部 メディアドゥホールディングス
1,795
4/13 15:00
-136 (-7.04%)
時価総額 20,443百万円
スマートフォンやタブレット端末向けに電子書籍を配信。海外展開も。有料音楽配信減少だが「LINEマンガ」など大型電子書店へ電子書籍取次が堅調に推移、広告代理コンサル増加。18.2期連結決算へ、3Qまで順調。 記:2018/02/27

3922 マザーズ PR TIMES
1,967
4/13 15:00
+70 (3.69%)
時価総額 12,825百万円
プレスリリース配信サイト「PR TIMES」を運営。連携先サイトへの転載サービス等も手掛ける。ベクトル傘下。アライアンス推進。国内上場企業利用率は30%。株式公開費用剥落。18.2期3Qは2桁増収増益。 記:2018/02/16

3941 東証1部 レンゴー
943
4/13 15:00
+14 (1.51%)
時価総額 255,606百万円
板紙・段ボールで国内トップシェア。国内で初めて段ボール事業を開始。トライウォールHDの子会社化で海外関連事業は業容拡大。軟包装関連事業は売上堅調。コンビニ向けの需要増が寄与。18.3期3Qは2桁増収。 記:2018/03/19

5271 東証2部 トーヨーアサノ
2,011
4/13 15:00
-62 (-2.99%)
時価総額 2,898百万円
パイルやセグメントなどのコンクリート二次製品が主力。コンクリート杭工事なども手掛ける。大株主に太平洋セメント。取引関係の強化を目的にネツレンに自己株式の一部を割り当て。18.2期3Qは二桁増収・黒字転換。 記:2018/02/03

5706 東証1部 三井金属鉱業
4,890
4/13 15:00
+150 (3.16%)
時価総額 280,182百万円
非鉄金属大手。亜鉛に強み。銅箔や排ガス浄化触媒、自動車部品などの川下製品に力注ぐ。銅精錬はJX金属との合弁で展開。需要増を睨んでスマホ向け極薄電解銅箔の生産能力を3割引き上げへ。18.3期は大幅増収増益。 記:2018/02/09

5801 東証1部 古河電気工業
5,020
4/13 15:00
+265 (5.57%)
時価総額 354,748百万円
通信用・電力用電線の大手メーカー。光ファイバ・ケーブルで世界トップクラス。足下では自動車電装品など電装エレクトロニクスが主力で電解銅箔等の機能製品にも展開。海外売上高比率46%。18.3期3Qは増収増益。 記:2018/02/21

6183 東証1部 ベルシステム24ホールディングス
1,479
4/13 15:00
+43 (2.99%)
時価総額 108,880百万円
コールセンターのアウトソーシング受託大手。伊藤忠が大株主。インバウンド需要に備えたコールセンターを池袋に増設。新領域での事業拡大のため凸版印刷株式会社と資本業務提携。18.2期3Q累計は二桁の増益。 記:2018/04/03

6184 東証1部 鎌倉新書
4,575
4/13 15:00
+305 (7.14%)
時価総額 42,163百万円
葬式・お墓・仏壇のポータルサイトを運営。供養関連専門誌の出版やヤフーと共同で終活サイトも手掛ける。利便性向上などを目指し、全社横断の開発室設置。18.1期3Qは増収増益。次回の決算発表後に新中計発表予定。 記:2018/02/04

6208 東証1部 石川製作所
2,286
4/13 15:00
-74 (-3.14%)
時価総額 14,598百万円
レンゴーが筆頭株主。段ボール製函印刷機などの紙工機械が主力。各種機械の受託生産のほか、機雷などの防衛機器も手掛ける。17年8月に自衛隊機向け電子部品に強い関東航空計器を買収。18.3期2Qは営業赤字継続。 記:2017/12/30

6489 東証1部 前澤工業
469
4/13 15:00
+22 (4.92%)
時価総額 10,049百万円
上下水道用機器・水処理装置専業メーカー。土壌・地下水汚染浄化事業、バルブ事業、新エネルギーシステム事業等を展開。業績は4Qに集中する傾向。企業間競争激化だが、環境事業は売上好調。18.5期2Qは2桁増収。 記:2018/02/21

6723 東証1部 ルネサスエレクトロニクス
1,025
4/13 15:00
+57 (5.89%)
時価総額 1,708,876百万円
NECエレクトロニクスとルネサステクノロジが統合して発足した半導体メーカー。車載用マイコンで世界首位級。パワー半導体も。昨年2月に買収した米社との統合を推進。新たなM&Aにも意欲。産業革新機構が筆頭株主。 記:2018/03/06

7513 東証1部 コジマ
434
4/13 15:00
+20 (4.83%)
時価総額 33,814百万円
郊外中心に店舗展開する中堅の家電量販店。ビックカメラ傘下。ビックカメラ流の体験提案型売場や商品を扱う「コジマ×ビックカメラ店」へ転換を推進。販売は総じて堅調で販管費も抑制。18.8期1Qは増収で損益改善。 記:2018/03/21

7516 東証1部 コーナン商事
2,694
4/13 15:00
+156 (6.15%)
時価総額 93,433百万円
ホームセンター「コーナン」を運営。プロ向け専門店舗やコンビニ型店舗等も展開。11月末店舗数338。ビーバートザンを子会社化し18.2期より連結決算移行。木材・建材、工具、金物・水道、ペット用品等が堅調。 記:2018/03/25

7599 東証1部 IDOM
835
4/13 15:00
+42 (5.3%)
時価総額 89,251百万円
中古車の買取・販売の大手で買取では業界トップ。展示販売店の積極出店で小売を強化。車検・整備等の不随事業拡大も睨む。海外販路拡大に意欲的。18.2期3Qも増収増益。販売台数の増加と増収効果で出店費用を吸収。 記:2018/03/22

7725 東証1部 インターアクション
1,318
4/13 15:00
+264 (25.05%)
時価総額 13,249百万円
撮像半導体(CCD等)製造で使用される検査用光源装置で世界最大手の精密機械メーカー。輪転印刷機向け乾燥脱臭装置・排ガス処理装置、精密除振装置等も展開。海外売上高比率33%。18.5期2Qは増収増益。 記:2018/03/22

7974 東証1部 任天堂
45,280
4/13 15:00
+550 (1.23%)
時価総額 6,414,772百万円
ゲーム機が主力。ソフトでも稼ぐ。スマホゲームにも注力。海外売上高比率が73%と高く、資産の多くをドル建てで保有。昨年3月発売の据置型ゲーム機「スイッチ」が世界規模でヒット中。18.3期3Qは大幅増収増益。 記:2018/02/08

8473 東証1部 SBIホールディングス
2,727
4/13 15:00
+111 (4.24%)
時価総額 612,381百万円
ネット証券で国内首位。引受業務などホールセールにも拡大にも力注ぐ。ネット銀やネット損保、ベンチャーキャピタルのほか、バイオ医薬品の開発も行う。仮想通貨を発行する米リップルに出資。18.3期3Qは大幅増益。 記:2018/02/07

8698 東証1部 マネックスグループ
572
4/13 15:00
+33 (6.12%)
時価総額 160,499百万円
ネット証券のマネックス証券を中核とする持ち株会社。静岡銀行が筆頭株主。香港と米国にネット証券子会社を保有。日本ではベンチャー企業への投資事業も展開。業績連動配当。世界的株高で18.3期3Qは大幅増収増益。 記:2018/04/04

9740 東証1部 セントラル警備保障
3,240
4/13 15:00
+402 (14.16%)
時価総額 48,007百万円
警備サービス国内大手。警備員を派遣する常駐警備が主力。監視カメラシステムや入退出管理システム等の販売も手掛ける。機械警備部門は堅調。画像関連サービス等が伸びる。M&A効果等も寄与し、18.2期3Qは増収。 記:2018/02/17

9765 東証1部 オオバ
584
4/13 15:00
-72 (-10.98%)
時価総額 10,864百万円
土木・都市基盤整備の総合建設コンサルタント企業。測量や地質調査、区画整理などを手掛ける。都市再生業務、環境関連業務等が重点分野。都市再生機構、財務省向けともに完成高は減少。18.5期2Qは業績苦戦。 記:2018/02/21

出典:フィスコ イメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事