SION投資研究所

12/11 「11:30""Emergency""宣言」即時実施しました。!

全体表示

[ リスト ]

お友達登録の方向け
【お知らせ】
昨日大引けで、マザーズ指数1,000Pの大台回復。これを祝して、」公開範囲の拡大実施を決定。

 欧米株暴落につき、""Emergency""発令。取引時間外の全公開を決定。未明から続いたUP障害が再度発生した場合は取りやめます。取引時間中は「お友達登録」の方専用となります。

 当ブログにおける「取引時間(立ち合い時間)」の見方について(変更)の通り、立ち合い時間を先物時間に昨日より変更しました。

 お友達登録希望の方は、お気に入り登録の上、「メッセージ機能」を利用してお知らせください。(公開範囲の拡大時に受け付けます。) 

UP障害回避のため、当面の間、当ブログは「お友達登録の方優先」不定期UPになりました。 UP状況・アクセス状況をみて、一部公開範囲の拡大を行っています。現在は、""Anniversary""時に全公開をしています。

 毎週木曜日及び金曜日は外部からの更新のため、記事の遅延及び休信があります。また、月曜日はザラ場中(取引時間中)通院のため、記事の遅延があります。


【本日の市況見通し】◎〔株式・今日の見通し〕大幅安に=米株急落、円高でリスクオフ(11日)

 11日の東京株式市場は、米国株の急落や円相場の上昇を受けて、リスクオフムードが強まりそうだ。日経平均株価は2万2500〜2万3000円を中心レンジにした、大幅安の展開が想定される。

 10日の米国株式市場で、ダウ工業株30種平均が前日比831ドル安と急落。長期金利の高止まりや世界的な貿易摩擦による企業業績の悪化懸念、新興国不安などが投資家心理を圧迫した。為替相場は11日早朝時点で1ドル=112円台前半まで円高・ドル安が進んでいる。

 外部環境の悪化を背景に東京市場も売り注文がかさみ、日経平均はシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)での225先物12月きり清算値(22800)や大阪取引所の夜間取引終値(2万2770円)にさや寄せして始まった後も、下値を模索する動きを強める可能性が高い。

 日経平均は9月中旬から10月2日までほぼ一本調子で上昇した後は、調整色の濃い展開となり、上値の重さが目立つ。短期間で約2000円値上がりし、年初来高値を更新したことで、「上昇ピッチの速さや目標達成感が残っている状況にあり、利益確定売りが出やすい」(大手証券)という。

 11日は10月きり株価指数オプション取引の売買最終日となるため、先物に持ち高調整やヘッジ目的の売りが出ることも考えられる。現物株も裁定解消売りを巻き込みながら、下落ピッチを速める場面がありそうだ。日経平均の下値めどとしては、75日や100日、200日など中長期の移動平均線が集中する、2万2500〜2万2700円が意識されそうだ。

 2月期決算企業の8月中間決算発表が本格化し、11日はローソン<2651>、7&iHD<3382>が中間決算の発表を予定しているほか、ファーストリテ<9983>は8月期本決算を公表する。安川電<6506>が10日、2019年2月期業績予想を下方修正しており、企業業績の先行きに対する楽観的な見方は後退しやすい。米株急落で投資意欲の冷え込みが予想される中では、業績を手掛かりにした買いは入りにくい環境だ。
出典:時事通信


【新興市場の注目リリース】
新興市場の注目リリース:大本組、ANAPなど
8時37分配信 フィスコ
<1793>大本組
上方修正、今期営業利益見通し22.00億円→45.00億円

<2653>イオン九州
MV九州<3171>及びイオンストア九州との経営統合
(株式移転)に向けた基本合意書を締結

<2751>テンポスHD
連結子会社であるきよっぱち総本店の株式を譲渡
関係会社株式売却益3.92億円を特別利益として計上
貸倒引当金繰入額4.35億円を特別損失として計上

<3171>MV九州
イオン九州<2653>及びイオンストア九州との経営統合
(株式移転)に向けた基本合意書を締結

<3181>買取王国
下方修正、上期営業損益見通し0.10億円→△0.32億円

<3189>ANAP
増配、前期末配当1株当たり5.00円→6.00円
自社株買い、上限25万株(発行済株式数の5.51%)

<4355>ロングライフ
連結子会社の日本ロングライフが有料老人ホーム
(静岡県静岡市)の新設に関して賃貸借契約を締結

<4579>ラクオリア創薬
第3四半期に有価証券利息0.08億円を営業外収益として計上
同期間に為替差損(営業外費用)が0.16億円減少

<5283>高見澤
連結子会社である烟台市長野建材有限公司の出資持分の全部を
天津協群裕泰商貿有限公司に譲渡

<6159>ミクロン精密
増配、前期末配当1株当たり17.00円→18.50円
(うち記念配当1.50円)

<6177>AppBank
第4回新株予約権(行使価額修正条項付)の大量行使
月初からの交付株式数11万1800株

<7465>MV北海道
イオン北海<7512>との経営統合(合併)に向けた
基本合意書を締結
出典:フイスコ


【本日の新興市場見通し】
11日の新興市場見通し:外部環境の悪化で売り優勢に
8時55分配信 フィスコ
 本日11日の新興市場は、前日の米国株の大幅安や円高進行など外部環境の悪化を背景に日経平均も下落して始まることが予想され、中小型株中心の新興市場にも売りが波及しそうだ。

 前日の米国市場は、9月の米卸売物価指数を受けて米長期金利が高止まりし、NYダウが830ドル以上下落、為替も1ドル=112円台前半へと円高が進行したため、東京市場はリスクオフの流れになりそうだ。また、前日に通期業績を下方修正した安川電<6506>も時間外取引では値を下げており、下方修正の原因となった半導体部門や中国のスマホ需要の低迷が警戒され、両部門を手掛ける中小型の企業にも先行き不透明感が増幅しそうだ。さらに、中小型株に投資する米ファンドからの手仕舞い売りも出てきそうで、下値模索の展開となりそうだ。
 
 個別では、上期の利益が2ケタの増益となったスタジオアタオ<3550>や今期2ケタの増益見通しのミクロン精密<6159>はポジティブ視されそうだ。また、通期業績予想を上方修正した大本組<1793>、自社株買い実施を発表したANAP<3189>も好感されるだろう。このほか、前日にストップ高水準まで買い進まれた極東産機<6233>や愛光電気<9909>の動向は引き続き注目されそうだ。一方、業績予想を下方修正した買取王国<3181>は嫌気されそうだ。このほか、前日にストップ安水準まで売られたエムティジェネックス<9820>の動向は引き続き警戒されそうだ。
出典:フイスコ


【新聞からの材料】
ヤフー、京セラ、住友化学/新聞からの銘柄材料一覧
8時26分配信 フィスコ
*ヤフー<4689>信用スコアに年内参入、購買データなどを分析、ID情報を点数化(fujisankei3面)−○

*キリンHD<2503>、豪州飲料事業の売却検討(fujisankei6面)−○

*トヨタ自<7203>ボディー19色の「パッソ」発売(fujisankei6面)−○

*ソニー<6758>IoT使い自宅の防犯サービス(fujisankei6面)−○

*京セラ<6971>、AIを車載部分に、映像・検知一括処理(日刊工業1面)−○

*住友化学<4005>、伊藤忠と提携拡大、鶏飼料添加物、原料調達・物流で協業(日刊工業1面)−○
出典:フイスコ



※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事