SION投資研究所

12/12 11:30 「""Emergency警戒""解除」通常公開になりました!

全体表示

[ リスト ]

2018年10月11日08時29分
お気に入り(ファン)登録の方向け(ファン)記事です。
イメージ 3
NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

 11日の日本株市場は、米国市場の急落を受けて、波乱含みの相場展開になろう。10日の米国市場ではNYダウが830ドル超の急落となった。米長期金利の上昇を嫌気し、売りが先行。ムニューシン財務長官が人民元の下落について中国政府による為替操作を調査する方針を示したことで、米中関係悪化への警戒感が広がった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比730円安の22800円とあっさり23000円を下回ったほか、円相場は1ドル112円20銭台と円高に振れて推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から幅広い銘柄が売り先行で始まるが、これにより13週、26週線レベルまで一気に下げてくることになる。そのため、売り一巡後の底堅さを見極める相場展開になりそうだが、インデックスに絡んだ売買により、イレギュラー的な価格形成をみせてくる展開には注意しておきたいところである。

 決算が本格化する中で、今後のコンセンサスを図るうえで注目されていた安川電<6506>はコンセンサスを下回ったことも、手掛けづらくさせそうである。もっとも、一昨日の東証システム障害や昨日のソフトバンクG<9984>など、兆候はみられていた感はある。中小型株についてもテリロジー<3356>のストップ安によって個人の需給状況は大きく悪化しており、外部環境に振らされ難い中小型株についても、イレギュラー的な売りに押される可能性はある。

 一方で、一気に調整一巡感も意識されてくる。決算評価など個別では堅調な値動きをみせている銘柄も少なくない。超低位株での値幅取りは割り切りスタンスであろうが、決算を手掛かりとした個別対応のほか、好業績ながらも足元の地合い悪化で大きく売り込まれた銘柄などには、自律反発狙いの押し目拾いも意識されてこよう。

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事