SION投資研究所

10/21 「15:15に""Emergency""解除、""Emergency警戒""!先物取引時間外は公開範囲拡大」 !

全体表示

[ リスト ]

お友達登録の方向け
【お知らせ】
昨日大引けで、マザーズ指数1,000Pの大台回復。これを祝して、公開範囲の拡大実施を決定。

 本日5:30、欧米株暴落につき、""Emergency""発令。取引時間外の全公開を決定。未明から続いたUP障害が再度発生した場合は取りやめます。取引時間中は「お友達登録」の方専用となります。

 当ブログにおける「取引時間(立ち合い時間)」の見方について(変更)の通り、立ち合い時間を先物時間に昨日より変更しました。

 お友達登録希望の方は、お気に入り登録の上、「メッセージ機能」を利用してお知らせください。(公開範囲の拡大時に受け付けます。) 

UP障害回避のため、当面の間、当ブログは「お友達登録の方優先」不定期UPになりました。 UP状況・アクセス状況をみて、一部公開範囲の拡大を行っています。現在は、""Anniversary""時に全公開をしています。

 毎週木曜日及び金曜日は外部からの更新のため、記事の遅延及び休信があります。また、月曜日はザラ場中(取引時間中)通院のため、記事の遅延があります。


【新着情報】気:通常は、お気に入り登録の方向け記事です。・友:通常は、お友達登録の方向け記事です。













☆彡10/11前引け情報もご参照ください。


















【指標】

大引け:22,590.86円-915.18円(-3.89%)値幅:592円
前引け:22,591.10円-914.94円(-3.89%)値幅:487円
始 値:23,043.37円
高 値:23,051.19円(09:01)
安 値:22,459.02円(14:29)

大取先物:22.580円(大取前営業日比:-950円)(-4.04%)・始値:23,520円・高値:23,580円(20:22)・安値:22,400円(12:19) 値幅:1,180円 
直近CME225比:\-30
夜間出来高:56,370枚と急増。(前営業日:33,892枚)   
116,883枚
現物引値の22,590円から、15:10に22,600円で板調整、引けは、22,580円で4,168枚、期近もの出来高は:174,437枚とほぼ倍増。(前営業日:82,326枚)
期近もの日中出来高は、118,067枚と2倍強増。(前営業日:48,434枚)前場:60,513枚・後場:57,554枚

東証1部騰落銘柄数

騰落銘柄数:値上がり: 56(2%)、値下がり:2,050(97%)、変わらず: 4(0%)
前引け  :値上がり: 42(1%)、値下がり:2,056(97%)、変わらず:11(0%)

出 来 高 : 19億5,248万株   前引け:9億3,568万株
売買代金 :  3兆7,587.28億円 前引け:1兆7,834.15億円 


TOPIX          1,701.81 -62.05(-3.52%) 前引け: 1,701.81 -62.05(-3.52%)
JPX日経インデックス400 15,080.86 -557.08(-3.56%) 前引け:15,080.86 -557.08(-3.56%)
JASDAQ平均 3,668.99 -93.02(-2.47%) 前引け: 3,668.99 -93.02(-2.47%)
マザーズ指数 945.68 -55.42(-5.54%) 前引け: 945.68 -55.42(-5.54%)
東証2部指数 7,085.88 -214.09(-2.93%) 前引け: 7,085.88 -214.09(-2.93%)


【市況】◎〔東京株式〕全面安で急反落=1カ月ぶり安値・上昇分吐き出す(11日)
【第1部】外国為替市場での円高進行や米中両国をはじめとした世界的な大幅な株安を嫌気した売りを浴び、全面安の展開。日経平均株価は前日比915円18銭安の2万2590円86銭と急反落。2万3000円を割り込み、約1カ月ぶりの安値となった。東証株価指数(TOPIX)も62.00ポイント安の1701.86と大幅に反落した。
 
 97%の銘柄が値下がりし、値上がりは3%。出来高は19億5248万株、売買代金が3兆7587億円。
 
 業種別株価指数(33業種)では、石油・石炭製品、鉱業、機械、精密機器を中心に全業種が下落した。

 個別銘柄では、JXTGが下押し、国際帝石も下落した。テルモ、HOYAが値を下げ、SMCも大幅安で、ソニー、ファナック、キーエンスは売られた。ソフトバンクG、任天堂の下げがきつく、ファーストリテ、資生堂、JTもさえない。トヨタが軟調。三菱UFJ、みずほFGは甘い。半面、ドンキホテHDが急伸し、ABCマート、ミニストップも大幅高。大和ハウスが締まった。

【第2部】大幅反落。東芝、音通が下押し、REMIX、SECカーボン、マルマエは大幅安。半面、アルデプロが上伸した。出来高1億3416万株。


 11日の東京株式市場は海外株安に引きずられ、日経平均株価が大幅に値下がりした。3日以降の下げ幅は約1700円となり、9月中旬から10月2日までの上昇分をほとんど吐き出した格好だ。

 米国では、金利の上昇傾向が資金調達コストをかさませることで、企業業績の先行きに不透明感が強まった。金利高により、投資資金が新興国から米国に流れる可能性もあるため、金融市場の混乱も警戒される状況だ。世界的なリスク回避ムードの高まりに東京市場ものみ込まれる形なり、日経平均は下値を模索する動きを強めた。

 強気派の市場関係者は、「株価下落で値頃感が強まる」(大手証券)と指摘するが、投資環境が不安定な間は買い注文も入りにくい。「しばらくは落ち着きどころを見極めるほかない」(銀行系証券)というのが、大方の市場関係者の本音といったところだ。

 225先物12月きりも売り注文が殺到し、大幅に下落した。株価指数オプション取引10月きりの売買最終日に当たり、ヘッジ売りや持ち高調整の売りがかさんだことも下げ幅の拡大につながった。 
出典:時事通信



※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事