SION投資研究所

令和元年6月19日 「○〔東京株式〕反発=米中協議進展に期待感・1カ月ぶりの高値(19日前場)」

全体表示

[ リスト ]

(8日終値:15時時点)
ドル円:1ドル=113.65円(前日NY終値比△0.13円)
ユーロ円:1ユーロ=129.94円(△0.22円)
ユーロドル:同1ユーロ=1.1434ドル(△0.0008ドル)
日経平均株価:22486.92円(前日比△401.12円)
東証株価指数(TOPIX):1681.25(△28.82)
債券先物12月物:150.69円(▲0.04円)
新発10年物国債利回り:0.120%(横ばい)
ユーロ円TIBOR3カ月物:0.05000%(横ばい)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な国内経済指標)       <発表値>     <前回発表値>
9月機械受注
前月比                ▲18.3%      6.8%
前年同月比              ▲7.0%      12.6%
9月国際収支速報
経常収支             1兆8216億円の黒字 1兆8384億円の黒字
貿易収支             3233億円の黒字   2193億円の赤字
対外対内証券売買契約等の状況
対外中長期債          1673億円の処分超 1兆778億円の処分超・改
対内株式            1076億円の取得超 3490億円の処分超・改
10月景気ウオッチャー調査
現状判断指数             49.5        48.6
先行き判断指数            50.6        51.3

※改は改定値を表す。▲はマイナス。

(各市場の動き)
・ドル円は強含み。日経平均株価が500円近く上昇したことをながめ、投資家のリスク志向改善を見越した買いが先行した。13時30分過ぎには一時113.74円まで上昇。もっとも、昨日高値の113.82円が意識されたほか、引けにかけては日経平均の上昇が一服したこともあり、やや上値が重くなった。

・ユーロ円も強含み。ドル円と同様に株高を支えにした買いが広がり、一時129.99円まで値を上げた。また、NZドル円もしっかり。前日引け前に発表されたNZ準備銀行(RBNZ)の金融政策では2020年までの金利据え置きが明らかになった。早期利上げ期待が高まらなかったことで伸び悩む場面も見られたが、その後は株高を背景に77.26円まで再び上昇した。

・ユーロドルはもみ合い。1.1430ドルを挟んだ方向感の乏しい動きに終始しており、ここまでの値幅は0.0014ドル程度にとどまっている。

・日経平均株価は大幅反発。前日の米国株式相場が大幅上昇となった流れを引き継いだ。外国為替市場で円安が進んだことも投資家心理の改善につながり、上げ幅は一時500円に迫った。もっとも、高値圏では戻り待ちの売りも出たため、後場に入るとやや上値も重くなった。

・債券先物相場は反落。日経平均株価が大幅高となり、安全資産とされる債券需要が低下した。後場に入って日経平均が伸び悩むと買い戻しも入ったが、プラス圏を回復するには至らなかった。

出典:FXi24


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事