SION投資研究所

令和元年5月23日 「◎〔東京株式〕反落=米中摩擦への警戒感強まる・ハイテク株に見切り売り(23日前場)」

全体表示

[ リスト ]

2019年05月15日08時41分
お友達登録の方向け

イメージ 4
近鉄GHD <日足> 「株探」多機能チャートより


15日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:21000円固めから21300円処を意識したスタンスに

■前場の注目材料:リクルートHD、19年3月期営業益2330億円、期初計画を上回っての着地

■近鉄GHD<9041>戦略投資800億円、夢洲アクセス・観光再構築


■21000円固めから21300円処を意識したスタンスに

15日の日本株市場は米株高の流れから自律反発が意識されるが、買い一巡後はこう着感の強い相場展開が続きそうである。14日の米国市場ではNYダウが207ドル高となった。トランプ大統領が6月下旬に開催予定の主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、米中首脳会談を予定していることが報じられたほか、同氏が米中協議の合意に自信を示し、貿易摩擦問題への懸念後退から買いが先行。ハイテク株主導で買い戻しの展開となっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比105円高の21135円。円相場は1ドル109円60銭台で推移している。

一先ず米株高が安心感につながろう。しかし、トランプ大統領のツイッター発言については昨日の段階で織り込まれており、日経平均も安値からは300円程度下げ渋る展開ではあった。グローベックスのNYダウ先物では100ドル高程度を織り込んでいたこともあり、積極的に買い上がる流れにはなりづらいところである。

とはいえ、日経平均は3月安値水準である21000円の節目を割り込み、一目均衡表では雲下限を割り込んでいる。売り一巡後の下げ渋りにより21000円は回復してきているが、本日以降、この水準が抵抗にならずに明確にリバウンドをみせてくるかが注目される。再び21000円処での底堅さがみられてくるようだと、決算発表が一巡したこともあり、業績面を手掛かりとした見直しの動きは次第に出てくることが期待されやすい。

また、6月下旬に大阪市で開かれるG20首脳会議で、トランプ大統領と中国の習近平国家主席が会談する可能性が高いとし、そこまで長引くことが警戒されそうである。一方で、警戒感が根強い流れとしても、トランプ大統領のツイッター発言などには次第に冷静な見方も出てくることが考えられ、日中の荒い値動きについては落ち着きをみせてくることが期待される。

テクニカル面では5日線に上値を抑えられており、同線が位置する21300円近辺が目先の抵抗。一目均衡表の雲上限が21350円処に位置しており、21000円固めから21300円処を意識したスタンスになろう。また、指数インパクトの大きいところではソフトバンクG<9984>が1万円の大台を割り込んでおり、シグナルが悪化傾向にある。1万円固めをみせてくるようだと、日経平均の底堅さも意識されやすいだろう。


■リクルートHD、19年3月期営業益2330億円、期初計画を上回っての着地

リクルートHD<6098>が発表した2019年3月期業績は、売上高が前期比6.3%増の2兆3107.56億円、営業利益が同16.3%増の2230.90億円だった。期初計画の2100億円を上回っての着地。求人検索サイトの米インディードや米グラスドアを含む「HRテクノロジー事業」、飲食などの販促や人材紹介の「メディア&ソリューション事業」が好調。


■前場の注目材料
・NYダウは上昇(25532.05、+207.06)
・ナスダック総合指数は上昇(7734.49、+87.47)
・シカゴ日経225先物は上昇(21135、大阪比+105)
・SOX指数は上昇(1442.83、+33.88)
・VIX指数は低下(18.06、-2.49)
・米原油先物は上昇(61.78、+0.74)
・日銀のETF購入
・追加金融緩和への期待
・消費増税の延期観測
・株安局面での自社株買い

・日産自<7201>中計下方修正、米国事業など立て直し、「3年で元に戻す」
・近鉄GHD<9041>戦略投資800億円、夢洲アクセス・観光再構築
・トーエネク<1946>太陽光パネル、ドローン検査、カメラで欠陥特定、測定効率化・コスト減
・IHI<7013>CO2からメタン製造、排出減らし工場燃料などに、シンガポールに設置
・カシオ<6952>21年度売上高目標3600億円、アシックス<7936>と健康分野提携


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 4月マネーストックM3(前年比予想:+2.1%、3月:+2.1%)

<海外>
・11:00 中・4月鉱工業生産(前年比予想:+6.5%、3月:+8.5%)
・11:00 中・4月小売売上高(前年比予想:+8.6%、3月:+8.7%)

関連銘柄 8件

1946 東証1部 トーエネック
3,025
5/15 0:00
±0 (0%)
時価総額 58,473百万円
電気設備工事大手。中部電力グループ。中部電力向け売上高比率が高い。配電線工事や屋内線工事が主力。エネルギー最適化システム等も手掛ける。一般得意先向け工事は増加。子会社は業績順調。19.3期3Qは2桁増益。 記:2019/02/15

6098 東証1部 リクルートホールディングス
3,222
5/15 0:00
±0 (0%)
時価総額 5,464,383百万円
販促メディア事業、人材メディア事業、人材派遣事業などを展開。海外人材募集領域で集客投資を強化。Indeedは成長続く。メディア&ソリューション事業は堅調。住宅分野等が伸びる。19.3期3Qは2桁増益。 記:2019/03/22

6952 東証1部 カシオ計算機
1,282
5/15 0:00
±0 (0%)
時価総額 332,065百万円
電卓、電子辞書、電子楽器、時計などを展開。「G−SHOCK」など有力ブランド多数。新規分野としてリスト端末を開拓。電子辞書は14年連続で販売台数トップ。19.3期3Q営業利益はコンセンサスを小幅下ブレ。 記:2019/03/11

7013 東証1部 IHI
2,314
5/15 0:00
±0 (0%)
時価総額 357,930百万円
陸上・航空宇宙・船舶海洋関連の総合重機製造。ターボチャージャーや航空エンジン、機械プレス、大型ボイラー、原子炉格納容器、LNG貯蔵タンク等を展開。3Q営業利益は市場予想未達も、通期営業利益計画を上方修正。 記:2019/02/19

7201 東証1部 日産自動車
840.2
5/15 0:00
±0 (0%)
時価総額 3,546,245百万円
国内大手自動車メーカー。仏ルノー傘下。三菱自へ資本参加。世界160以上の国・地域で商品、サービス提供。海外売上比率が高い。北米等は販売減少だが、日本は販売増。販売金融事業は堅調。19.3期3Qは小幅増収。 記:2019/03/27

7936 東証1部 アシックス
1,288
5/15 0:00
±0 (0%)
時価総額 244,554百万円
スポーツ用品メーカー大手。ランニング、スニーカーなどシューズ中心。Eコマースとデジタル分野を強化。日本地域は低調。スポーツウェアでは収益性の低い商品群を縮小。販管費の増加等もあり、18.12期は業績苦戦。 記:2019/02/25

9041 東証1部 近鉄グループホールディングス
5,000
5/15 0:00
±0 (0%)
時価総額 953,310百万円
近畿日本鉄道グループの大手私鉄。バス・タクシー、物流、海運、百貨店、不動産、ホテル等も展開。傘下に近鉄百貨店や福山通運。「あべのハルカス」を運営。19.3期3Q累計の利益は会社計画を上回って推移。 記:2019/03/29

9984 東証1部 ソフトバンクグループ
9,995
5/15 0:00
±0 (0%)
時価総額 11,001,097百万円
日米の携帯大手(ソフトバンク、スプリント)を中核とする持株会社。傘下には検索サイトのヤフー、10兆円ファンドのSVF、英半導体のアームHDなど。昨年12月のソフトバンク上場で得た資金を使って投資を加速へ。 記:2019/02/16


出典:株探無料HPで、各種指標・TOPニュース・人気テーマ・人気ニュースなどが見れて便利です。イメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事