SION投資研究所

9月2日 「昨日メルマガ9月号配信しました。未着の方はメールで事務局までご連絡ください」

全体表示

[ リスト ]

(11日終値:15時時点)
ドル円:1ドル=108.61円(前日NY終値比△0.16円)
ユーロ円:1ユーロ=122.93円(△0.26円)
ユーロドル:1ユーロ=1.1319ドル(△0.0007ドル)
日経平均株価:21204.28円(前日比△69.86円)
東証株価指数(TOPIX):1561.32(△8.38)
債券先物6月物:153.44円(▲0.12円)
新発10年物国債利回り:▲0.115%(△0.010%)
ユーロ円TIBOR3カ月物:0.02900%(横ばい)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な国内経済指標)         <発表値>     <前回発表値>
1−3期実質国内総生産(GDP)改定値
前期比                0.6%       0.5%
前期比年率               2.2%      2.1%
4月国際収支速報
経常収支(季節調整前)      1兆7074億円の黒字  2兆8479億円の黒字
経常収支(季節調整済)      1兆6001億円の黒字 1兆2710億円の黒字
貿易収支              982億円の赤字  7001億円の黒字
5月景気ウオッチャー調査
現状判断指数              44.1       45.3
先行き判断指数             45.6       48.4

※改は改定値を表す。▲はマイナス。

(各市場の動き)
・ドル円は下値が堅い。日経平均株価が小安く始まったことで108.35円まで下げたものの、昨日安値の108.32円が目先のサポートとして意識されると買い戻しが優勢に。その後に日経平均がプラス圏に浮上したほか、仲値にかけての買いも観測され、一時108.64円まで値を上げた。

・ユーロドルはもみ合い。1.1310ドル台での方向感を欠いた動きが続き、ここまでの値幅は0.0015ドル程度と狭かった。

・ユーロ円は下値が堅い。朝方に122.63円まで下げた後はドル円と同様に買い戻しが広がり、一時122.96円まで反発した。

・日経平均株価は3日続伸。前日に21000円台を回復したことで利益確定売りが先行したものの、次第に買い戻しが優勢に。時間外の米株価指数先物が上昇すると、海外勢から株価指数先物に買いが入った。上海総合指数などアジア株高が進んだことも投資家心理の改善につながった。

・債券先物相場は続伸。米・メキシコ間の貿易摩擦に対する警戒感が後退したことで昨日の米国債券相場が大きく下落したため、日本国債もつれ安となった。また、日経平均株価が底堅く推移したことも相場の重しとなった。

出典:FXi24


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事