SION投資研究所

令和元年6月19日 「◎〔株式・今日の見通し〕買い先行=米中首脳会談に期待感(19日)」

全体表示

[ リスト ]

2019/6/12 12:39 FISCO
(ファン・お気に入り登録の方)向け
イメージ 3
日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより


12日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は小幅に4日続伸、底堅さは売りにも買いにも傾きづらい状況ゆえ?

・ドル・円はもみ合い、米CPIにらみ様子見

・値上がり寄与トップは、ファーストリテ<9983>、同2位はNTTデータ<9613>


■日経平均は小幅に4日続伸、底堅さは売りにも買いにも傾きづらい状況ゆえ?

日経平均は小幅に4日続伸。19.08円高の21223.36円(出来高概算5億1000万株)で前場の取引を終えている。

11日の米株式市場でNYダウは小幅ながら7日ぶりに反落し、14ドル安となった。中国がインフラ投資を目的とした地方政府による債券発行を促す投資奨励策を発表し、アジア・欧州株高につれて買いが先行。しかし、ここまでの株高から利益確定の売りが出て伸び悩んだ。トランプ大統領が6月下旬に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議の際に米中首脳会談がなければ中国からの輸入品に追加関税を課すと発言しており、米中対立への懸念も相場の重しとなった。本日の東京市場もこうした流れを引き継ぎ、利益確定売りが先行して日経平均は73円安からスタート。朝方発表された4月機械受注の改善を受けプラスに転じ、21259.70円(55.42円高)まで上昇する場面もあったが、買いは続かなかった。東証1部の値上がり銘柄は全体の4割強、対して値下がり銘柄は5割強となっている。

個別では、ファーストリテ<9983>が2%超高となり、1銘柄で日経平均を約53円押し上げた。その他売買代金上位ではトヨタ自<7203>、ZOZO<3092>、村田製<6981>などがしっかり。機械受注の改善でファナック<6954>なども買われた。一部証券会社のレーティング引き上げが観測されたNTTデータ<9613>は4%高。また、決算発表のシーイーシー<9692>や丹青社<9743>が急伸し、東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、売買代金トップの任天堂<7974>は3%近い下落。ゲーム見本市「E3」が開幕したが、目立った材料に乏しいとの見方から同社を含めゲーム関連株が売られている。ソフトバンクG<9984>は2%安。米主要州が同社傘下のスプリントと同業TモバイルUSの合併阻止へ裁判所に提訴したと伝わっている。前日買われた東エレク<8035>は反落し2%超安。ソニー<6758>は小安い。セクターでは、パルプ・紙、精密機器、小売業などが上昇率上位。反面、その他製品、証券、銀行業などが下落率上位だった。

週末に先物・オプション特別清算指数(SQ)算出を控えた水曜日とあって荒い値動きを警戒する向きもあったが、ここまでの日経平均の推移を見ると朝安後に急ピッチで下げ幅を縮めた以外、特段大きな動きは見られない。4月機械受注の改善が好感される場面もあったが、5月から本格化した米中摩擦の激化を織り込んでおらず、先行きを見極めたいところだろう。前述のとおり、トランプ氏はG20首脳会議の際に米中首脳会談がなければ中国からの輸入品に追加関税を課すと発言しているが、これまでのところ両国から会談実施について言及はなく、先行き不透明感が強い。日経平均は連日の陽線で底堅さを見せているが、売りにも買いにも傾きづらい状況がこの底堅さにつながっているとみられる。

しかし、11日に示された経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の素案で10月の消費税が明記され、増税実施の公算が大きくなったことを海外メディアも報じ始めている。やはり経済への打撃を危ぶむ声が多く、長期スタンスの海外投資家が日本株の買いを一段と手控える可能性がある。日経平均の今後の戻り余地は慎重に見極める必要があるだろう。


■ドル・円はもみ合い、米CPIにらみ様子見

12日午前の東京市場でドル・円はもみ合い。今晩発表の米消費者物価指数(CPI)を控え様子見ムードが広がり、狭いレンジ内での取引となった。。

ドル・円は、日経平均株価が上昇に転じた場面で108円40銭台から108円50銭台にやや浮揚。ただ、午前中に発表された中国のインフレ指標は予想と一致したが、上海総合指数など中国株は弱含み円売りを弱めた。

ランチタイムの日経平均先物はマイナス圏となり、日経平均は再び軟化するとの見方から小幅円買いに振れそうだ。また、今晩の米CPI次第で利下げ観測が強まる可能性から内容を見極めようと、積極的な売り買いは手控えられよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円45銭から108円57銭、ユーロ・円は122円86銭から123円06銭、ユーロ・ドルは1.1326ドルから1.1334ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・オートウェーブ<2666>やエスエルディー<3223>など、8銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップは、ファーストリテ<9983>、同2位はNTTデータ<9613>


■経済指標・要人発言

【経済指標】

・日・5月企業物価指数:前年比+0.7%(予想:+0.7%、4月:+1.3%←+1.2%)

・日・4月機械受注(船舶・電力を除く民需):前月比+5.2%(予想:-0.8%、3月:+3.8%)

・中・5月消費者物価指数:前年比+2.7%(予想:+2.7%、4月:+2.5%)

・中・5月生産者物価指数:前年比+0.6%(予想:+0.6%、4月:+0.9%)


<国内>
・安倍首相がイラン訪問(14日まで)

<海外>
特になし

関連銘柄 14件

2666 JQスタンダード オートウェーブ
185
6/12 11:30
+40 (27.59%)
時価総額 2,673百万円
カー用品店「オートウェーブ」をチェーン展開。千葉県地盤。カートータルメンテナンスサービスも手掛ける。車検部門は売上堅調。早期予約の促進等が奏功。軽自動車中心に新車販売台数は順調増。19.3期は増収。 記:2019/05/22

3092 東証1部 ZOZO
1,900
6/12 11:30
+9 (0.48%)
時価総額 592,124百万円
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の企画・運営に加え、PBブランドの企画・開発、物流倉庫「ZOZOBASE」を運用。19.3期3Q累計は二桁の増収も、広告宣伝費や荷造運搬費等の販管費が増加した。 記:2019/03/12

3223 JQスタンダード エスエルディー
950
6/12 11:28
+109 (12.96%)
時価総額 1,416百万円
カフェダイニングの「kawara CAFE&DINING」等運営と、音楽等のイベント、飲食店のプロデュースも展開。DDホールディングス傘下。19.2期は11カ月決算。集客の施策が奏功し、既存店の回復続く。 記:2019/04/18

6758 東証1部 ソニー
5,372
6/12 11:30
-15 (-0.28%)
時価総額 6,829,187百万円
世界的な電機メーカー。モバイル機器やゲーム機器、デジタルカメラ、業務用放送機器、家電、半導体分野等で事業展開。金融サービス等も。音楽分野は収益好調。ストリーミング配信売上は増加。19.3期は2桁増益。 記:2019/05/03

6954 東証1部 ファナック
19,590
6/12 11:30
+210 (1.08%)
時価総額 3,997,163百万円
工作機械向けNC(数値制御)装置で世界トップ。産業用ロボや小型切削加工機にも強い。配当性向60%目安。19.3期は米中貿易摩擦が響き需要が減退。取得期間を4〜7月、上限を500億円とする自社株買いを発表。 記:2019/05/09

6981 東証1部 村田製作所
4,671
6/12 11:30
+27 (0.58%)
時価総額 3,156,727百万円
大手電子部品メーカー。積層セラミックコンデンサ、Wi-Fiモジュールで世界トップシェア。主要顧客はアップルなど。その他コンポーネントは好調。カーエレ向けMEMSセンサ等が伸びる。19.3期3Qは大幅増益。 記:2019/03/27

7203 東証1部 トヨタ自動車
6,847
6/12 11:30
+68 (1%)
時価総額 22,341,740百万円
自動車世界大手。傘下に日野自動車、ダイハツ工業など。マツダと業務資本提携。車載用角形電池事業でパナソニックと協業検討。自動車販売台数は小幅増。国内販売は減少だが、海外販売が堅調。19.3期3Qは営業増益。 記:2019/04/25

7974 東証1部 任天堂
38,250
6/12 11:30
-1,120 (-2.84%)
時価総額 5,036,339百万円
ゲーム機が主力。ソフトでも稼ぐ。海外売上比率高く、資産の多くをドル建で保有。今夏にも家庭用ゲーム機「スイッチ」の上位版・廉価版を発売か。発売時期未定だが中国がスイッチの販売認可。19.3期は二桁増収増益。 記:2019/05/09

8035 東証1部 東京エレクトロン
15,620
6/12 11:30
-355 (-2.22%)
時価総額 2,580,596百万円
半導体製造装置大手。FPD製造装置等も手掛ける。世界トップシェア製品多数。海外売上比率が高い。配当性向は50%目処。FPD製造装置は売上伸長。中国における設備投資が追い風。19.3期3Qは2桁増収増益。 記:2019/03/29

9613 東証1部 エヌ・ティ・ティ・データ
1,366
6/12 11:30
+53 (4.04%)
時価総額 1,915,815百万円
公共、金融分野等のシステム、社会インフラサービス等を展開。米Dell Services部門買収。公共・社会基盤部門は堅調。テレコム業界向けサービスは規模拡大。EMEA・中南米は好調。19.3期は2桁増益。 記:2019/06/06

9692 東証1部 シーイーシー
2,276
6/12 11:30
+202 (9.74%)
時価総額 85,578百万円
独立系システムインテグレーター。ICカード認証印刷サービスで国内シェアトップ。セキュリティーサービスに注力。19.1期は2桁増益。製品開発支援サービスは伸長。マイクロソフトとの協業ビジネス等も伸びる。 記:2019/06/06

9743 東証1部 丹青社
1,234
6/12 11:30
+91 (7.96%)
時価総額 59,755百万円
ディスプレイ業界大手。企画からデザイン・設計、施工、運営まで展開。商業施設向け等が中心。サンシャインシティ噴水広場等で実績。チェーンストア事業等は堅調。19.1期売上高は過去最高。受注残高は高水準。 記:2019/06/07

9983 東証1部 ファーストリテイリング
64,750
6/12 11:30
+1,440 (2.27%)
時価総額 6,868,292百万円
衣料量販店「ユニクロ」を世界展開する製造小売り。若者トレンド衣料「ジーユー」にも力注ぐ。アジア軸に店舗網を積極果敢に拡大。19.8期2Qは1Qの遅れを挽回して増益確保。通期では増収増益・連続増配を見込む。 記:2019/06/09

9984 東証1部 ソフトバンクグループ
9,999
6/12 11:30
-206 (-2.02%)
時価総額 11,005,499百万円
ソフトバンク、米スプリントを中核とする持株会社。投資ファンドのSVF、英半導体のアームHD等も傘下に収める。SVFは複数投資先の公正価値が上昇。19.3期は増収増益。ソフトバンク事業は顧客基盤拡大。 記:2019/06/07

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事