SION投資研究所

令和元年7月22日 「◎〔株式・今日の見通し〕弱含みスタート=米株に連れ安(22日)」

全体表示

[ リスト ]

ドラクエ新作で位置情報技術に注目 
2019/6/10 18:45 FISCO
当記事は、「お気に入り登録(ファン登録)の方向け」です。

イメージ 3

 ・スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)は3日、スマートフォン向けアプリ「ドラゴンクエスト」の新作発表会を開催した。新作のタイトルは「ドラゴンクエストウォーク」で、・コロプラ(3668)と共同開発し、スマホの位置情報を利用した「位置情報ゲーム」(通称、位置ゲー)だ。

 街中を移動してキャラクターを獲得するスマホゲームでは・任天堂(7974)の「ポケモンGO」、・ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)の「妖怪ウォッチワールド」が先行しているが、定番・人気キャラクターが多い「ドラゴンクエスト」シリーズの参入で一段と盛り上がりそうだ。地方創生や観光客招致といった分野にも取り組んでいく方針だけに、ゲームの枠を超えた効果も期待される。

 「ドラゴンクエストウォーク」は年内にも配信開始の予定だが、11日からはベータ版体験会が関東圏で実施される計画。同じく11日から米ロサンゼルスで世界最大規模のゲーム見本市「E3」が開催されることもあり、位置情報技術への関心が高まりそうだ。

関連銘柄 15件

コロプラ(3668)東証1部
モバイル向け位置ゲームに強み、スクエニと組んでゲーム開発
スマホ向けゲームの制作会社。「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」「RPG白猫プロジェクト」等のヒット作を多数持つ。19.9期1Qは既存ゲームの広告宣伝とイベントを実施も、売上高は足踏みとなった。 記:2019/04/23

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)東証1部
妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチワールド」を2018年発売
オンラインゲームが主力で家庭用ゲームも展開。収益源のゲームアプリ「パズドラ」依存大。「パズドラ」は1月に国内累計5100万、「妖怪ウォッチワールド」は200万ダウンロード突破。18.12期実績は足踏み。 記:2019/03/10

ドリコム(3793)マザーズ
位置情報を活用した3Dマップデータをゲームに応用
「ダビスタ」や「みんゴル」等のスマホ向けソーシャルゲームの企画、運営。新ブラウザゲームプラットフォーム「enza」も展開。19.3期の既存ゲームは不採算タイトルへの対応とコスト削減に注力。2Qから黒字化。 記:2019/05/28

モバイルファクトリー(3912)東証1部
位置情報連動型ゲーム「レキシトコネクト」、「ステーションメモリーズ!」展開
スマホ向けゲームやコンテンツの開発、配信、運営。主力は位置情報連動型ゲーム「ステーションメモリーズ!」や着メロ等のコンテンツ。ブロックチェーン関連の子会社を設立。18.12期は二桁の増収、増益着地。 記:2019/03/14

アイリッジ(3917)マザーズ
位置情報とスマホを活用した店舗の集客・販促サービスを展開
位置情報とスマホを活用して店舗の集客や販促につなげるO2O支援が主力。電子地域通貨や不動産テックにも力注ぐ。中計では21.3期に営業益4〜5億円目指す。8ヶ月変則決算の19.3期は主力のO2O支援が好調。 記:2019/03/20

エディア(3935)マザーズ
位置情報ゲーム「マップラス+カノジョ」配信の実績
スマートフォン等向けコンテンツサービスの企画・開発・運営。自社ゲーム、生活関連サイトに加え、音楽レーベルやキャラクター版権ビジネスも展開。19.2期は新規タイトルの開発遅延により開発費や広告費が増加。 記:2019/04/27

ジャストプランニング(4287)JQスタンダード
ハウステンボス内のレンタルスマホに位置情報IoTセンサーを搭載
飲食業界向け店舗管理システムを開発・販売するASP事業者。モバイルを活用したPOSレジシステムの導入店舗開拓に力注ぐ。スマホ注文・決済アプリは多言語対応や提携戦略を推進し、訪日客誘致ツールとして売り込む。 記:2019/03/25

ビーマップ(4316)JQグロース
位置情報、画像配信技術を活用した交通機関向け事業を展開
鉄道など交通機関の乗り継ぎ技術提供や鉄道事業者予約サイトへのシステム提供、運用保守を展開。JR東日本が主要取引先。監視カメラや復元古地図にも注力。19.3期は各利益急伸。20.3期も大幅営業増益を計画。 記:2019/05/16

アイサンテクノロジー(4667)JQスタンダード
3次元位置情報移動計測装置に強い、自動運転関連
土木測量用ソフト、測量計測機器が主力のIT企業。自動運転向け測量や地図データベースで成長。全国初の複数台遠隔型自動運転システム活用の実証実験を開始。19.3期は営業増益。20.3期は各利益大幅増益見通し。 記:2019/05/16

フジ・メディア・ホールディングス(4676)東証1部
「ポケモンGO」開発会社ナイアンティック社に出資
フジサンケイグループの中核。フジテレビが中心のメディア・コンテンツとサンケイビルが中心の都市開発・観光が柱。中計では21.3期に営業益325億円を目指す。配当性向40%目安。19.3期は映画ヒットが貢献。 記:2019/04/18

自律制御システム研究所(6232)マザーズ
商用ドローンの研究開発に特化、位置情報も活用
物流や空撮、測量・点検等向けの産業用ドローンを自社開発。ドローンを活用した無人化・IoTシステムの開発やソリューションサービスを提供。19.3期3Q累計は機体販売台数が堅調に推移。損失は縮小した。 記:2019/03/20

日本電気(6701)東証1部
リアルタイム位置情報システムや位置情報クラウドサービスを展開
ITサービス国内3位、通信インフラ設備で国内首位。宇宙・防衛や顔認証技術も定評。オマーン国営バスシステムやインドのスマートシティプロジェクト等受注豊富。構造改革費用を積み増し、20.3期は大幅増益を計画。 記:2019/05/20

京セラ(6971)東証1部
衛星を利用した人・モノの位置追尾技術を実用化
素材から電子部品、電子機器まで多岐にわたる事業をグローバルに展開。小型セラミックコンデンサ等で世界トップシェア。19.3期は増収増益。電子デバイス部門は堅調。スマホ向けセラミックコンデンサが売上増加。 記:2019/05/31

任天堂(7974)東証1部
米ナイアンティックと「ポケモンGO」開発で協調
ゲーム機が主力。ソフトでも稼ぐ。海外売上比率高く、資産の多くをドル建で保有。今夏にも家庭用ゲーム機「スイッチ」の上位版・廉価版を発売か。発売時期未定だが中国がスイッチの販売認可。19.3期は二桁増収増益。 記:2019/05/09

スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)東証1部
スマホ位置情報を利用したゲームアプリ「ドラゴンクエストウォーク」発表
大ヒット作「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」を持つゲームソフト会社。アミューズメント施設の運営や版権ビジネスも展開。19.3期3Q累計は家庭用ゲーム機向けタイトルやコンテンツが足踏み。 記:2019/04/01

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事