SION投資研究所

8月18日 「臨時メルマガ送信。」・ 「8/31まで全力更新、以降資料は同名のアメブロに移行後閉鎖」。

全体表示

[ リスト ]

4月機械受注、基調判断を8カ月ぶり上方修正
2019/6/12 10:49 FISCO
当記事は「お気に入り登録」の方向けです。
内閣府が本日、4月機械受注統計を発表した。これによると、企業の設備投資の先行指標となる民間需要の受注額は、前月比5.2%増の9137億円となり、3カ月連続のプラスであった。基調判断は「足踏みが見られる」から「持ち直しの動きが見られる」とし、8カ月ぶりの上方修正となった。また、「非製造業、製造業ともに省力化投資の動きが根強い」との内閣府側のコメントも報じられている。

関連銘柄 5件

シャープ(6753)東証1部
ロボット
大手総合家電メーカー。液晶パネルや白物家電、スマートフォン等を手掛ける。台湾・鴻海精密工業傘下。スマートビジネスソリューション部門は堅調。複合機等の販売が増加。特別利益増加。19.3期3Qは2桁最終増益。 記:2019/04/23

キーエンス(6861)東証1部
FA用センサ
産業用計測制御機器大手。FAセンサなどで高シェア。直販体制が強み。生産を外部に託し、自らは設計・開発、販売に専念することで高採算を実現。持分会社にジャストシステム。19.3期は4Qに減速も増収増益を確保。 記:2019/05/09

川田テクノロジーズ(3443)東証1部
産業用双腕ロボット
橋梁建設大手。鋼製橋梁の梁の設計、製作、建設や建築鉄骨の制作を主力に、一般建築やシステム建築、土木関連ソフトウェアやロボットの開発等を展開。19.3期は二桁の増収、増益と伸長。受注高が過去最高となった。 記:2019/05/26

ファナック(6954)東証1部
NC装置
工作機械向けNC(数値制御)装置で世界トップ。産業用ロボや小型切削加工機にも強い。配当性向60%目安。19.3期は米中貿易摩擦が響き需要が減退。取得期間を4〜7月、上限を500億円とする自社株買いを発表。 記:2019/05/09

ダイフク(6383)東証1部
物流機器大手
保管・搬送システムの世界大手。生産ライン用搬送システムや自動倉庫に強み。ファーストリテイリングと提携し、ユニクロの倉庫自動化に協力。米国の物流機器新工場は今年末に稼働へ。19.3期は二桁増収増益を見込む。 記:2019/03/27

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事