SION投資研究所

9月2日 「昨日メルマガ9月号配信しました。未着の方はメールで事務局までご連絡ください」

全体表示

[ リスト ]

入力音でパスワード推測、ハッカーに新たな武器か
2019/6/7 6:49 FISCO
当記事は「お気に入り登録」の方向けです。
スマートフォン技術の精巧化のおかげでハッカーは近い将来、ユーザーがスマホに入力する際に生じる音を傍受・分析して、入力内容を正確に把握できるようになるかもしれないと米紙WSJが報じている。最近発表された複数の論文によると、スマホへの入力時に発生する音響信号(音波)からハッカーがメールの内容やパスワード、暗証番号などの個人情報を収集する恐れがあると伝えている。

関連銘柄 5件

デジタルアーツ(2326)東証1部
Webフィルタリング
情報漏洩対策ソリューションを提供。Webフィルタリングソフトで国内トップシェア。「i-FILTER」など高度セキュリティ対策主力製品が堅調。19.3期は公共・家庭向け順調。コスト増吸収し2桁増収増益落着。 記:2019/05/09

FFRI(3692)マザーズ
サイバーセキュリティ対策製品の販売
標的型攻撃や未知マルウェア等の外部脅威からシステムを守るサイバーセキュリティソフトの開発、販売するサイバーセキュリティ専門会社。19.3期3Q累計は法人向け製品が増加の一方、個人向け製品が足踏み。 記:2019/04/24

ラック(3857)JQスタンダード
セキュリティソリューションサービス
情報セキュリティサービスが主力。開発サービスなどシステムインテグレーションサービス事業も手掛ける。セキュリティ運用監視サービスは売上伸長。大手製造業向け運用監視サービス等が堅調。19.3期3Qは2桁増益。 記:2019/04/18

アズジェント(4288)JQスタンダード
セキュリティ・ソリューション・ベンダー
セキュリティ関連のソリューションや運用・監視・診断等のサービスの提供、セキュリティソフトウェアの輸入、販売を手掛ける。19.3期3Q累計はセキュリティ機器の更新が足踏み。新製品の立ち上がりの遅れも影響。 記:2019/03/14

大興電子通信(8023)東証2部
セキュリティソフト「AppGuard」
情報サービス関連商社。中堅民需ビジネス及び富士通との連携ビジネスをコアビジネスに位置付け。作業効率化支援ツールなど新ビジネス展開。保守サービスは売上好調。売上原価の減少等もあり、19.3期3Qは黒字転換。 記:2019/04/26

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事