SION投資研究所

令和元年7月19日 「 ○〔東京株式〕反発=急落後の買い戻し・じり高で半値戻し(19日前場)」

全体表示

[ リスト ]

2019/7/11 12:45 FISCO
(ファン・お気に入り登録の方)向け
イメージ 3
日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより


11日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は反発で底堅さ意識も、ファーストリテや安川電決算控え様子見

・ドル・円は弱含み、米利下げ観測と地政学リスクで108円割れ

・値上がり寄与トップは、ソフトバンクグループ<9984>、同2位はリクルートHD<6098>


■日経平均は反発で底堅さ意識も、ファーストリテや安川電決算控え様子見

日経平均は反発。75.60円高の21609.08円(出来高概算5億6294万株)で前場の取引を終えた。前日の米国株式市場では、決算発表シーズンを控えて上値は限られたものの、パウエルFRB議長が議会証言で米経済は「逆流」の中にあると発言し、今月のFOMCでの利下げが意識されたことから終日堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の21530円となり、本日の日経平均はその水準をやや上回る水準での寄付きとなった。為替の円高推移を背景に朝方こそ小幅に前日比マイナスに転換した場面もみられた。しかし、前場中ごろから開始された中国・上海総合指数をはじめとしたアジア株式市場が総じて強含むなか、海外短期筋の225先物に対する買いも観測され、日経平均は前引けにかけてじりじりと上げ幅を拡大した。

セクターでは、その他製品が4%高になったほか、鉱業、水産・農林業、石油・石炭製品、倉庫・運輸関連業が上昇した一方で、輸送用機器や保険業は軟調。売買代金上位銘柄では、千代田化工建設の2部指定替えに伴う日経平均除外で新規採用銘柄となったバンナムHD<7832>がストップ高買い気配、携帯専用機「Nintendo Switch Lite」の発売決定を前日に発表した任天堂<7974>が3%高で年初来高値を更新したほか、ソフトバンクG<9984>、東京エレクトロン<8035>、NTT<9432>、武田薬<4502>、村田製作所<6981>、KDDI<9433>、SUMCO<3436>、ユニファミマ<8028>が上昇。一方で、不適切販売による影響懸念が強まるかんぽ生命保険<7181>が6%安となり連日で上場来安値を割り込み、日経平均新規採用見送りで失望売りの強まったDMG森精機<6141>が9%安になったほか、ZOZO<3092>、トヨタ自動車<7203>、良品計画<7453>などは軟調であった。

日経平均は7月に入り、節目の21500円処をサポートラインとして意識した動きが継続している。依然として東京市場は売買代金2兆円割れの薄商いであるものの、8日と10日に警戒されていた上場投資信託(ETF)の配当金捻出の為の売り需要を無難にこなしている点を考慮すると、ひとまず底堅さは確認した格好であろう。一方で、再び節目の1ドル=108円割れもみせ、円高方向に振れている為替市場の動向は気がかりであり、現状は概ね5月7日から8日にかけて開けたマド(21514-21875円)を埋める展開には至っていない。

昨晩のパウエルFRB議長の証言内容を受けて一部の市場参加者は、「今月の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で0.50ポイントの利下げについて議論される可能性がある」と指摘しており、早期利下げ観測が再燃しているようだ。先週にみせた1ドル=107円台半ばまでの円高調整を意識する向きも多いと見られるほか、本日は大引け後にファーストリテ<9983>や安川電<6506>の決算に関心が集まっている。これらを踏まえると、様子見姿勢から一段と売買を手控えるムードが強まる可能性がある。後場にかけての物色としても、材料株や東証1部の中小型株といった前場で既に動意をみせている銘柄への資金集中に留まろう。


■ドル・円は弱含み、米利下げ観測と地政学リスクで108円割れ

11日午前の東京市場でドル・円は弱含み。今月末の米利下げと中東情勢を懸念した地政学リスクでドル売り・円買いが進み、108円を割り込んだ。

ドル・円は108円40銭付近で寄り付いた後、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派寄りの見解を受け、米10年債利回りの低下を手がかりにドル売り方向に振れた。また、中東情勢の不安定化で円買いも強まった。

そのためドルは一時107円90銭付近まで軟化。ランチタイムの日経平均先物はプラス圏を維持し目先も日本株高期待は続くものの、米10年債利回りの先安観でユーロ・ドルは上昇。ドルは午後の取引で一段安の可能性もあろう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円91銭から108円46銭、ユーロ・円は121円65銭から122円11銭、ユーロ・ドルは1.1250ドルから1.1273ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・モブキャストホールディングス<3664>やフェニックスバイオ<6190>など、3銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップは、ソフトバンクグループ<9984>、同2位はリクルートHD<6098>


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・パウエルFRB議長の下院金融サービス委員会での証言テキスト
「6月のFOMC以降の不透明性が引き続き見通しを抑制」
「貿易、世界成長見通しに不透明性」
「6月FOMCで多くのメンバーがいくらかの緩和政策の論拠が強まったと主張」
「準備通貨としてのドルの地位は揺るがないだろう」
「株式購入などは考慮していない」

・トランプ米大統領
「イランに関する制裁は、間もなく大幅に拡大」

【経済指標】

米・5月卸売在庫改定値:前月比+0.4%
(予想:+0.4%、速報値:+0.4%)

米・5月卸売売上高:前月比+0.1%
(予想:+0.3%、速報値:−0.4%)


<国内>
・13:30 5月第3次産業活動指数(前月比予想:-0.1%、4月:+0.8%)

<海外>
・15:00 独・6月消費者物価指数改定値(前年比予想:+1.6%、速報値:+1.6%)

関連銘柄 20件

3092 東証1部 ZOZO
1,941
7/11 11:30
-31 (-1.57%)
時価総額 604,901百万円
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の企画、運営。各ブランドショップの受託運営、中古商材の買取、販売を展開。19.3期は店舗受託と買取が伸長も、ゾゾスーツの大量配布、配送運賃や人件費等の上昇が影響。 記:2019/06/20

3436 東証1部 SUMCO
1,331
7/11 11:30
+31 (2.38%)
時価総額 390,364百万円
半導体メーカー向け300mmや200mm以下のシリコンウェーハを製造、販売。最先端半導体用高精度ウェーハを能力増強。19.12期1Qは増収、増益スタート。300mmは一服も、小口径は自動車向けが堅調。 記:2019/06/21

3664 マザーズ モブキャストホールディングス
361
7/11 9:39
+80 (28.47%)
時価総額 7,060百万円
ブラウザプラットフォーム事業、グローバルゲーム事業を展開。ゲームプラットフォーム「mobcast」を運営。トムスを子会社化。コスト構造改革実施。アライアンス戦略は順調。19.12期1Q業績は想定線。 記:2019/05/24

4502 東証1部 武田薬品工業
3,924
7/11 11:30
+62 (1.61%)
時価総額 6,141,087百万円
国内トップの製薬会社。消化器系疾患や癌、中枢神経疾患等を重点疾患領域とした医療用医薬品や一般用医薬品の製造、販売。シャイアーを完全子会社化。19.3期はシャイアーに係る販管費や買収費、研究開発費が増加。 記:2019/06/23

6098 東証1部 リクルートホールディングス
3,573
7/11 11:30
+78 (2.23%)
時価総額 6,059,665百万円
販促メディア事業、人材メディア事業、人材派遣事業などを手掛ける。海外人材募集領域で集客投資を強化。19.3期は2桁増益。HRテクノロジー事業は好調。Indeedは新規顧客等の有料求人広告利用が増加。 記:2019/07/01

6141 東証1部 DMG森精機
1,605
7/11 11:30
-168 (-9.48%)
時価総額 202,156百万円
日系四大工作機械メーカーの一角。NC旋盤・マシニングセンタでトップ級。欧州における高いマーケットシェアが強み。補修部品及び修理関連は受注増。受注単価向上。航空機業界等が堅調。19.12期1Qは大幅増益。 記:2019/05/29

6190 マザーズ フェニックスバイオ
1,257
7/11 11:30
+209 (19.94%)
時価総額 3,674百万円
「PXBマウス」を用いた医薬品開発の受託試験サービスを提供。製薬企業の前臨床試験がターゲット。DMPK/Tox試験が成長分野。19.3期は2桁増収。DMPK/Tox試験は売上増。バイオ医薬分野向けが堅調。 記:2019/07/01

6506 東証1部 安川電機
3,575
7/11 11:30
+25 (0.7%)
時価総額 953,417百万円
世界的な産業用ロボットメーカー。溶接や塗装に使われる多関節や双腕ロボット等を手掛ける。長期経営計画の営業益目標を過去最高の1000億円に設定。19.2期はロボットが伸長。システムエンジニアリグが黒字転換。 記:2019/06/26

6981 東証1部 村田製作所
4,910
7/11 11:30
+61 (1.26%)
時価総額 3,318,247百万円
大手電子部品メーカー。積層セラミックコンデンサ、Wi-Fiモジュールで世界トップシェア。主要顧客はアップルなど。19.3期は2桁増収増益。コンデンサは売上伸長。積層セラミックコンデンサはカーエレ向け好調。 記:2019/07/04

7181 東証1部 かんぽ生命保険
1,798
7/11 11:30
-120 (-6.26%)
時価総額 1,011,555百万円
日本郵政グループの生命保険会社。郵便局などを通じて商品を販売し、女性・中高年層に強い。運用多様化に向け、国債に偏る運用の見直しを推進。20.3期は商品構成の変化や運用難で利益続落を見込む。増配は継続予定。 記:2019/06/06

7203 東証1部 トヨタ自動車
6,875
7/11 11:30
-33 (-0.48%)
時価総額 22,433,104百万円
自動車世界大手。傘下に日野自動車、ダイハツ工業など。マツダと業務資本提携。車載用角形電池事業でパナソニックと協業検討。自動車販売台数は小幅増。国内販売は減少だが、海外販売が堅調。19.3期3Qは営業増益。 記:2019/04/25

7453 東証1部 良品計画
19,790
7/11 11:30
-230 (-1.15%)
時価総額 555,664百万円
無印良品をグローバル展開。企画開発・製造から流通・販売まで手掛けている点が強み。中国等で多店舗出店が進む。東アジア事業は堅調。中国では紳士服が好調。台湾では衣服・雑貨の売上が伸びる。19.2期は増収。 記:2019/04/25

7832 東証1部 バンダイナムコホールディングス
5,190
7/11 0:00
±0 (0%)
時価総額 1,152,180百万円
玩具国内トップ級。IP価値の高さが強み。VRゲーム開発プロジェクト等の取り組みも。国内外でハイターゲット向け強化。19.3期は2桁増益。トイホビー事業は堅調。ドラゴンボールシリーズなど定番IP商品が好調。 記:2019/06/03

7974 東証1部 任天堂
41,450
7/11 11:30
+1,450 (3.62%)
時価総額 5,457,680百万円
ゲーム機が主力。ソフトでも稼ぐ。海外売上比率高く、資産の多くをドル建で保有。今夏にも家庭用ゲーム機「スイッチ」の上位版・廉価版を発売か。発売時期未定だが中国がスイッチの販売認可。19.3期は二桁増収増益。 記:2019/05/09

8028 東証1部 ユニー・ファミリーマートホールディングス
2,750
7/11 11:30
+72 (2.69%)
時価総額 1,393,835百万円
小売大手。総合小売で3位級、コンビニ店舗数2位。総合スーパーも展開。他業態との一体型店舗に注力。フィットネス、コインランドリーにも参入。QRコード決済導入効果もあり売上伸長。20.2期は大幅増益の見通し。 記:2019/06/24

8035 東証1部 東京エレクトロン
16,590
7/11 11:30
+185 (1.13%)
時価総額 2,740,850百万円
半導体製造装置大手。FPD製造装置等も手掛ける。世界トップシェア製品多数。海外売上比率が高い。配当性向50%目処。19.3期は2桁増収増益。半導体製造装置は堅調。モバイル、データセンター向け需要が増加。 記:2019/07/08

9432 東証1部 日本電信電話
5,196
7/11 11:30
+26 (0.5%)
時価総額 10,134,247百万円
NTTグループを束ねる持株会社。傘下に地域固定電話網独占のNTT東・西、携帯首位のNTTドコモなど。他社との提携による事業拡大を推進。20.3期はドコモの値下げが利益を圧迫する見込み。連続増配は継続予定。 記:2019/06/09

9433 東証1部 KDDI
2,883
7/11 11:30
+25.5 (0.89%)
時価総額 6,790,543百万円
総合通信大手。auブランドの携帯電話サービスが主力。通信とライフデザインの融合を推進。子会社に沖縄セルラーやJCOMなど。19.3期に続き20.3期も増収増益を計画。新中計では6年でEPS1.5倍を展望。 記:2019/05/23

9983 東証1部 ファーストリテイリング
66,730
7/11 11:30
-150 (-0.22%)
時価総額 7,078,318百万円
衣料量販店「ユニクロ」を世界展開する製造小売り。若者トレンド衣料「ジーユー」にも力注ぐ。アジア軸に店舗網を積極果敢に拡大。19.8期2Qは1Qの遅れを挽回して増益確保。通期では増収増益・連続増配を見込む。 記:2019/06/09

9984 東証1部 ソフトバンクグループ
5,239
7/11 11:30
+57 (1.1%)
時価総額 10,948,536百万円
ソフトバンク、米スプリントを中核とする持株会社。投資ファンドのSVF、英半導体のアームHD等も傘下に収める。SVFは複数投資先の公正価値が上昇。19.3期は増収増益。ソフトバンク事業は顧客基盤拡大。 記:2019/06/07

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事