SION投資研究所

令和元年6月25日 「◎〔株式・今日の見通し〕軟調なスタートか=小幅円高で売り(25日)」

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

 11日の東京外国為替市場でドル円は強含み。12時時点では109.89円とニューヨーク市場の終値(109.73円)と比べて16銭程度のドル高水準だった。連休明けの上海総合指数が堅調に推移していることをながめ、投資家のリスク志向改善を意識した買いが再び入った。一時109.90円と前週末高値に面合わせした。

 ユーロ円も強含み。12時時点では124.45円とニューヨーク市場の終値(124.26円)と比べて19銭程度のユーロ高水準だった。ドル円と同様に株高を支えにした買いが広がり、一時124.47円まで値を上げた。

 ユーロドルは12時時点では1.1325ドルとニューヨーク市場の終値(1.1323ドル)と比べて0.0002ドル程度のユーロ高水準。1.1320ドル台でのもみ合いとなった。


本日これまでの参考レンジ

ドル円:109.69円 - 109.90円
ユーロドル:1.1315ドル - 1.1330ドル
ユーロ円:124.20円 - 124.47円

出典:FXi24


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

【お知らせ】
7日 15:54に総閲覧者40万達成、記念イベント開始。40万アクセスにちなんで、40万秒(111.11時間)連続公開、便宜上5営業日連続全公開。2月7日 15:56〜2月17日(月)寄り前まで計画します。""Emerrgency""発令があった場合は、その段階で終了します。

 8日 11:30""Emerrgency""警戒発令。

 12日寄り前情報の海外市場の指数および市況は、2/11(月)のもとなります。週末の海外市場の指数および市況はこちらをごらんください。


【新着情報】気:通常は、お気に入り登録の方向け記事です。・友:通常は、お友達登録の方向け記事です。






























【前営業日主要指標8日】

NYダウ: 25,106.33ドル 前日比: -63.20(-0.25%) 高値:25,106.39ドル(15:59)・安値:24,883.04ドル(11:46) 
NASDQ:7,298.20 前日比: +9.85(+0.14%)   高値: 7,299.44・安値: 7,225.14           
     

ドル円: 109.70-80(前営業日:109.78-88)                      
ユーロ円: 124.26-36(前営業日:124.45-55)  
ユーロドル: 1.1316-1326(前営業日:1.1333-1343)

大取先物:20.250円(大取前営業日比:-40円)(-0.20%)・始値:20,280円・高値:20,360円(18:09)・安値:20,160円(01:11) 値幅:200円 
夜間出来高:27,102枚。(前営業日:35,321枚)

現物引値の20,320円から、15:09に20,310円で板調整、引けは、20,290円で1,750枚、期近もの出来高は:94,831枚。(前営業日:65,441枚)
期近もの日中出来高は、59,510枚。(前営業日:49,131枚)前場:34,588枚・後場:24,922枚

CME日経225先物:\20,305 \-235(-1.15%) (始値:20,530・高値:20,535・安値:20,160)だった。直近大証ナイト比:\+55

日経平均前営業日終値:20,333.17円-418.11円(-2.01%)値幅:247円

特別

マザーズ指数先物: 833(- 2・-0.24%)・始値: 833・高値: 838(17:42)・安値: 825(22:00) 値幅:13 02/ 9 05:30

835(-26・-3.02%)・始値: 859・高値: 861(17:36)・安値: 834(14:15) 値幅:27 02/ 8 15:15
845(-16・-1.86%)・始値: 859・高値: 861(17:36)・安値: 843(04:44) 値幅:18 02/ 8 05:30

          861( -3・-0.35%)・始値: 863・高値: 869(08:45)・安値: 848(10:33) 値幅:21 02/ 7 15:15
          866( +2・+0.23%)・始値: 863・高値: 868(01:10)・安値: 858(00:30) 値幅:10 02/ 7 05:30

864( +4・+0.47%)・始値: 860・高値: 865(09:03)・安値: 859(09:24) 値幅: 6 02/ 6 15:15
861( +1・+0.12%)・始値: 860・高値: 864(20:27)・安値: 860(16:50) 値幅: 4 02/ 6 05:30

         860( -5・-0.58%)・始値: 864・高値: 877(09:04)・安値: 858(14:23) 値幅:19 02/ 5 15:15
          871( +6・+0.69%)・始値: 864・高値: 873(04:46)・安値: 862(18:41) 値幅:11 02/ 5 05:30

865( +3・+0.35%)・始値: 863・高値: 867(11:46)・安値: 853(08:55) 値幅:14 02/ 4 15:15
          856( -6・-0.70%)・始値: 863・高値: 863(16:30)・安値: 854(17:06) 値幅: 9 02/ 2 05:30

862( -1・-0.12%)・始値: 864・高値: 870(01:53)・安値: 849(10:46) 値幅:38 02/ 1 15:15
         

【海外市況】

※欧州株式市場
・◎〔ロンドン株式〕3日続落(8日)

【ロンドン時事】週末8日のロンドン株式市場の株価は、世界経済の先行き懸念を背景に3営業日続落した。金融・保険株が下げを主導し、FT100種平均株価指数は前日比22.40ポイント(0.32%)安の7071.18で終了した。指数採用銘柄の約7割が値下がりした。

 週間ではFT指数は0.7%高。

 英シティ・インデックスのアナリスト、ファワド・ラザクザダ氏は、米中貿易協議をめぐる不安再燃に加え、「(今週は)ユーロ圏などで失望を誘う経済指標がたくさんあった。投資家は世界経済が減速に向かうと懸念しており、センチメントが悪化している」と話した。

 個別銘柄では、英投資会社メルローズ・インダストリーズが5.0%安。旅行代理店大手トゥイは4.3%安、英資産運用会社ハーグリーブズ・ランズダウンは4.2%安。

 英保険大手プルーデンシャルは2.7%安、英生保大手スタンダード・ライフ・アバディーンは2.6%安、英資産運用大手シュローダーは2.2%安。

 旅行大手カーニバルと英ガス・電力大手セントリカは各2.1%安。保険会社セントジェームズ・プレイスは2.0%安だった。

 一方、英オンライン食品販売オカド・グループは3.5%高、住宅大手バラット・デベロップメンツは1.8%高、英高級衣料バーバリーは1.3%高。英製薬大手グラクソ・スミスクラインと英民放大手ITVはいずれも1.2%高と買われた。


・◎〔フランクフルト株式〕3日続落(8日)

【フランクフルト時事】8日のフランクフルト株式市場の株価は3日続落し、ドイツ株式主要30銘柄指数(DAX)は前日終値比115.24ポイント(1.05%)安の1万0906.78で引けた。

 決済サービス大手ワイヤーカードが12.54%安と急落したほか、鉄鋼大手ティッセンクルップが4.44%安、ドイツ銀行が2.64%安。

 一方、業務用ソフト大手SAPが0.77%高、産業ガス大手リンデが0.32%高だった。
出典:時事通信


※米国株式市場
・【ニューヨーク時事】週末8日のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の妥結への期待が後退する中、3日続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比63.20ドル安の2万5106.33ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は9.85ポイント高の7298.20で引けた。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比1億2896万株減の8億7030万株。

 トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスで記者団に対し、米中貿易協議の期限である3月1日までに中国の習近平国家主席と会談する「予定はない」と明言した。これまでは首脳間で最終合意を目指す意向を示していたことから、市場では交渉が難航しているとの見方が広がり、協議妥結への期待が後退。株式などリスク資産を売る動きにつながった。

 前日に欧州連合(EU)欧州委員会と英イングランド銀行が2019、20年の経済成長率見通しを下方修正し、世界経済の減速懸念が強まったことも引き続き株価の重しとなった。景気動向に敏感なエネルギー株などが売られ、ダウは一時286ドル安まで下げた。

 一方、良好な四半期決算を発表した玩具大手マテルや化粧品大手コティなどの個別株が急伸し、相場を下支えた。午後に入り、このところ売られていたハイテク株を中心に買い戻しが入り、ダウは引け直前に急速に下げ幅を縮めた。

 個別銘柄(暫定値)では、ユナイテッドヘルス・グループが2.6%安とダウの下げを主導。ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは1.5%安、ウォルマートは1.2%安、JPモルガン・チェースは1.0%安となった。一方、マテルは23.2%高、コティは32.2%高と急伸。ユナイテッド・テクノロジーズは1.5%高、ファイザーは1.3%高、シスコシステムズは1.1%高だった。
出典:時事通信


【予定】 11日
〔国内〕

◆立憲民主党全国幹事長会議(午後1時、東京都内)
◆河野外相がフィリピン訪問から帰国

〔海外〕時間はJST

◆デギンドスECB副総裁講演(午後5時45分、マドリード)
◆10〜12月期の英GDP(午後6時半、国民統計局)
◆12月の英貿易収支(午後6時半、国民統計局)
◆ボウマン米FRB理事講演(12日午前1時15分、カリフォルニア州サンディエゴ)
◆若田部日銀副総裁が欧州金融フォーラム出席などのためアイルランド・英国出張(15日まで)
◆ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
◆米国務長官がハンガリー、ポーランド、スロバキア、ベルギー、アイスランド歴訪(15日まで)
◆イラン・イスラム革命から40年
出典:時事通信


【海外市場休場予定】
11日(月)建国記念の日       日本
12日(火)予定なし。
13日(水)予定なし。
14日(木)予定なし。
15日(金)予定なし。
出典:時事通信


【主な決算発表予定】
※本=本決算、修=業績修正、1=第1四半期、2=第2四半期、3=第3四半期、
 4=1年超決算の第4四半期、5=1年超決算の第5四半期

【2月12日】
◆11時〜《本》DMG森精<6141>、太陽工機<6164>
◆11時〜《3》巴<1921>、アイテック<9964>
◆12時〜《本》ミズホメディ<4595>、コクヨ<7984>
◆12時〜《3》鹿島<1812>、アルコニックス<3036>
◆13時〜《本》共同PR<2436>
◆13時〜《2》エリアクエスト<8912>
◆13時〜《3》日道路<1884>、オーウイル<3143>、トムソン<6480>、MURO<7264>
◆14時〜《本》スターツ出版<7849>
◆14時〜《2》構造計画<4748>
◆14時〜《3》石油資源<1662>、佐藤渡辺<1807>、大成ラミック<4994>、日コン<5269>、兼房<5984>、チノー<6850>、広電鉄<9033>、東京汽<9193>、トレーディア<9365>
◆15時〜《本》安江工務<1439>、ワールドHD<2429>、マクドナルド<2702>、ウィル<3241>、日本管理<3276>、ムゲンエステト<3299>、GDO<3319>、Ciメディカル<3540>、ネクソン<3659>、BBタワー<3776>、ジオネクスト<3777>、GMOクラウド<3788>、MDV<3902>、多木化<4025>、大倉工<4221>、M−SOSEI<4565>、楽天<4755>、東海カ<5301>、タツモ<6266>、JUKI<6440>、堀場製<6856>、ユーシン<6985>、M−テノ.<7037>、ヤマハ発<7272>、シマノ<7309>、PALTEK<7587>、Gダイニング<7625>、タムロン<7740>、スノーピーク<7816>、興研<7963>、日住サ<8854>、GMO<9449>
◆15時〜《1》M−Iスペース<2122>、GMOPG<3769>、M−BOイノベ<4393>、M−Amazia<4424>、M−キャリア<6198>、エスケーエレク<6677>、IMV<7760>、アドクリエイト<8798>、サカイHD<9446>
◆15時〜《2》サニーサイド<2180>、M−総医研<2385>、M−bブレイク<3986>、M−シスサポ<4396>、M−CANBAS<4575>、KeePer技<6036>、ネットマーケティ<6175>、FCHD<6542>、鈴木<6785>、M−AmidA<7671>、クレステック<7812>、藤久<9966>
◆15時〜《3》中外鉱<1491>、国際帝石<1605>、北野建<1866>、東亜道<1882>、大気社<1979>、セーラー広告<2156>、コモ<2224>、フュートレック<2468>、大戸屋HD<2705>、アプライド<3020>、WDI<3068>、ダイドー<3205>、日本製麻<3306>、ワイエスフード<3358>、アルファCo<3434>、ケイアイスタ不<3465>、M−駅探<3646>、パシフィックS<3847>、北越コーポ<3865>、朝日印刷<3951>、大村紙業<3953>、石原産<4028>、タカギセイコー<4242>、DNC<4246>、インテージHD<4326>、日医工<4541>、東和薬品<4553>、エスケー化研<4628>、太平洋セメ<5233>、SECカーボン<5304>、TYK<5363>、ニチアス<5393>、丸一管<5463>、日製鋼<5631>、三菱マ<5711>、大谷工業<5939>、浅香工<5962>、石川製<6208>、M−ACSL<6232>、新川<6274>、アピクヤマダ<6300>、アネスト岩田<6381>、加藤製<6390>、鈴茂器工<6405>、日金銭<6418>、TPR<6463>、M−神戸天<6568>、UMCエレ<6615>、M−大泉製<6618>、リバーエレテク<6666>、ViSCOTEC<6698>、岩崎通<6704>、信号<6741>、大真空<6962>、M−ライフネット<7157>、じもとHD<7161>、ニュートンFC<7169>、九州FG<7180>、カネミツ<7208>、曙ブレーキ<7238>、TBK<7277>、新家工<7305>、ダイヤ通商<7462>、鳥羽洋行<7472>、尾家産<7481>、マルシェ<7524>、長野計器<7715>、Vテク<7717>、タカラトミー<7867>、竹田印刷<7875>、ヤマトインダス<7886>、中央化学<7895>、ソノコム<7902>、凸版<7911>、三愛石<8097>、ゼット<8135>、ソマール<8152>、テンアライド<8207>、銀座山形<8215>、フォーバル<8275>、ヤオコー<8279>、大分銀<8392>、アイフル<8515>、スターツ<8850>、京極運<9073>、福山運<9075>、トランスシティ<9310>、川西倉<9322>、フォーバルRS<9423>、Fテレコム<9445>、常磐興<9675>、鴨川グラン<9695>、ロイヤルホテル<9713>、札臨<9776>、ストライダース<9816>、愛眼<9854>
◆16時〜《本》K&Oエナジー<1663>、JAC<2124>、リリカラ<9827>
◆16時〜《1》マリオン<3494>、システム情報<3677>、長大<9624>
◆16時〜《3》大成温調<1904>、ヤマネメデカル<2144>、エスクリ<2196>、滝沢ハム<2293>、価値開発<3010>、飯田GHD<3291>、パピレス<3641>、クリエアナブキ<4336>、ジャスト<4686>、昭和システム<4752>、EMシステムズ<4820>、シダックス<4837>、HABA<4925>、パウダテック<5695>、那須鉄<5922>、天龍製鋸<5945>、M−MRT<6034>、アイダ<6118>、NFK−HD<6494>、ディエムソリュ<6549>、GSユアサ<6674>、星和電<6748>、ユニデンHD<6815>、新コスモス<6824>、多摩川HD<6838>、船井電機<6839>、アイレックス<6944>、松尾電<6969>、日産自<7201>、日産車体<7222>、東ラヂ<7235>、松田産<7456>、ハピネット<7552>、安楽亭<7562>、VTHD<7593>、東京計器<7721>、東ボード<7815>、エステールHD<7872>、菊水化学<7953>、誠建設<8995>、センコン物流<9051>、兵機海<9362>、武蔵野興<9635>
◆17時〜《1》OBARA−G<6877>◆17時〜《2》ナガオカ<6239>◆17時〜《3》ダイニック<3551>、小池工<6137>
◆18時〜《3》M−Bプラッツ<4381>
◆未定 《本》スミダ<6817>、ベルパーク<9441>
◆未定 《1》CSS HD<2304>、M−テモナ<3985>、M−フィンテック<8789>
◆未定 《3》スペスバリュ<1448>、福留ハム<2291>、JCコムサ<2876>、M−ソケッツ<3634>、テクノマセマ<3787>、M−Gウェイ<3936>、M−エコモット<3987>、SIG<4386>、USS<4732>、M−地盤HD<6072>、野村マイクロ<6254>、SEMITEC<6626>、PCDEPOT<7618>、岡本硝子<7746>、神姫バス<9083>、イーレックス<9517>、サガミHD<9900>


【株式・三連休明けの材料一覧】
{{{:
◆サッポロHD<2501>
18年12月期業績は従来予想下回る見込み=国内酒類と食品飲料が未達。

◆三井金<5706>
19年3月期予想を下方修正=スマホ向け需要低調、期末配当予想は90円から70円に減額修正。

◆東邦鉛<5707>
19年3月期予想を下方修正=期末配当予想125円から70円に減額修正。

◆DOWA<5714>
19年3月期予想を下方修正=中国向け需要減少。

◆ミズノ<8022>
19年3月期予想を下方修正=ランニングシューズ市場縮小、中国事業不振。

◆ゴルドウイン<8111>
19年3月期予想を上方修正=アウトドア関連ブランド好調、配当予想も増額。

◆ダイフク<6383>
期末配当予想を50円から55円に増額=業績順調。

◆オリンパス<7733>
1株を4株に分割=基準日3月31日。

◆天馬<7958>
期末配当予想を20円から60円に増額=DOE2.5%を目標。

◆太陽誘電<6976>
200万株の自社株取得枠設定=発行済みの1.6%、3月29日まで。

◆山田コンサル<4792>
とショーエイ<9385>、東証1部に=15日付。
出典:時事通信


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

2019年02月11日11時00分
当記事は、「お気に入り登録(ファン登録)の方向け」です。

イメージ 3
ゴルドウイン <日足> 「株探」多機能チャートより

 8日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 ゴルドウイン <8111>   ★今期経常最高益予想を27%上乗せ、配当も32円増額
 ◆19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比72.2%増の115億円に拡大して着地。主力のアウトドア関連ブランドが春夏に引き続き、秋冬商品も販売好調だったことが寄与。特にダウンウエアや防寒アクセサリーなどが11月中旬以降の気温低下とともに人気化した。
  併せて、通期の同利益を従来予想の95億円→121億円に27.4%上方修正。増益率が21.3%増→54.5%増に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。
  業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の53円→85円に大幅増額修正した。

 長谷工 <1808>   ★今期経常を5%上方修正、配当も30円増額
 ◆19年3月期の連結経常利益を従来予想の950億円→1000億円に5.3%上方修正。減益率が5.5%減→0.5%減に縮小する見通しとなった。不動産の取扱量が想定より膨らむことが上振れの要因となる。
  業績好調に伴い、今期の期末配当を従来計画の40円→70円(前期は40円)に大幅増額修正した。期末配当利回りは5.97%に上昇し、配当取り狙いなどの買いが期待される。

 日本ドライ <1909>   ★今期経常を一転17%増益に上方修正
 ◆19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比63倍の10.1億円に急拡大して着地。防災設備事業で都市再開発やリニューアルなどの大型工事案件が順調に進んだことが寄与。
  併せて、通期の同利益を従来予想の10.1億円→13.5億円に33.5%上方修正。従来の12.5%減益予想から一転して16.8%増益見通しとなった。予想PERが11.3倍→9.6倍に低下し、割安感が強まった。

 トラスト・T <2154>   ★上期経常は40%増益で上振れ着地
 ◆19年6月期上期(7-12月)の連結経常利益は前年同期比39.9%増の30.7億円に拡大し、従来予想の25億円を上回って着地。主力の技術者派遣で輸送用機器や電気機器メーカーへの配属が拡大したほか、注力分野のIT領域も伸びたことが寄与。英国の人材派遣会社の買収効果や一時費用の剥落で海外部門が黒字転換したことも増益に貢献した。

 日清オイリオ <2602>   ★4-12月期(3Q累計)経常は67%増益・通期計画を超過
 ◆19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比66.8%増の121億円に拡大して着地。原材料コスト高を背景とする油脂の値上げが浸透したことが収益を押し上げた。オリーブオイルやヘルシーオフといった高付加価値商品の販売増加も利益拡大につながった。
  通期計画の114億円をすでに6.9%も上回っており、業績上振れが期待される。

 ULSグループ <3798> [JQ]  ★今期経常を一転24%増益・最高益に上方修正、配当も5円増額
 ◆19年3月期の連結経常利益を従来予想の8.6億円→11億円に27.9%上方修正。従来の3.3%減益予想から一転して23.7%増益を見込み、7期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期業績の上方修正は昨年11月に続き、2回目。建設、金融、製造、サービス業を中心とする既存顧客のIT投資意欲が拡大するなか、ITコンサルティングの受注が想定以上に伸びることが寄与。
  業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の19円→24円(前期は20円)に増額修正した。

 ステラケミ <4109>   ★今期経常を34%上方修正、配当も4円増額
 ◆19年3月期の連結経常利益を従来予想の28億円→37.5億円に33.9%上方修正。増益率が59.5%増→2.1倍に拡大する見通しとなった。活況な半導体市場を背景に、国内外で高純度フッ化水素酸などの薬品販売が伸びることが寄与。主原料の無水フッ酸価格が想定を下回ることに加え、値上げ効果も上振れに貢献する。
  業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の41円→45円(前期は41円)に増額修正した。

 日本カーボン <5302>   ★今期経常は19%増で2期連続最高益、100円増配へ
 ◆18年12月期の連結経常利益は前の期比5.5倍の165億円に急拡大し、従来予想の130億円を上回って着地。続く19年12月期も前期比18.7%増の196億円に伸び、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。前期は黒鉛電極やファインカーボン製品の販売拡大と値上げ効果が収益を押し上げた。今期は炭素繊維製品やリチウムイオン電池負極材の事業拡大に注力し、17.7%の大幅増収を見込む。なお、想定為替レートは1ドル=105円に設定した。
  業績好調に伴い、今期の年間配当は前期比100円増の200円に大幅増配する方針とした。予想PERが5.2倍→3.4倍に低下する一方、配当利回りは4.99%に上昇し、割安感が強まった。

 太陽誘電 <6976>   ★4-12月期(3Q累計)経常は61%増益、配当増額と自社株取得も発表
 ◆19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比61.2%増の267億円に拡大して着地。自動車・産業機器の電子化やスマートフォンなどの高機能化を背景に、付加価値の高いコンデンサーの販売が大きく伸びたことが寄与。
  業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の20円→21円(前期は20円)に増額修正した。
  併せて、発行済み株式数の1.6%にあたる200万株(30億円)を上限に自社株買いを実施すると発表。

 朝日放送HD <9405>   ★今期経常を43%上方修正、配当も5円増額
 ◆19年3月期の連結経常利益を従来予想の30億円→43億円に43.3%上方修正。減益率が33.9%減→5.3%減に縮小する見通しとなった。放送事業でテレビのスポット広告収入などが増加したことに加え、費用削減効果も上振れに貢献する。
  業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の20円→25円(前期は20円)に増額修正した。

出典:株探無料HPで、各種指標・TOPニュース・人気テーマ・人気ニュースなどが見れて便利です。イメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

2019年02月11日09時30分
当記事は、「お気に入り登録(ファン登録)の方向け」です。

イメージ 3
グラファイト <日足> 「株探」多機能チャートより

 2月25日に権利付き最終日を迎える2月の期末配当もしくは中間配当による利回りの高い上位30銘柄を取り上げました。これから配当狙いで買った場合に得られる配当金額とその利回りを示しています。
※年間ベースの配当金額およびその利回りではありません。(2月8日現在)


                対象月 対象月  実績
コード 銘柄名     市場 配当利回り 配当額   PBR

<7847> グラファイト  JQ    4.61  25.0  0.79
<3548> バロック    東1    4.26  38.0  1.83
<2417> ツヴァイ    東2    3.90  30.0  0.89
<8931> 和田興産    JQ    3.87  32.0  0.42
<8203> MrMax   東1    3.85  19.0  0.70
<8016> オンワード   東1    3.80  24.0  0.54
<3177> ありがとうS  JQ    3.61  90.0  1.16
<3492> タカラリート  東R    3.56 3300.0  1.00
<2341> アルバイトT  JQ    3.47   7.0  1.07
<3094> スーパーV   JQ    3.24  19.0  0.72

<7829> サマンサJP  東M    3.19  10.0  2.52
<6543> 日宣      JQ    3.11  42.0  0.98
<5271> トーヨアサノ  東2    3.01  75.0  0.88
<9778> 昴       JQ    3.00  120.0  0.70
<3488> ザイマックス  東R    2.97 3473.0  1.13
<5817> JMACS   東2    2.92  10.0  0.36
<6070> キャリアL   東1    2.88  10.0  1.32
<3670> 協立情報通信  JQ    2.66  50.0  1.46
<2687> CVSベイ   東1    2.65  20.0  0.63
<8125> ワキタ     東1    2.61  30.0  0.65

<2668> タビオ     東2    2.60  30.0  1.37
<3608> TSIHD   東1    2.60  17.5  0.61
<7975> リヒトラブ   東2    2.56  50.0  0.36
<3290> Oneリート  東R    2.50 6900.0  1.60
<6734> ニューテック  JQ    2.48  20.0  1.14
<2726> パルHD    東1    2.47  75.0  1.63
<9275> ナルミヤ    東2    2.46  30.9  4.03
<3466> ラサールロジ  東R    2.44 2606.0  1.09
<6432> 竹内製作所   東1    2.37  45.0  1.20
<8289> オリンピック  東1    2.33  15.0  0.61

※単位は利回りは%、配当額は円、PBRは倍。

出典:株探無料HPで、各種指標・TOPニュース・人気テーマ・人気ニュースなどが見れて便利です。イメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

2019年02月10日19時30分
当記事は、「お気に入り登録(ファン登録)の方向け」です。

イメージ 3
ナガホリ <日足> 「株探」多機能チャートより

 上場企業の売買単位100株統一や株式分割実施などで、株式の購入に必要な最低投資金額(株価×売買単位)は低下傾向にある。東証2部・新興市場上場企業では354社が最低投資金額5万円以下で購入できる。ただ実際は赤字決算であったり、無配企業も数多くあることには留意したい。

 最低投資金額が5万円以下の銘柄は小額資金で購入できるほか、同じ予算でも高株価の銘柄に比べ株数を多く購入したり、買付や売却の時期を分散できるメリットがある。今回は、配当利回りが3.0%を超え、かつPBR(株価純資産倍率)が理論上の解散価値である1倍を割りこむ、高利回り&低PBR銘柄に注目してみた。

 下表は東証2部、ジャスダック上場銘柄を対象に、(1)最低投資金額が5万円以下、(2)配当利回りが3.0%を上回る、(3)実績PBRが1倍以下――を条件に投資妙味が高まる割安な「お宝候補」18社を選び出し、配当利回りが高い順に記した。(※利回り、PBR、最低投資金額は8日現在)

 なお、8日(金)に配信した「5万円以下で買える、高利回り&低PBR『お宝候補』【東証1部】編」も併せてご覧ください。


                 配当  実績 最低投資
コード 銘柄      市場   利回り   PBR   金額  決算月

<8139> ナガホリ    東2   4.44   0.27   22500   19/03
<9696> ウィザス    JQ   4.35   0.81   36800   19/03
<7953> 菊水化     東2   4.23   0.50   37800   19/03
<3238> セントラル総  東2   4.05   0.50   24700   19/03
<7268> タツミ     JQ   3.74   0.48   32100   19/03

<7863> 平賀      JQ   3.69   0.57   40700   19/03
<6493> 日鍛バ     東2   3.68   0.40   32600   19/03
<4234> サンエー化研  JQ   3.67   0.27   49000   19/03
<1840> 土屋HD    東2   3.42   0.29   14600   19/10
<3261> グラン     東M   3.30   0.95   42400   19/12

<7899> MICS化学  JQ   3.24   0.51   30900   19/04
<5973> トーアミ    東2   3.21   0.27   46800   19/03
<5381> Mipox   JQ   3.14   0.69   31800   19/03
<7623> サンオータス  JQ   3.09   0.35   25900   19/04
<5284> ヤマウ     JQ   3.06   0.49   35900   19/03

<8508> Jトラスト   東2   3.05   0.29   39400   19/03
<9363> 大運      東2   3.03   0.79   33000   19/03
<7923> トーイン    JQ   3.02   0.27   49600   19/03

※単位は利回りが%、PBRが倍、最低投資金額が円、今期最終赤字の銘柄は除いた。

出典:株探無料HPで、各種指標・TOPニュース・人気テーマ・人気ニュースなどが見れて便利です。イメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事