SION投資研究所

令和元年6月26日 「26日のPTS注目ポイント=ネクステージ、CYBOZU、神戸物産など」

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

2019年04月03日13時30分
当記事は、「お気に入り登録(ファン登録)の方向け」です。

イメージ 3
minkabu PRESS CXアナリスト 谷口 英司

●原油高抑制がトランプ米政権の至上命題

 先週、トランプ米大統領は「原油価格が高すぎる」とし、石油輸出国機構(OPEC)に増産を呼びかけた。発言を受けて一時的に売りが集まったものの、その翌日にブレント原油やウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)など指標原油は年初来高値を更新した。トランプ米大統領の意向に反して、OPECが減産を継続する見通しで相場は上向きである。

 原油高はOPECの減産だけが手がかりではない。米国がイランやベネズエラに制裁を課し、両国の原油が流通することを妨げていることも背景にある。トランプ米政権が原油相場を刺激すると同時に抑制しようとしていることはこれまで通りだが、昨年とは異なり、トランプ米大統領の口先介入は功を奏していない。

 WTIが60ドルの節目を超えたなかで、トランプ米政権は原油高を妨げる次の手段を講じるだろう。ユーロ圏や中国などに続き、米国でも景気減速の兆候が鮮明になっており、原油高は経済にとって余計な向かい風となる。二期目を目指すトランプ米大統領にとって、原油価格を抑制し、米景気拡大を維持することは至上命題である。


●イラン制裁を緩和すれば価格抑制にはなるが

 原油高を阻止する最も効果的な手段は、イランに対する石油制裁の柔軟化である。現在、米国はイラン産原油の購入を一部の国について時限的に許容しているが、これを継続する、あるいはさらに石油制裁を緩和すれば、原油価格を圧迫する可能性が高い。昨年末にかけての原油安も米国の対イラン制裁の緩和が背景にある。

 ただ、イスラエルの最大の敵であるイランに対する制裁を今後も緩和すると、2期目の米大統領選に響く恐れがある。米国のイラン制裁は同国経済の弱体化につながっているにせよ、原油収入という生命線は絶たれておらず、イランの核や弾道ミサイル開発を制限し、シリアなど紛争地域への介入を中止させるという米国の目標は達成されていない。米国がイラン制裁を調整するにしても、選択肢は限られるのではないか。


●ベネズエラ制裁に活路

 一方で、ベネズエラ制裁については様々な選択肢があり、独裁的なマドゥロ政権が打倒されるまで米国は制裁を強化できる。ベネズエラ市民を救うのであれば、あまりためらいは必要ない。マドゥロ政権は、人道的支援物資の受け入れを拒否し、国際的な非難を浴びており、世論は米国の味方である。ベネズエラでは医療品や食料品、飲料水など幅広い物資が不足し、難民の発生源となっている。最近では大規模な停電が続き、経済状況は末期的であるという表現では言い尽くせない。米国は反マドゥロ政権の旗振り役であるグアイド国会議長を暫定大統領であると認めつつ支援し、現政権の転覆を目指している。

 マドゥロ大統領が現在の地位から退く兆しは今のところまったくなく、ロシアからベネズエラに兵士が派遣されるなど、軍事的な緊張感が高まってきているが、ベネズエラで西側寄りの政権が発足し、石油産業の立て直しが図られるなら、原油価格の抑制と安定化に寄与することはほぼ間違いない。ベネズエラの原油生産量は日量100万バレル程度まで落ち込んでいるものの、ピークで日量300万バレル近くあり、適切な設備投資が行われるなら、産油国として生まれ変わる。

 もちろん、ベネズエラで親米政権が発足したところで、財政再建に伴う資金は巨額である。数百億ドルにのぼるとの試算もある。生産量が回復するにしてもすぐにはありえない。ただ、マドゥロ政権に転覆の兆しが出てくるだけでも、原油相場は素直に反応するだろう。米国が矢継ぎ早にベネズエラ制裁を繰り出しているのは、原油価格や景気、大統領選をにらんでのことだと思われる。

(minkabu PRESS CXアナリスト 谷口 英司)

出典:株探無料HPで、各種指標・TOPニュース・人気テーマ・人気ニュースなどが見れて便利です。イメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

 4日午後の東京外国為替市場でドル円は上値が重い。17時時点では111.35円と15時時点(111.42円)と比べて7銭程度のドル安水準だった。欧州勢の参入後、111.34円まで下落し、上値の重い展開が続いた。もっとも、東京時間の明日午前5時半に行われる、トランプ米大統領と中国の劉鶴副首相の会談までは、様子見になりそうな様相だった。

 ユーロ円も上値が重い。17時時点では125.17円と15時時点(125.32円)と比べて15銭程度のユーロ安水準だった。ドル円に連れて125.11円まで下がった。欧州株が軒並みマイナス圏で取引されていることが上値を抑えた。

 ユーロドルは小動き。17時時点では1.1240ドルと15時時点(1.1247ドル)と比べて0.0007ドル程度のユーロ安水準だった。昨日、英下院議会でわずか1票差だが、欧州連合(EU)離脱の延期についてEUに申請する法案を可決したことで、ポンドドルが1.31ドル後半で堅調に推移したこともあり、ユーロドルも1.1240ドル台で底堅い動きだった。もっとも、朝方からのレンジはわずか15Pips程度しかない。

本日これまでの参考レンジ

ドル円:111.34円 - 111.52円
ユーロドル:1.1233ドル - 1.1248ドル
ユーロ円:125.11円 - 125.39円

出典:FXi24


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

 4日午後の東京外国為替市場でドル円はさえない。15時時点では111.42円と12時時点(111.43円)と比べて1銭程度のドル安水準だった。後場の日経平均株価が失速したことを受けて、午前につけた安値の111.36円に迫る水準まで値を下げた。手掛かり材料を欠いたものの、総じてさえない動きとなった。

 ユーロドルは15時時点では1.1247ドルと12時時点(1.1238ドル)と比べて0.0009ドル程度のユーロ高水準だった。1.1240ドル台で底堅く推移していたが、2月独製造業新規受注が予想より弱い結果となったことで、15時過ぎに1.1234ドル付近まで値を下げた。

 ユーロ円は15時時点では125.32円と12時時点(125.22円)と比べて10銭程度のユーロ高水準だったが、弱い独経済指標を受けて15時過ぎに125.16円の安値をつけた。

本日これまでの参考レンジ

ドル円:111.36円 - 111.52円
ユーロドル:1.1233ドル - 1.1248ドル
ユーロ円:125.16円 - 125.39円

出典:FXi24


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

セレス、オンラインマッチングサービスの開発・運営を行うquatreと資本提携
2019/4/4 13:03 FISCO

イメージ 3

プロモーションを行うメーカーと商品体験を提供する施設をオンラインマッチングするプラットフォームサービス「aircatalog」の開発・運営等を行うquatreと、資本提携を締結したことを発表している。同社の運営するポイントサイト等の事業とquatreの運営するaircatalogは親和性が高いとの考えから資本提携を締結したとしている。

セレス(3696)東証1部
2,166
4/4 15:00
+9 (0.42%)
時価総額 24,788百万円
「モッピー」等のポイントを付与するポイントサイト、マートフォンゲームや投資用不動産に特化したサイトを運営。仮想通貨やブロックチェーンサービスも提供。18.12期3Q累計の利益は会社計画を上回って推移。 記:2019/01/25

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

エン・ジャパン、マッチングサービスのシューマツワーカーと業務提携
2019/4/4 12:50 FISCO

イメージ 3

マッチングサービスのシューマツワーカーとの業務提携を発表した。シューマツワーカーは、週末や平日夜などに副業社員として勤務可能な企業を紹介するマッチングサービスを手掛けており、その会員は17年7月の正式リリース以降、右肩上がりで上昇を続けている。提携により、同社のフリーランスマネジメントシステム「pasture」の利用拡大などが期待される。

エン・ジャパン(4849)東証1部
3,305
4/4 15:00
-5 (-0.15%)
時価総額 164,311百万円
転職サイト「エン転職」が主力。無借金経営。海外事業はベトナムとインドにリソース集中。配当性向は30%以上目処。エン転職は平均掲載単価が上昇。顧客内シェア拡大施策が奏功。19.3期3Qは2桁増収増益。 記:2019/03/21

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事