SION投資研究所

9月2日 「昨日メルマガ9月号配信しました。未着の方はメールで事務局までご連絡ください」

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

(13日終値:15時時点)
ドル円:1ドル=108.34円(前日NY終値比▲0.16円)
ユーロ円:1ユーロ=122.41円(▲0.07円)
ユーロドル:1ユーロ=1.1299ドル(△0.0012ドル)
日経平均株価:21032.00円(前日比▲97.72円)
東証株価指数(TOPIX):1541.50(▲12.72)
債券先物6月物:153.40円(▲0.03円)
新発10年物国債利回り:▲0.115%(横ばい)
ユーロ円TIBOR3カ月物:0.02900%(横ばい)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な国内経済指標)       <発表値>     <前回発表値>
4−6月期の法人企業景気予測調査
大企業業況判断指数(BSI、全産業)  ▲3.7       ▲1.7
4−6月期の法人企業景気予測調査
大企業業況判断指数(BSI、製造業)  ▲10.4      ▲7.3
対外対内証券売買契約等の状況(6月2日−6月8日分)
対外中長期債         1兆7360億円の取得超 4417億円の取得超
対内株式            1480億円の処分超  2859億円の処分超
4月第三次産業活動指数(前月比)   0.8%      ▲0.4%

※改は改定値を表す。▲はマイナス。

(各市場の動き)
・ドル円は売り一服。香港でのデモ激化を嫌気して香港ハンセン指数が大幅に下落したことをきっかけに、株安・円買いのリスクオフの動きが強まった。市場では「米系短期勢からの仕掛け的な売りが観測された」との指摘もあり、一時108.17円まで下押し。もっとも、その後は香港株が下げ渋りや中国株のプラス圏回復などをながめ、108.30円台まで下値を切り上げた。

・ユーロドルは小高い。昨日の海外時間に売りが進んだ反動から買いが先行したほか、米長期金利の低下も相場の下支えとなり、一時1.1302ドルまで値を上げた。
 なお、豪ドル米ドルは一時0.6904米ドルまで下押し。5月豪雇用統計で失業率が悪化していたことが確認されると、豪金利の低下とともに豪ドル売りが強まった。

・ユーロ円は下値が堅い。株安によるリスク回避の動きが進む中で一時122.18円まで下落する場面があったものの、その後はドル円と同様に買い戻しが広がり、122円台半ばまで切り返した。

・日経平均株価は続落。香港での大規模デモを受けて香港株式相場が下落し、投資家心理が悪化。半導体関連株を中心に売りが広がったが、後場に入ると外国為替市場で円高が一服した影響もあり、徐々に下げ渋った。

・債券先物相場は続落。昨日の米国債券相場が上昇した流れを引き継いで買いが先行。香港株などアジア株式相場が軟調に推移したことも相場を下支えした。ただ、後場に入るとアジア株が全般に下げ渋る動きを見せたことで次第に売りが優勢となった。

出典:FXi24


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪
お友達登録の方向け

【新着情報】気:通常は、お気に入り登録の方向け記事です。・友:通常は、お友達登録の方向け記事です。

















































【指標】

大引け:21,032.00円- 97.72円(-0.46%)値幅:179円
前引け:20,959.36円-168.08円(-0.79%)値幅:179円
始 値:21,040.91円
高 値:21,111.23円(09:30)
安 値:20,932.13円(11:13)


騰落銘柄数:値上がり 394(18%)、値下がり:1,673(78%)、変わらず: 74(3%)
前 引 け:値上がり 284(13%)、値下がり:1,783(83%)、変わらず: 71(3%)


出 来 高 : 11億7,485万株   前引け:5億9,120万株
売買代金 :  1兆9,028.15億円 前引け: 兆9,334.64億円

大取先物:20,940円(大取前営業日比:-110円)(-0.52%)・始値:21,070円・高値:21,090円(16:31)・安値:20,860円(11:10) 値幅:230円

夜間出来高:22,349枚(前営業日:33,225枚)

前引け枚数:42,855枚 前営業日枚数(79,517枚)

現物引値の21,020円から、15:10に20,990円で板調整、引けは、21,020円で507枚、期近もの出来高は:54,607枚。(前営業日:105,129枚)
期近もの日中出来高は、32,258枚。(前営業日:71,904枚)前場:20,506枚・後場:11,752枚


TOPIX          1,541.50 -12.72(-0.82%) 前引け: 1,536.10 -18.12(-1.17%)
JPX日経インデックス400 13,713.32 -101.96(-0.74%) 前引け:13,663.73 -151.55(-1.10%)
JASDAQ平均 3,362.74 - 6.72(-0.20%) 前引け: 3,357.80 -11.66(-0.35%)
マザーズ指数 894.20 - 7.77(-0.86%) 前引け: 893.95 - 8.02(-0.89%)
東証2部指数 6,524.59 -54.04(-0.82%) 前引け: 6,526.29 -52.34(-0.80%)

マザーズ指数先物: 870(- 7・-0.80%)・始値: 878・高値: 879(17:03)・安値: 864(11:14) 値幅:15 06/11 15:15


【市況】
【第1部】前日の米国株安や為替の円高進行などを受け、エネルギーや半導体関連など幅広い銘柄が売られた。日経平均株価は前日比97円72銭安の2万1032円00銭、東証株価指数(TOPIX)は12.72ポイント安の1541.50と、ともに続落した。

 銘柄の78%が値下がりし、上昇は18%だった。出来高は11億7485万株、売買代金は1兆9028億円。

 業種別株価指数(33業種)は、石油・石炭製品、海運業、証券・商品先物取引業、鉱業、ガラス・土石製品が下落し、上昇は保険業のみ。

 個別銘柄では、JXTG、出光興産、コスモエネルギが値を下げ、川崎船、商船三井は売られた。野村、大和証Gがゆるみ、AGCが軟調。国際帝石が下落し、東エレク、村田製、太陽誘電が弱含んだ。三菱UFJ、三井住友、みずほFGがさえなかった。半面、東京海上が買われ、ソニーがしっかり。ソフトバンクG、KDDIが堅調で、ZOZOが値を上げた。

第2部】反落。東芝、ユーピーアールが売られ、アルチザも値を下げた。半面、Jトラストが堅調。出来高4133万株。


 前日の米国市場でダウ工業株30種平均など主要3指数が下落した流れを引き継ぎ、日経平均は軟化して寄り付いた。その後は香港、上海など中国株安の影響から一時前日終値に比べ200円近く下落。為替が1ドル=108円台前半と円高に振れたことも、輸出関連株を中心に下押し材料となった。後場に入ると下げ幅を縮小し、2万1000円を挟んだもみ合いが続いた。

 売買代金は6営業日連続で2兆円を割り、薄商いが続いている。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)、今月末に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)に合わせて行われる米中首脳会談を控え、「投資家は動きようがない」(中堅証券)。このため、当面は模様眺めムードの強い展開となりそうだ。

 225先物6月きりは、軟調で推移した。 
出典:時事通信



※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く トラックバック(1)

 13日午後の東京外国為替市場でドル円は買い戻し。15時時点では108.34円と12時時点(108.22円)と比べて12銭程度のドル高水準だった。香港株の急落をきっかけとしたリスクオフの動きから11時過ぎには108.17円まで下落したが、その後はショートカバーの動きに。香港株が下げ渋ると上海株はプラス圏を回復し、ダウ先物も下げ幅を縮めたためドル円もつれる形で108.38円付近まで切り返した。
 なお、香港議会は昨日に続き、国内の大規模デモを考慮して「逃亡犯条例」改正案の審議を延期すると発表した。

 ユーロドルはじり高。15時時点では1.1299ドルと12時時点(1.1294ドル)と比べて0.0005ドル程度のユーロ高水準だった。東京市場では緩やかながら昨日の下落に対する買い戻しの動きが続いており、一時1.1300ドルまで値を上げた。

 ユーロ円は反発。15時時点では122.41円と12時時点(122.23円)と比べて18銭程度のユーロ高水準だった。リスクオフが一巡したため122円台半ばまで買い戻しが進んだ。

本日これまでの参考レンジ

ドル円:108.17円 - 108.54円
ユーロドル:1.1287ドル - 1.1300ドル
ユーロ円:122.18円 - 122.56円

出典:FXi24


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

開く トラックバック(1)

18年の国内ゲーム市場は1兆6700億円と
2019/6/10 12:48 FISCO
当記事は「お気に入り登録」の方向けです。
ゲーム情報誌「ファミ通」を手がけるGzブレインの調査によると、18年の国内ゲーム市場は前年比微増の1兆6700億円に達したと発表している。スマホアプリやPC向けオンラインゲームが全体の7割を占めており、クラウド経由でゲームの配信を行う「クラウドゲーム」市場は11億円だったという。

関連銘柄 4件

KLab(3656)東証1部
ソーシャルゲームを開発・運営
スマホ向けアプリを軸にモバイルオンラインゲームを企画・開発。既存タイトルの多言語化などで海外強化。中国のゲーム開発会社と業務提携し、アイドル育成ゲームを日中で展開へ。18.12期は営業増益。計画比上振れ。 記:2019/03/20

gumi(3903)東証1部
オンラインゲームを開発・運営
モバイルオンラインゲームを開発・運営。海外展開に強み。AR/VRやブロックチェーン、バーチャルユーチューバー領域への積極出資継続。19.4期は先行投資が利益圧迫。20.4期はゲーム事業のV字回復を目指す。 記:2019/06/10

スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)東証1部
スマホゲームを開発・運営
大ヒット作「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」を持つゲームソフト会社。アミューズメント施設の運営や版権ビジネスも展開。19.3期3Q累計は家庭用ゲーム機向けタイトルやコンテンツが足踏み。 記:2019/04/01

アカツキ(3932)東証1部
スマホ向けソーシャルゲームの企画開発・運営
スマホ向けソーシャルゲームの企画開発・運営、ライブエクスペリエンス事業等を展開。ネイティブアプリに経営資源集中。「ロマンシング サガ リ・ユニバース」は順調。LX事業は利益改善。19.3期3Qは増収増益。 記:2019/03/20

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪
1-3月期GDP改定値、年2.2%増に上方修正と
2019/6/10 12:24 FISCO
当記事は「お気に入り登録」の方向けです。
内閣府が本日、19年1-3月期GDP(国内総生産、季節調整済み)改定値について、前期比0.6%増で、年換算率で2.2%増と発表している。速報値の前期比0.5%増、年率2.1%から上方修正される形となっており、サービス業など非製造業を中心に設備投資が比較的堅調となったという。

関連銘柄 3件

本田技研工業(7267)東証1部
介護用ロボットの開発
自動車・二輪車大手。自家用小型ジェットも手掛ける。北米が稼ぎ頭。21年に英国工場を閉鎖し、トルコ工場のセダン生産も停止。電動化を見据えて生産体制を再構築へ。19.3期は会社計画比で減益幅が縮小したと推察。 記:2019/04/24

菊池製作所(3444)JQスタンダード
介護用ロボット製品
顧客の新製品開発における試作製品、金型などを製造・販売。試作品かは量産品までの一貫体制が強み。近年は大学らと連携して介護用ロボットや産業用ドローンなど独自製品の開発に力注ぐ。19.4期は黒字転換を見込む。 記:2019/04/09

CYBERDYNE(7779)マザーズ
ロボットスーツHAL
筑波大教授が設立したロボットスーツ開発ベンチャー。HAL装着で身体機能の拡張・増幅を可能とする世界初のサイボーグ型ロボットを開発。医療用HALは稼働台数増加。レンタル売上等が堅調。19.3期3Qは増収。 記:2019/03/28

出典:フィスコイメージ 2


※投資の最終的な判断はご自身でお願い致します。
このブログに掲載の情報は、投資を保証するものでは一切御座いません。

SION投資研究所
連絡先:iso_investment@yahoo.co.jp

https://stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif
にほんブログ村 株ブログへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

イメージ 1
金融・投資 ブログランキングへ(文字をクリック)
↑よかったら、ここをクリックして下さい♪

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事