過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
↑詳細はこちら
 
前回のお話→今だけ無料の節電ソフトOptimalGreenを入れてみた

パソコンの設定を最適化して節電してくれるソフトなんですが、
ようやく節電効果が出てきたのでグラフをUPします。
 
イメージ 2
 

私の環境だと10日目からようやく節電効果が出てきました。
ちなみに自分自身で何か設定を変更したりなどは一切していません。
全部OptimalGreenが自動で環境を最適化してくれたおかげです。
16日間で49円分の削減に成功。

ということで節電効果が実際にでる事が分かったので東日本の方は是非導入を検討してみてください。
 
 
テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ
↓使い方の詳細はこちら
※ 一番下にも詳細!!
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
↑詳細はこちら
 
 
報道関係者各位
プレスリリース
                                   2011 年4 月27 日
                                  株式会社オプティム
 
 
 
 
   〜東日本大震災支援活動、みんなの力を合わせて節電を!!〜
   オプティム、かんたんパソコン省電力化ソフト『Optimal Green』の
          無償配布を東日本復興まで延長決定
   ― 法人向け多機能版『Optimal Green』のパッケージ販売も開始 ―
 
 
 

株式会社オプティム(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下 オプティム)は、東日本大震災支援活動の一環として、かんたんパソコン省電力化ソフト『Optimal Green 』
(
http://green.optim.co.jp/ )の無償配布を2011年4 月末以降も継続し、東日本復興まで延長することを決定いたしました。当初、計画停電が2011 年4 月までとの発表を受け無償配布時期を合わせておりましたが、夏季に向け電力供給不足の課題が未だ解消されていないため、震災の影響による電力問題が落ち着き東日本が完全に復興するまで、復興の協力として無償配布を継続いたします。
またこの度、法人向け多機能版『Optimal Green』のパッケージ販売も開始いたしました。

【『Optimal Green』無償配布について】
東日本大震災発生直後、3 月15 日の無償配布開始後から、多くのメディアの方々にご紹介頂き、ならびに、数多くのユーザーに節電協力いただきました。結果、すでに26,000 台以上のパソコンで節電対策に利用いただいております。集計した累積での節電効果は2011 年4 月27 日時点で50,000kWh(東京ド
ームプロ野球ナイター1 試合の電力に相当します)を超える見通しです。ご協力いただけましたユーザーの皆様、メディアの皆様に深く感謝申し上げます。
引き続き東日本を中心に、電力供給不足が長引くことが見込まれておりますため、既にご利用頂いております方々には継続利用していただき、まだお使いでない方にも今後ご利用いただくことにより、皆様と力を合わせて節電を行いたいと思っております。ご協力よろしくお願いいたします。
 
【法人向け多機能版『Optimal Green』について】
全国の企業様より多数のお問い合わせ、ご賛同をいただき感謝いたします。ご要望にお応えしてこの度、法人向けに“期間制限なくご利用いただける節電電力可視化ガジェット付き『Optimal Green』”のパッケージ販売も開始させていただきます。なおガジェット機能の提供には弊社クラウドサーバの機能が必要
となるため、有料とさせていただきます。同時に同製品のパートナー企業様向けプログラムも開始いたします。価格、及び、パートナー様向けプログラムなどの詳細は、『Optimal Green 』ウェブサイト(
http://green.optim.co.jp/ )にてご覧いただけます。

<Optimal Green とは>
パソコンの電源設定の内容をもとに独自のパソコン診断テクノロジーを用い、現在の消費電力の診断を行い、最適な電源プロファイルを作成、設定を行います。あわせて、パソコンの使用状況に連動して省電力モードの設定、最適化を自動的に行うことにより省電力化を実現します。

また、省電力効果を可視化する機能として、省電力対応前後の電力消費量比較、電力削減量に加え予想消費電力量、省電力状況の理論値を表示する機能を提供しています。
 
 
 
Optimal Green 東日本大震災支援版ダウンロードサイト
http://green.optim.co.jp/
 
 
節電効果については弊社ウェブサイト(http://www.optim.co.jp/) や特設サイト( http://green.optim.co.jp/ )、また弊社のTwitter 公式アカウント( http://www.twitter.com/optim_jpn )にて随時更新中です。
 
<かんたんパソコン省電力化ソフト・Optimal Green による具体的効果について>
例えば、Optimal Green を 10 万台のパソコンで1 カ月間利用した場合、「家庭用照明の約182 年分」と、同じ削減効果が期待でき、約31 万8 千世帯の夜間1 日(約5 時間)の家庭用照明電力を確保できます。
(※当社使用環境から推定)
<提供条件>
無料配布は震災の影響による電力問題が落ち着くまでとさせていただきます。
【オプティムの目指す、オプティマル事業とは】
〜Optimal【形】最適な、最善の、最も有利な〜
急速なインターネット普及に伴い、これまでネットを利用したことのないユーザーがネットを利用する機会が増えており、このユーザー層にとって現状のネットは必ずしも使いやすいものではありません。このような状況にあって、ネットを空気のように快適で、息をするように無意識に使えるサービス・インフラに変え
ていく。オプティマル事業とは、そのためのオプティム独自の最適化技術によるサービス事業の総称です。
【株式会社オプティムについて】
 
商号 :株式会社オプティム < http://www.optim.co.jp/
佐賀本店 :佐賀県佐賀市高木瀬町東高木223-1
東京本社 :東京都港区港南1 丁目6 番34 号 品川イースト
代表者 :菅谷 俊二
主要株主 :菅谷 俊二
NTT インベストメント・パートナーズファンド投資事業組合
東日本電信電話株式会社
設立 :2000 年6 月
資本金 :1 億8,338 万円
主要取引先:東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、株式会社NTT ドコモ、株式会社大塚商会、富士ゼロックス株式会社、NEC パーソナルプロダクツ株式会社、株式会社NTT ぷらら、株式会社NTT ネオメイトなど (順不同)
事業内容 :複雑化するIT インフラ・ユビキタス社会において、誰もがIT を快適に使える為の利用環境最適化と企業側で増大するサポートコストの軽減を目的としたソリューション『Optimal(オプティマル)』を提供しています。
 
『Optimal』は、コンシューマー向け、NGN 向けSetup、Diagnostic、Marketing ソリューションやHome network 向けソリューション、企業向けソリューションと幅広いターゲットに向けたソリューションを展開し、サポートするデバイスはパソコンだけでなく、Mobile、Router、TV、Game、Multi function printer、Server、Printer、DVD recorder など家庭内、企業内でつながる様々なネットワーク機器となります。
 
【本リリースに関する報道機関からのお問い合わせ先】
株式会社オプティム セールスディビジョン 広報担当
TEL : 03-6718-4027
FAX : 03-6718-4037
 
↓使い方の詳細はこちら
イメージ 1
↑詳細はこちら
 

備えておきたい防災グッズ

防災グッズは何を用意したらいいのか?全リスト

防災グッズ・防災用品(ガイド・和田 隆昌)
 
あなたの家庭では防災用品を用意していますか?水や食料は3日分といいますが具体的にどのくらい必要なのかご存知ですか?ここではライフラインが一定期間止まった場合、自宅を離れて避難所生活が始まった場合にどんなものが必要かをリストアップします。

非常用ラジオで災害時に正しい情報を入手しよう

防災グッズ・防災用品(ガイド・和田 隆昌)
 
災害時に停電になった際、災害の状況やいつ避難所に移動すべきかなど、正しい情報を入手するために非常用ラジオが役に立ちます。最近では手巻きの充電式の物や、携帯電話の充電も可能なものが発売されており、今回はおすすめの2商品を紹介します。

普段から使える!防災エコグッズ

エコグッズ(ガイド・阿久津 美穂)
 
災害の後に困るのは、電気が使えないこと。そこで、今回は普段から使える防災エコグッズとして、多機能な手回し充電ラジオ、回して発電する懐中電灯、太陽光で発電する照明を紹介します。

災害時・非常時に役立つ保存缶のお菓子

コンビニグルメ(ガイド・久須美 雅士)
 
中越地震から3年、中越沖地震からも3ヶ月が経とうとしています。今回は、災害時や非常時のために用意しておきたい保存缶入り菓子をスーパーやコンビニで探してみました。もしものときの備えはできていますか?
災害・緊急時の食事・栄養対策は日ごろから考えておきたいもの。非常事態時の飲料水、食料の必要量、状況別の非常食アイデア、賞味期限のない食料など、管理栄養士の視点で考えたおすすめの非常食を紹介します。

防災用品、避難用品のそろえ方

防災グッズ・防災用品(ガイド・和田 隆昌)
 
災害に備えるための様々なグッズを「防災用品」といいますが、何を優先して用意すべきなのでしょうか。被害のリスクから自分を守るもの、避難を助けるもの、被災後に備えるもの、それぞれに役割が違うことを覚えておきましょう。まずは身近なところから。

水を確保するサバイバルテクニック

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
インフラが全て止まってしまうような災害が起きたとしたら。人はどうやって生き延びることができるのだろうか。そして人が生きていくためには水の確保が重要。どれだけ、どのように用意したらいいのだろう。

節電や停電に役立つソーラー式・手回し式グッズ

省エネ・節水(ガイド・矢野 きくの)
 
節電に役立つのがソーラー式や手回し式、充電式などの電力を使わずに使えるグッズ。これらのグッズがあれば、停電になった時にも役立ちます。今回は、その中から実際にガイドが愛用しているものをご紹介しましょう。

震災・災害の基礎知識

イメージ 1
↑詳細はこちら
 

震災・災害の基礎知識

首都直下型地震と東海地震のリスクと対策

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
東日本大震災後、数多くの余震が発生し、首都圏でも「次の震災」の不安が叫ばれています。しかし今回は「津波」による被害がその90%を占め、内陸部と沿岸地域における地震被害では大きくその被害状況が異なっています。では「首都直下型地震」と「東海地震」に対しては、どのような備えをすべきなのでしょう。

軟弱地盤、埋立地は要注意。液状化マップ 関東篇

住まいのプロが提案「イエコト」(ガイド・井上 恵子)
 
3月11日午後2時46分に発生したM9.0の東日本大震災の影響で各地に液状化現象が見られました。液状化が起こると上下水道や道路に被害が生じ、ライフラインを絶たれることも。ご自宅付近の危険度を「液状化マップ」でチェックしておきましょう。

地盤で異なる地震の揺れかた

土地購入(ガイド・平野 雅之)
 
地震発生後に発表された震度と自分の感じた震度とが異なるのは、多くの人が経験していることでしょう。その原因となる地盤の違いを知って、住宅選びに役立てることも重要ですね。
 
このところ内陸型地震が実は毎日のように発生していることをご存知ですか? 日本は世界でも有数の地震大国。その危機リスクは日増しに上昇していることを意識している人は少ないようです。ここで今一度、地震の発生原因について勉強しなおしてみたいと思います。

地震予知は可能か?

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
2008年は気象災害が数多く発生したが、危惧されている巨大地震の発生は起きなかった。今すぐにでも起きる可能性のあるこの危機的状況を予知することは、現在の科学で可能なのだろうか?

過去の大地震に学ぶ

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
この日本では、今すぐにでも大地震があなたの街を襲ってくる可能性が高い。それはこの国にいる以上避けられないこと。それではそのリスクを最小にするには?過去の大地震の教訓を学ぶべきなのだ。

津波災害にあわないために

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
津波は自然災害の中でももっとも強大で、多くの被害者を出してしまう災害。海に囲まれた日本では最も気にかけていなければならないのだが、実際にはその意識はとても低いことが知られている。

中国・四川大地震の教訓

地震・自然災害・火事対策(ガイド・和田 隆昌)
 
中国・四川大地震は歴史に残る大災害として報道されました。チベットからのプレートの圧力によってもたらされたこの地震は、何か象徴的なものとも思えてきます。

新潟県中越沖地震、発生!

地震・自然災害・火事対策(ガイド・和田 隆昌)
 
新潟県柏崎沖を震源とする大規模な地震、新潟県中越沖地震。この被害を食い止める方法はなかったのでしょうか?
東日本大震災、日本史上最大規模の地震・津波災害が2011年3月11日に発生しました。この場所を見て検証し、多くの被災者のインタビューから、どんなことが分かったか、それはこれまでの常識をはるかに超える事態が発生し、それに対応できなかったために多くの人命が失われてしまったという厳然たる事実でした。
 

次は日本の可能性も!ハイチ大地震に学べ

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
2010年1月12日にカリブの楽園ハイチを恐ろしい大地震が襲った。その規模は阪神淡路大震災を彷彿させるものであったが、被害はその数十倍を超えるものとなった。その被害拡大の原因はなんであったのか。日本のおかれている状況と酷似したそのハイチ大地震を分析する。
イメージ 1
↑詳細はこちら

帰宅難民状態に備えて知っておきたいこと

住まいのプロが提案「イエコト」(ガイド・中川 寛子)
 
街取材では1日10キロ、20キロは普通に歩きます。そして、長時間、無理なく、安全に歩くためには私なりのポイントがあります。地図、服装その他、帰宅難民状態時にもお役に立つのではと思います。参考にしていただければ幸いです。

災害用伝言ダイヤルと伝言板の使い方

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
大きな地震災害や水害などが発生するときに安否確認の電話が集中するとつながりにくくなり、大事な人との連絡がとれません。すぐに連絡を取りたいときにこの二つの連絡方法を覚えておけば安心ですね。

緊急地震速報とは?

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
2007年より一般運用されている、緊急地震速報。生命を左右する情報が全ての国民に提供されると一体どうなるのか?その効用とともに、実際に緊急地震速報を聞いた場合、どのように対処すればよいか解説します。

緊急時の連絡手段を決めておこう

恋愛(島田佳奈)(ガイド・島田 佳奈)
 
今回の震災により、恋人と連絡が不通になり、不安を抱いた人は少なくないでしょう。携帯電話など、これまで当たり前に存在していたツールが断たれる可能性を考慮し、再会できるための連絡手段を提案。
 
iPhoneやiPadなどが何かと話題にのぼっている昨今。何万とあるアプリの中から、防災関連のアプリをご紹介しましょう。GPS機能や加速度センサーなどを使って、これまでにPCや携帯電話には考えられなかったアプリがあります。またこれらの情報機材は常に身近にあるため、災害時には非常に役にたちます。

防災マップの作り方

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
自然災害に対して地域にどんなリスクがあるか、ご存知ですか? 地域の自治体(市役所)などでは防災マップなどを公開しています。まずは自分の住む地域のホームページなどで調べてみましょう。

遙かな道のり40km!「帰宅難民」実験-1

子育て世代の安全・安心な家(ガイド・吉田 健)
 
阪神・淡路大震災クラス級の大地震が勤務中に発生、公共交通機関が全面ストップしたら!?今回はこの想定に基づき「帰宅難民」になったガイドが勤務先から自宅までのおよそ40kmを歩く、壮大な実験を敢行しました!

遙かな道のり40km!「帰宅難民」実験-2

子育て世代の安全・安心な家(ガイド・吉田 健)
 
阪神・淡路大震災級の大地震で公共交通がストップ、「帰宅難民」になったガイドが自宅までの約40kmを歩くという実験報告の第2弾。中間地点の20kmポイントで疲労困憊となったガイドは帰宅できたのでしょうか。

大地震を電車内で感じたら?

防災(ガイド・和田 隆昌)
 
もし電車に乗っているときに大地震が起きたら、どうすればよいのだろうか? その事故の被害は乗り込む位置によって違ったのだ。

地震発生!そのときどうする?

子育て世代の安全・安心な家(ガイド・吉田 健)
 
大地震発生!そのとき、あなたは適切な行動をとれますか?自宅、運転中、買い物中など、場所によって異なる対応を覚えておきましょう。
 
 
個人での防災対策には限界がある。しかし企業や団体、自治体の対策は思った以上に進んではいない。すでに災害多発時代に入ったこの日本で、多くの企業のリスクマネジメントを支援する唯一の会社、株式会社レスキューナウにお話を聞いてみた。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事