研究と日常の窓

すべて表示

日韓関係の膠着

                     日韓関係の膠着  日本の選挙が終わり自民党圧勝、阿部総理大臣の返り咲きが確実となった。今日は、韓国の大統領選挙どちらの候補が勝っても、日韓の膠着状態は続くであろう。阿部総理がタカ派であろうか、憲法改正を主張しようが、恐らくはそんなことに関係もなく日韓関係は良くなるとは考えにくい。もともと隣国というのは仲が可悪いものである。緊張関係をもっているものである。そんなに、国と国との関係が甘いはずもない。テーブルの上でニコニコ笑いながら握手しているが、テーブルの下では拳銃を何時でも弾けるように引き金にかけているようなものである。  ただ一つだけ言えることは、国は国民が支えているものである。自民党の圧勝も国民の判断である。そこで日韓関係の膠着の打開には、日本国民と韓国国民のそのものの考えがすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事