イソップ通信

世界は、広くて、深くて、面白い♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

教育に問題があることは、いろいろと指摘されていますが、
それではどんな教育が、子どもにとって理想の教育かと言えば、
これがなかなか難しいのか、コモンセンスが得られていません。
最近の日本では、ペーパーテストの点数が下がったとか、
大人の言うことを聞かない、切れる子が多いとか言われて、
逆らわないでよく働く「人材育成」の教育が進められてもいます。
また人の差別化を進める学校選択制度さえ推奨され始めている。

そんな時代の状況下で、危機感を抱く人も多いのでしょう。
ブログ上でも、教育関係の意見をアップする人は多いのですが、
僕は正直言って「これだ!」と思える記事に出会ったことはない。
したがって学校教育そのものにさえ疑問を持っているので、
むしろ「学校へ行かない」選択に共感を覚えたりしていたのです。
だけどこの本を読んで、教育の魅力とチカラを再認識しました。
レイフ・エスキスの「子どもにいちばん教えたいこと」です。

すでに実践されて成果を上げ、今も継続している56番教室。
日本で言えば、小学校の高学年クラスを受け持つ教師エスキスが、
ロサンゼルスのダウンタウンにあるホバート小学校に赴任して、
22年間の試行錯誤で成しえた教育と、その成果が書かれています。
「子どもを最大限に伸ばす方法」など、口で言う人は多くても、
ほとんどの人はうまく行かずに、断念してあきらめてしまう。
エスキスは、最初は同じように失敗しながら、あきらめなかった。

それどころか、うまく行かない理由を考え、工夫して克服する、
その過程そのものが教育には大切だと気付いて、確信していきます。
生徒の失敗を非難しないで、何故失敗したかを自分で考えさせて、
それを克服していくチカラを、子どもたちに身につけさせていく。
教育にとって一番大切なのは、問題を認識して克服していく、
そのプロセスを、しっかり身につけさせることだと教えています。
これは如何に言うが安く実行の難しいことか!誰でも知っている。

そうです、この本には、その誰でも知っている理想に対して、
そんなの無理だ!そんなの関係ない!理想と現実は違う!と言わず、
様々な工夫をして実現してきた、そのノウハウが詰め込まれている。
そして彼は、毎年こどもたちだけで上演するシェークスピア劇で、
小学校教師としては初めて、米国芸術大賞を受賞するのです。
それは演ずることがうまいのではなく、上演までの過程を含めて、
子どもたちに、人生を善く生きるノウハウを教えた成果なのです。

読書を大切にし、ブック・リポートを書かせ、本まで作らせる。
「数タイル」や「ブー・ゲーム」を工夫して、算数を楽しませる。
地理や歴史はゲーム感覚で知識を増やし、映画などで確認する。
理科の実験室では、失敗から学んで修正するノウハウを実体験する。
体育から学ぶべきは、目的を持ち、皆で協力して実現する経験。
さらに将来に向けて、おカネの使い方まで身に付けさせていく。
これらはすべて、人間としてどうあるべきかを目指している。

高校生や大学生なら考える内容だ!と思うかもしれませんが、
こうした教育(学ぶ)に対する基本的な態度は、小学生にこそ大切で、
これさえ身につけていれば、どんな高等教育も自力で克服していく。
それがこの本でエスキスが訴えていることだろうと思うのです。
そして彼はそれを実践して、ダウンタウンの多くの子どもたちを、
名だたる有名大学へ進学していく基礎を築いてきたのです。
今の教育を疑問に思うすべての人に、この希望を読んでみてほしい!


レイフ・エスキスの「子どもにいちばん教えたいこと」は(↓)こちら。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794216599?ie=UTF8&tag=isobehon-22

閉じる コメント(10)

顔アイコン

たーたんです。イソップさんはいつも読みたい本にどうやってであっているのでしょうか。どこで見つけてくるのでしょうか。あ〜すごく読みたくなってきました。
私も注文もしくは、なんらかの方法で読んでみます。

2007/12/20(木) 午前 10:12 [ kan*ta*aej* ]

思い出させてくださって、ありがとうございます。
また、ちゃんと読んでみたくなりました♪

2007/12/20(木) 午後 3:20 ぴんぴん

顔アイコン

たーたん、元気そうですね!
本を買うおカネがなくなってから、いい本に多く出会うようになりました。
この本も、向こうから僕の方へやって来てくれたんですよ♪

2007/12/21(金) 午前 1:01 イソップ

顔アイコン

ぴんぴんさん、日本人でも、
こんな本を書ける人が出てくるといいですね!

2007/12/21(金) 午前 1:08 イソップ

顔アイコン

http://blogs.yahoo.co.jp/starstory60/38571383.html
ご存知と思いますが、「キリスト者として今を生きる」のスター先生の奮闘記です。小学校で学ぶ姿勢が確立していれば、いいなあと同情しているのですよ。

2007/12/21(金) 午前 10:57 コロンブスの卵

顔アイコン

このサイトはよく知っています。
小学校で学ぶ姿勢が確立していれば・・・もう小学校は必要ないかもしれませんよ。
僕は、小学校は学ぶ姿勢を身につけに行く場所だと思うのです。

2007/12/21(金) 午後 1:53 イソップ

育児とか、教育って、すぐに結果が出るものではなく、何年も何十年もたってようやく結果となって表れることなのかなと思います。だから志望校ががどうだとか、内申がどうだとかより、どんな人間を育てていくかというその過程にこそ、価値があるのだと思います。大人になって思いだすのは、テストの点数なんかより、教科書に載っていないような、先生の「話」だったな〜と思います。

2007/12/21(金) 午後 5:12 [ Big Blue ]

顔アイコン

せっかく9年間も義務教育があるのに、小手先の知識ばかり詰め込んで、学ぶノウハウや生きるノウハウを身につけないで大人になってしまうから、けっきょく就職先を探すくらいしか生きる方法が思いつかない、視野の狭い人間しか育たないのだと思います。

2007/12/21(金) 午後 5:26 イソップ

顔アイコン

子供と図書館に行って、お借りしてきました。

私は、子供たちに、こんな風に人生を学んでもらいたい!

人から言われて、では無く。
しかられるのがいやだから、なのではなく。
褒められるのが、嬉しいからではではなく。。。ましてや、ご褒美があるからではなくて。

自分から。自分の意思で。
誰からも見られることが無くても。。。善いと思う事をすることができる人になって欲しい。
誰かの評価ではなくて、自分がどうありたいか、自分で考えられる人になってもらいたい。。。

こんなに素晴らしい先生に出会う事が無かったとしても、
自分で見つけてもらいたい。

教えたくてもなかなか教えられない事なのに。。。
エスキスさんはすごい人です。。。

2008/8/16(土) 午後 11:56 kyoumohinatabokkobiyori

顔アイコン

もしかしたら、まず大人が学ぶ必要があるのかもしれません。
特に日本では、その中でも富山県などでは保守的な教えが強くて、
子どもたちは受験用の知識を詰め込むか、大人に言われた通りにするか、
この二つが子ども教育の柱のようなものですから、
教える大人が「わかっていない」ことには、子どもが学ぶことは難しいのです。
それでも、子どもは可能性の塊ですからね!
良いきっかけにさえ恵まれれば、自分で自由に育っていくと思いますよ♪
僕らは少しでも、その手助けが出来ればいいですね〜

2008/8/17(日) 午前 10:43 イソップ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事