イソップ通信

世界は、広くて、深くて、面白い♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

この20年間で、日本人の価値観は大きく変わりました。
バブルの頃は、まだその変化に気付く人は少なかったのですが、
その後に始まった景気低迷の間に、失ったものに気付くようになる。
いつのまにか日本人は、おカネ以外の価値観を見失うほどに、
おカネに振り回される、心貧しい生活をするようになっていたのです。

世界では、ドイツのシュマッハーによる「Small is Beautiful」や、
イリイチによる、コンビビアルな道具を見直す動きなどがありました。
そして、作家ミヒャエル・エンデは、亡くなる前年の1994年に、
NHKのインタビューに答えて「新しい貨幣システム」を提案しました。
それが、番組「エンデの遺言―根源からお金を問うこと」として、
1999年に、NHK−BS放送(NHKスペシャル)で流されました。

当時の日本でも、利子によって増えるおカネに疑問を持った人たちが、
1995年頃に富山県のコインゼミ(小院瀬見)で勉強会をしたり、
翌年にはもう北斗出版から「エコバンク」という本も出版されたりと、
新しいおカネを模索する活動がなかったわけではありません。しかし、
企業、マスコミ、行政を巻き込んだグローバルキャンペーンの嵐で、
その後の10年は、おカネが信仰されるまでに絶対的価値になりました。
その真ん中で、「エンデの遺言」はオンエアされていたのです。

僕はこの番組を、当時は見ておらず、ただおカネ社会に嫌気が差して、
ちょうど自律神経がおかしくなったのを機に、東京での仕事を辞め、
富山へ引っ越して、のんびり暮らしを始めた年でもありました。
ところが2年後の2001年の9月11日に、NYテロ事件が起きると、
その原因がグローバル経済を柱とした、おカネの問題だと気付いたので、
どんな田舎暮らしをしていても、戦争に巻き込まれる可能性があると感じ、
そうでない社会、問題を起こさない社会を求めて自然農を始めました。

こうして2002年以降は、富山県ではまみあな活動に参加し、
東京では日本自立プロジェクトや、フィロソフィア、平和映画祭など、
様々な活動に参加して、古民家再生や地域通貨にも挑戦したのです。
その間ずっと、問題の本質は「おカネ」だとわかっていても、
多くの市民活動は、貧困の問題を政治の問題としか認識しておらず、
特に富山では、利子のあるマネー経済自体が問題の本質だとは、
市民活動家のほとんどは、まだ気付いていなかったように思うのです。

それでも辛抱強く月日は流れ、地球温暖化での環境保護の意識や、
原子力発電の是非を問う運動や、そして大地震による原発の恐怖など、
大企業や政府が押し進める経済政策に疑問を持つ人が増えてきて、
この国が抱える800兆円の借金こそ、貧富の格差を作っていると知る。
そんな気運がすっかり高まってきていたのですが、その全体像は、
依然として捉えがたく、全容を見せてくれる平易な本はありませんでした。
ところが今回、満を持したように、一冊の本が出版されるのです。

僕はたまたま販売日よりも先駆けて読ませていただきましたが、それが、
2008年1月25日発売予定の「おカネで世界を変える30の方法」です。
この本には、メガバンクや郵貯の貯金が戦争資金になっていることや、
公共事業に何故無駄遣いが多いか? 途上国援助が何故貧困を生みだすか?
借金大国のアメリカが何故経済大国でいられるのか? などの国際問題から、
オール電化住宅は本当に環境によいのか? NPOバンクとは何か?
なぜ働いても働いても楽にならないのか? 信用取引の何が問題なのか?
マイクロクレジットとは? 企業の社会的責任は? 地域通貨とは?

こうしたおカネにまつわる、ほとんどあらゆる話題が網羅されて、
どのように解決していけばいいかの、ヒントを与えてくれているのです。
しかもそのヒントは、専門家やタレントにありがちな卓上の理論ではなく、
書いている人たちが、すべて実際に活動されている経験者であることで、
問題の本質を見失うことなく、挑戦する価値のある提示をされている。
30もの項目は、それぞれ独立して、詳細までは書かれていませんが、
おカネ社会の何が問題なのかは、全体としても個々の問題としても、
おカネに洗脳された初心者にも、十分わかるように書かれているのです。

この絶大な信仰としての「おカネ」と、どう向き合っていけばいいのか?
カルト教団そのままに、おカネを巡っては殺人も戦争も辞さない人がいる。
この危険な信仰を、そのままにしておいていいわけがないのです。
この本はその魔法を分析してみせることで、魔力を取り除いてくれます。
この本に書かれている30項目は、どこから読んでもかまいません。
どの項目も、何のことかまったくわからないとすれば、重症です。
一つでも二つでも納得できる項目があれば、もう少し読んでみてください。

そうすれば、きっと何かが晴れるでしょう。
その何かは、おカネよりも人を幸せにしてくれるのです。


田中優+A SEED JAPAN「おカネで世界を変える30の方法」は(↓)こちら。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4772603867?ie=UTF8&tag=isobehon-22

閉じる コメント(19)

顔アイコン

イソップさん、いつも貴重だったり、ステキだったりの情報をありがとうございます。
私もさっそくアマゾンに注文しました。
余談ですが、お正月なので、気分転換にジャンルの違う本も合わせて注文しました。なんだと思いますか?
大崎善生さんの「スワンソング」です。

2007/12/27(木) 午後 0:49 [ mie**tusi* ]

顔アイコン

う〜ん、あまりにも純粋な恋は、若い頃だけで十分!って気もするのですが、
年を経てから読むと、どんな気分になるのでしょうか?
って、それは単に、僕が汚れたエロ爺(←そう呼ばれることがあります(^_^;))ってこと?

2007/12/27(木) 午後 1:00 イソップ

顔アイコン

ははははは♪
私はどちらかというと、○○婆とは対極にいるのかもしれません。
イソップさんが、何事にも情熱的に立ち向かえるってことは、いまだに恋愛感情も健在ということではないでしょうか。
私はふだん、ノンフィクション世界にどっぷり浸かった毎日だし、また男女平等、人間平等を唱えていますが、フィクションの世界への夢も捨てたわけではないので、お正月くらいはと読んでみるこに・・・さて、どんな読後感になるでしょうか?お楽しみに♪

2007/12/27(木) 午後 2:38 [ mie**tusi* ]

顔アイコン

なるほど。しかし大崎さんの名前は、「善く生きる」そのまんまですからね。
僕なんか、「遊びをせんとや・不良中年ノート」なんて本を出しているので、これもまた対極ですか!
毒気に当たってみたくなったら、こちらの方も読んでみてください。
あまり女性には、うけないかとは思いますが・・・(^_^;)

2007/12/27(木) 午後 5:52 イソップ

顔アイコン

ワシも、最近までは「お金信奉者」でした。
長く労働運動などをして、目標は豊かな生活(物質的)。
ところが、子育ての時期からだったかな?
環境問題が気になりだし、とんでもない価値観で
生きていたと思うようになりました。
多くの人に、情報を提供するのは難しいですが、
今は、ただ無心に情報を発信するのが務めかと。。。

2007/12/27(木) 午後 9:12 シカリ

顔アイコン

どこぞの行政や大企業のように、都合のいい情報を一方的に発信するのではなく、
様々な違う意見と情報交換することにによって、よりよい在り方を探り続けていきたい!
それが「善く生きる」ってことなんだろうと思うのです。

2007/12/28(金) 午前 0:40 イソップ

顔アイコン

この本、昨夜発注しました。
年末年始で読めるので、楽しみです。

2007/12/28(金) 午後 1:45 シカリ

顔アイコン

現代の日本で一番大きな問題は、おカネの問題です。
今までなかなかそうした話は、一般に通じませんでしたが、
この本が出たことで、一つの起爆剤になればいいと思います!

2007/12/28(金) 午後 4:51 イソップ

顔アイコン

わたしもこの本を待ちにまっていたひとりです。田中優さんの関わる本はどれもおもしろくて役に立ちます。ブログにイソップさんのこのページを紹介しました。
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2007/12/blog-post_27.html
2008年もよろしくね。

2007/12/30(日) 午前 3:00 [ きくちゆみ ]

顔アイコン

ゆみさん、ありがとうございます。
人任せにするのではなく、自分たちで気持ちの良い社会を作っていきたいものですね!
これからも、よろしくお願いいたします!
2008年が良い年になりますように♪

2007/12/30(日) 午後 4:39 イソップ

顔アイコン

私もさっそくこの本をamazonで注文してみます。わかりやすい本を待ち望んでいました。

2007/12/30(日) 午後 7:57 sta*sto*y60

顔アイコン

この本は、来年大きな話題になるでしょう。この真意がどこまで伝わるか? マスコミが取り上げる勇気があるか? 試される気がします。

2007/12/31(月) 午前 2:54 イソップ

顔アイコン

ご紹介ありがとうございます。きくちゆみさんも郵貯などの預金が戦争資金になってるからそれを解約してクリーンなエネルギー開発してる所にまわしましょうと言ってました。
内橋克人「悪夢のサイクル」読んで今の格差が内需拡大、規制緩和といってる頃より仕組まれていたと合点がいきました。「マネー」の事も。

2008/1/5(土) 午後 4:40 hitomi

顔アイコン

自分の利権確保に奔走する議員と、それを暴く議員、
いったい国民の将来を思って政策を考えている議員はいるのでしょうか?
そんな風に考えるうちに、政治家などに期待しないで、まずは自分で出来ることをやろう!
と思うようになって、これが僕の生き方のスタンスになりました。
そうすると、おカネよりも大切なものがあることに気付くのです。

2008/1/5(土) 午後 8:07 イソップ

顔アイコン

興味深い本ですね。手にしたいと思いました。
ありがとうございました。

2008/1/6(日) 午後 10:24 [ - ]

顔アイコン

すでに関心を持っていた人は、全体の整理に役立つし、
あまり関心のなかった人は、入門書としても最適です。
多くの人に読んでもらいたいと思っています。

2008/1/7(月) 午前 3:11 イソップ

顔アイコン

さかまたさん、トラックバックありがとうございます。
おカネの問題、特に金融マネーがもたらしている問題は大きいのですが、
ほとんどの人は、その危険な破壊力に気付いていません。
少しでも多くの人と、拝金教を逃れた新しい価値観を模索したいものです!

2008/5/11(日) 午後 7:47 イソップ

顔アイコン

イソップさん、コメントありがとうございました。
多分、今必要なのは、明示的で分かりやすい、
問題の本質を提示する事なのではないかと思います。
そして様々な試みを提示し、実践してゆく事が必要なのかな。
と感じています。

2008/5/11(日) 午後 10:09 [ さかまた ]

顔アイコン

もう明らかになっている問題は多いのに、
その当事者が問題に気付かない振りをしているのか、
まったく改善しようとしばいようです。
それなら僕らは、なるべくお金に頼らない生き方をして、
勝手に幸せになってしまうのも有りだと思います♪

2008/5/12(月) 午前 0:30 イソップ

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事