イソップ通信

世界は、広くて、深くて、面白い♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
1966年に廃村となった、当時城端町の山外れ、
平野部と五箇山を繋ぐ要所であった、集落の歴史本を見つけ、
なにげなく読んだのですが、興味深く面白いものでした。
若杉集落と呼ばれたその場所は、加賀前田藩の時代に番所があり、
その頃からの歴史はわかっているようですが、実際には、
それ以前から、見えない場所に集落はあったようです。

なぜそのような見えないところに、数件の家があったのか?
その事情は何も記録が残っていないようで、わかりませんが、
五箇山の人が平地へ下りる、五箇山街道の「お助け小屋」ができて、
そこに住み着く人が定着すると、合流して暮らし始めたようです。
明治の時代には、番所はなくなって新しい道も開かれますが、
それまでは山の物資を里へ、里の物資を山へ運ぶ歩荷や、
やはり荷物を運ぶ御用牛を養って、生計を立てていたようです。

ほぼ100ページしかない、この冊子本が面白いのは、
明治期と思われる農民の様子が、写真で見られることで、
またその暮らしぶりが、詳細に書かれているのも興味深い。
昔の水車小屋や、5人でひき臼で籾摺りをする様子、
あるいは糸車で糸繰りする人の様子まで、写真があります。
さらには当時の人足(歩荷)が、80〜120キロの荷物を担ぎ、
山道を上り下りしていたと知って、驚くしかありません。

それにしても何故、不便に思われる山に多くの人が住んだのか?
この疑問に対しても、昔は生活必需品は山にあったと書いてある。
それはどのようなことかと言えば、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(1)山村には、年間を通じて尤も大事な薪が充分にあったから。
(2)山村には、毎日雨が降っても濁らないきれいな清水があったから。
(3)山村には、食べられる山菜が充分にあったから。
(4)山村には、里のように台風の被害がなかったから。
(5)山村には、食べられる野鳥や動物が多くいたから。
(6)山村には、昔は年貢や戦争がなかったから。
(7)山村には、屋根の材料になる茅やススキが充分にあったから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうした理由で、早くから人が住み着いていたというのです。

なるほど、水、食料、燃料、家材が豊かにあって、
戦争にも台風にも年貢にも悩まされない、恵まれた環境です。
このおかげで、日本中に餓死者がでた天明の大飢饉でも、
若杉には一人の餓死者も出なかった、と記されていますが、
この天明の大飢饉は、8年間も続いたようだから凄まじいですね。
大地震に始まって、大雪、大凶作、旱魃、洪水、疫病、台風と続き、
十年近い長期に渡る、大災難の時期だったと書かれています。

現代社会では、様々なインフラを人工的に維持しているので、
何事もないときは便利だけど、何か一つ災害があれば、
たちまちにして、援助がなければ何も出来ない状態に陥ってしまう。
手に入れた便利さを手放すには、人間が軟弱になっているので、
これからはせめて、自然を大切にする事だけは疎かにしないで欲しい。
そうすれば、自然界の営みによって人間も救われますからね。

読んでみたいと思われた方は、
南砺市立城端図書館へお問い合わせください。
http://library.city.nanto.toyama.jp/library_detail.jsp?lc=4

閉じる コメント(12)

顔アイコン

今日はあまり書けませんが
いまさらながらほんとにそう思いますよ。

2011/3/16(水) 午後 0:09 [ kunkun193 ] 返信する

顔アイコン

ぁ、なるほど〜^0^
山村だと、年貢に関しては「納めに行く」のにも「取りに行く」のにも”手間”がかかりますもんね^▽^
逆に考えると、そのへんから学習したぉ役人さんたちが、自然の中に平然と道路を作って”経済活動”を賑やかにしたかったのかもですねww

2011/3/16(水) 午後 2:55 にしむら 返信する

顔アイコン

kunkun193さん、今度こそ、
豊かさの定義を考え直す社会になって欲しいです!

2011/3/17(木) 午前 0:17 イソップ 返信する

顔アイコン

にしむらさん、本来の政治は、弱い人を助けるためのものなのに、
現代では、利権者を手助けするために政治があるみたいですね!
もう税金を納めたくない!って人が出てくるのも当然で、
自民党にも民主党にも、いいかげんうんざりです!

2011/3/17(木) 午前 0:21 イソップ 返信する

ご訪問ありがとうございます。
ワタシのログなどより内容が濃くて。
まあ、気が向いたらまた遊びに来てくださいまし^^

2011/3/17(木) 午前 1:30 [ しおから ] 返信する

顔アイコン

ようこそ、いらっしゃい!
いろいろ意見交換していきましょう。

2011/3/17(木) 午前 1:38 イソップ 返信する

顔アイコン

富山でも、東北でもない東京在住のものです。でも、すばらしい企画だと思います。被災者の方々にも、行政にも、そして、祈り、義援金、節電その他小さなできることをするしか何もできないと感じている私のような他の地域の人にも、希望が持てます。これが、富山にとっても、きっと活性化になり、このような人のあり方、心のあり方、具体的アクションがいかに大切かを示してくれるものだと思います。富山はたくさんの部屋がある家が多いと聞いています。災害が少ないところだとすると、大変ありがたいです。

2011/3/17(木) 午後 1:20 [ snh*m* ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます!
普段から、人は皆繋がっていると思っているので、
今回は皆が同じことをするのではなく、
それぞれの役割があるだろうと思って考えました。
幸い僕の周囲には、同じような考えの人が多いので、
ささやかでも出来ることで、協力したいと思っています。
こうした活動が、全国に広がることを祈ります!

2011/3/17(木) 午後 3:01 イソップ 返信する

顔アイコン

集落の歴史本。。。とても興味が湧きます。
山村には生きるための必需品がそろって居ますね。
我々は余りにも文化的な生活を追求しすぎました。
自然がどれほど大切かを改めて教えられた本だと思います。

2011/3/18(金) 午後 8:46 ☆siruku4442☆ 返信する

顔アイコン

停電になっただけで、何も出来ない人たちを見て、
そちらの方が心配になってしまいました。
オール電化住宅ほど、人間を無力化するものはありません。
動けない老人ならともかく、もっと自分で工夫して生きたいものだと思うのです。

2011/3/18(金) 午後 11:44 イソップ 返信する

こちらの記事、転載させてくださいませm(_ _)m
もし、不都合などありましたら、削除いたします。

2011/3/23(水) 午前 4:01 にしむら 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。
なにも不都合はないので、転載可にしておきました。

2011/3/23(水) 午前 9:56 イソップ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事