イソップ通信

世界は、広くて、深くて、面白い♪

市民活動ネット

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

大長谷で芋煮会

イメージ 1

今年は自然農の集まりには、ほとんど参加できませんでしたが、
大長谷の石黒家には何度か行って、昨日の芋煮会にも参加しました。
ちょうど紅葉が真っ盛りで天気も良く、山は煌めいて美しく、
快適にいくつもの山を越えて、八尾の山中深くへ分け入りました。
この山道はけっこう曲がりくねって、片側が深い川だったりするので、
妻は自分では運転したがらないし、僕が飛ばすと車酔いします。

幸い姫は大丈夫なので、妻には申し訳ないけど飛ばして走るのは、
やはり距離が遠いからで、我が家からは1時間半ほどかかる。
しかもそのほとんどが山間ですから、少しでも急いで行こうとすれば、
どうしても急ハンドルが多くなって、けっこうな揺れになります。
山での暮らしをしたいと言う妻ですが、車で往復できないようでは、
山中暮らしは難しいだろう、と言うしかないのですが・・・

石黒家に到着してまもなく、庭にテーブルが並べられると、
例年通りの芋煮会の始まりですが、今年も美味しい料理が並ぶ。
毎年石黒さんが用意してくれる、山菜の煮物や豆料理も美味しい上に、
参加者の人たちも、皆さん自然農をやっている人たちなので、
自然農による収穫を、さらに工夫を凝らして料理して持ってくる。
この持ち寄り料理も美味しいので、いつもながら食べ過ぎます。

さらに毎度のことなのですが、美味しい料理を前にしてしまうと、
写真を撮ることなど忘れてしまうので、今回も料理の写真はありません。
食べるだけ食べて、子どもたちと一緒に遊ぶだけ遊んでから、
ようやく写真を撮ることを思い出すけど、その時はもう遅いのです。
仕方がないので今日の写真は、3時過ぎに屋内で食べたデザート、
と言うか、これも持ち寄りの手作りお菓子で、これがまた美味しいのです。

子ども達だけでも10人ほど来ており、大人を入れると30人くらい、
みんな自然農をやっている仲間だから、自ずと価値観も似ています。
幼い頃にアトピーで、肌がボロボロだったような女の子が、
いつの間にかきれいになっているのを見ると、自然農は凄いと思う。
人は食べるものによって作られる、この当たり前のことがよく分かり、
今では自然農による食生活を、やめられなくなっているのです。

自然農を続ける人は、どちらかと言えばお人好しな人が多くて、
お互いの信頼関係も強いから、妻も緊張しないで付き合えるようです。
こうした人たちが、身近にもっと増えてくれたら良いのでしょうが、
現代のように生きにくい時代には、多数派になることは難しい。
この貴重な心優しい人たちと、自然農によって繋がっていられることを、
ありがたく思って、この関係を大切に育てていきたいと思うのです。

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

寺子こども園グループ?の主催で、今年も開催されたマルシェですが、
開催場所は井波瑞泉寺の境内にある、瑞泉寺会館の2階ホールです。
この瑞泉寺会館は、僕が子どもの頃に姉のバレエ発表会があって、
その時初めて入った記憶があるのですが、なかなかしゃれた作りです。
もう50年以上前のことになりますが、この建物はもっとずっと古くて、
太子伝の賑わいから総働まで、いろんなことを見てきているでしょう。

そんな瑞泉寺会館のほのぼのマルシェで、今年も多くの出展参加があり、
30店舗以上が並んでいますので、見て歩くだけでも楽しい空間です。

ちびてらshop ・・・・特技を活かしたチャレンジショップ
AYCcafe ・・・・・ランチ・スイーツ・雑貨
akipeko sweet kitchen ・・・焼き菓子
petit*Ange ・・・・・焼き菓子・季節のコンフェチュール
にこまる ・・・・・・米粉ワッフル・布小物
じゅうべいグループ ・・・カイロプラティック
noyer   ・・・・・・リバティくるみボタン
リールポルテ ・・・・オルゴナイト
茶曼² ・・・・・・・・玄米菓子
rimuru ・・・・・・・アクセサリー
carino ・・・・・・・手作りくまさん
お着付け処 月や ・・・子ども着付け体験
ニット小物のお店 ME・・・ニット・小物
mer  ・・・・・・・手芸材料・ハンドメイド作品
アトリエ☆kirari ・・・天然石アクセサリー&アート作品
・・
・・・
まだまだありますので、直接マルシェでご覧ください。
本日21日の、15:30までやっています。

今回特に面白い企画として、注目しているのが、
寺子応援団の企画で「かえっこバザール」があります。
使わなくなったおもちゃやCD、アクセサリーなどを持ち寄って、
「おもちゃ」と「おもちゃ」の取り替えっこをするのですが、
持ってくる物がなくても、じゃんけんでポイントがもらえます。
ポイントに応じて、いろんなものと交換できるのが面白い。

昨日の様子を見ていると、子どもたちに大人気で、
このコーナーに座り込んだまま、動かない子もいました。
小さくなった洋服や、要らなくなった小物などもあるので、
子どもを連れて見に来れば、きっと欲しいものが見つかります。
食べ頃のものもたくさんあるし、トランポリンもあるので、
家族できても、楽しい時間を過ごせるますよ!

この記事に

開く コメント(0)

縁あって・・・

イメージ 1
山下さん親子と緒方さん

たぶん僕の人生は、縁によって生まれ、
その後も様々な縁が、次々に繋がって育ち、
今に至っているのだろう、と受け取っています。
何か絶対的な使命とか、普遍の価値とか、
唯一神のようなものとは、まったく関係なく、
明日のことさえも、縁次第でどうなるか知れない。

一見根無し草のようで、いい加減と思われる、
確たるものが無いのかと思えば、実はそうでもない。
それぞれの縁の受け止め方に、僕の個性があって、
どう受け止めて、どう反応するかは僕次第。
その結果が今の自分であり、生涯を通してみれば、
これが僕の生き方、僕の人生そのものとなる。

さらに不思議なことは、こうした縁ってものは、
出会ったその時には、気がついていなかったりして、
後になって思えば、あれがターニングポイントと気付く。
さらに心しておくべきは、少なくとも僕の場合は、
様々な縁を広げてくれる、核になる縁がありました。
現在の僕にとっては、山下さん母娘でしょう。

僕が富山県の井波に戻ったのが、2000年で、
翌年にはNY911事件があって、世界が動き出す。
インターネットによる、グローバル社会が始まり、
僕らは否応なく、リアルタイムの世界市民となりました。
そして自然農と出会い、まみあな活動に関わった後、
北陸平和映画祭を開催して、山下さんと知り合います。

その後はシャキットの一員として、政治参画や、
新しいまちづくり、男女平等などの活動に関わります。
この頃には、すでにイソップ通信を書き始めてましたから、
ブログ内を検索すれば、記録や情報は残っているはず。
僕自身が高齢化などで動けなくなれば、このブログを見て、
また追体験できるのではないか、と楽しみにしています。

そして昨日も山下さんのご縁で、読書会に参加して、
新しい繋がりが生まれ、多くのことを語り合ってきました。
人生は簡単には終わらないようで、生きている限り続く、
ご縁によって広がる世界を、眩く受け止めています。
シネマテック。アーキテクチャ東京の、緒方さんたちも、
貴重な機会を与えていただき、感謝するしかありません。

世界は本当に、広くて深くて面白いのだと感じます!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

シネマティック・アーキテクチャ東京、が企画したイベントが、
今月10月11日(木)〜15日(月)にかけて、高岡で行われます。
展示&ワークショップと言うことで、詳細は以下の通り。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
富山をはじめとする北陸地方では、これまでその地を舞台にした映画・アニメ・
マンガ・小説など、多くの文芸作品が生み出されてきました。それら作品の、
”描かれた女性たち”に注目し、その女性像や生き方や考え方や夢、物語での役割
などを取り出し、それらを表現しながら、皆で考え、語り合い、まちのビジョンや、
まちづくりのヒントをさぐるワークショップを、富山県高岡市で過去3年間にわたり
開催してきました。

今回は、そこで参加者の皆さんが表現したものを中心とする展示や本テーマに添う
ワークショップ、ディスカッションを開催します。富山・北陸の作品が知りたい方や
お好きな方、映像・建築・文学・サブカルチャー・芸術にご興味がある方は、
どなたでもご参加可能です。専門知識やクリエイティブ・スキルは必要ありません。
どうぞご気軽にご参加ください。

【日程】
展示「北陸の女性を描いた作品に影響を受けた過去3年の表現を中心に」
  10月11日(木)〜15日(月) 11:00〜18:00 (参加費無料)

ディスカッション「描かれた富山・北陸の女性から学ぶ未来、まちづくり」
  10月13日(土) 11:00〜12:00 (参加費無料)

ワークショップ「万葉集に描かれた北陸の女性たち」
  10月14日(日) 14:00〜16:00 予約制 参加費500円(資料代)

ワークショップ「小説『青桐』読書会」(ファシリテーター:自然農実践者・磯辺文雄)
  10月15日(月) 14:00〜16:00 予約制 参加費500円(資料代)

ワークショップ「きっと、会うたこともない、誰かのため(に) シーズン3」
  10月11日(木)11:00〜18:00・15日(月)11:00〜14:00 予約制 参加費500円

【会場】
ギャラリーVenere (富山県高岡市駅南5-3-1/JR高岡駅瑞龍寺口より徒歩1分)
 TEL 0766-25-0256

*高校生以上どなたでもご参加可能です。 
*エントリーいただく頂く際に、お好きな、または気になる北陸の作品がありましたらお知らせ下さい
  (任意です)。 
*市外、県外、北陸以外の方、グループでのご参加も歓迎します。 
  一般の方、社会人の方はもちろん、建築、都市計画、デザイン、美術系専攻の大学生の方の
  ご参加も歓迎します。 
*ボランティア・スタッフを募集しています。(シネマティック・アーキテクチャの手法や魅力に
  企画段階より接していただけます) 
* English speakers are welcomed. Please have a look at our English website.
  (英語のできる方もご参加できます) 
* ご質問もお気軽にどうぞ。

主催:
  シネマティック・アーキテクチャ東京(CAT) 

後援:
  北日本新聞社/ 富山県文化振興財団 / 富山県 / 高岡市 / 高岡市教育委員会

協賛:
  ギャラリーVenere 

協力:
  NPO法人プロジェクトひと・みち・まち
  NPO法人 日本都市計画家協会 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上。

なおこの企画の詳細、及びシネマティック・アーキテクチャ東京に関しては、
以下のサイトから内容を見ることができますので、ご覧になってください。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

僕が参加している、市の3つの会議・委員会の中で、
最も活発に意見交換を行うのは、まちづくり推進会議です。
「協働のまちづくり」を謳って、南砺市が動き出した当初から、
まちづくり条例を作って、現在の推進会議になるまで、
ずっと関わりながら、意見を言い続けてきた会議でもある。

関わっている人たちも、市側市民側共に熱心な人が多いので、
自然と議論も白熱することが多いのですが、最近の僕は、
どちらかと言えば、距離を置きたくなってきています。
協働のまちづくりにおいて、いくつかの決定的な問題点が、
解決されないままに、現在に至っているからです。

一つは教育の問題で、まちづくりの将来を担うのは、
当然のことながら、現在の子どもたちであることは間違いない。
ところがこの子たちに対して、協働を教えないとすれば、
この子たちが大人になったときに、何も知らずに参加を求められ、
お年寄りが意見を束ねる、長老会になる可能性が強いのです。

全員参加による、協働のまちづくりを実現しようと思えば、
若い人にそうした考えを教えて、人間を育てていくことが必要です。
それをやっていないことに、とても深刻な危惧を感じています。
そしてもう一つが規模の問題で、全市民を同じように扱いたいなら、
同じような組織の中に、参入する権利があってしかるべきです。

ところが今の南砺市自治振興会は、規模があまりにも違いすぎて、
個々の市民声が届かないばかりか、市側の声も市民に届かない。
市が何をしようとしているのか、知らない市民が大勢できてしまいます。
今回問題になっている、若い人や女性が協働を知らないと言うのも、
最初からこうした問題、を含んでいたと言うことでしょう。

それでも現状はなんとかしたいので、いろんな人が知恵を出し合い、
今年は小規模多機能をテーマに、協働のまちづくりが推進される。
だけどこれも最初から問題があって、協働の原則である、
市民との情報の共有がされておらず、知らない人がけっこう多い。
そこに規模の問題が潜んでいる、と僕は考えるのですが・・・

規模の大小がどうして問題なのか、理論的に証明しろと言われて、
まさか理解しない人がいると思わなかったから、言葉に詰まる。
僕以外に誰もそう思わないなら、それはそれで仕方ないのでしょう。
そして小規模多機能が推奨されて、来年度はそれで動きますが、
やはり解決されなくてはならない、問題は続くのです。

この記事に

開く コメント(0)

全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事