イソップ通信

世界は、広くて、深くて、面白い♪

市民活動ネット

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

15年間にやったこと

イメージ 1
今では懐かしい北陸平和映画祭のチラシ

15年間続けたブログなので、この間に何をやってきたのか、
最後に振り返りをしておくのも、何かの意味はあるだろうと思う。
特にこの「市民活動ネット」は、具体的な活動記録なので、
この間に自分が何をしていたのかは、自分でも興味深いのです。
富山へ戻って最初にやったのが、N.Y.911テロを受けた、
平和活動でしたが、これは主に東京を中心とした活動でした。

JJプロジェクトに参加して、MLを中心に意見発信して、
時々行われた東京でのミーティングにも、参加していたのです。
そして東京平和映画祭に、スタッフ参加するようになると、
富山で自然農に参加するようになり、砺波で”まみあな”を始める。
このまみあな活動は、僕は一年しか参加できませんでしたが、
自分が何をやろうとしているのかを考える、貴重な体験でした。

JJプロジェクトの合宿を、まみあなでしたのも思い出深く、
ここで知り合った人たちは、その後の僕の貴重な宝物となりました。
翌年には沖縄へ渡って、伊江島平和映画祭を実現できたのも、
大勢の仲間に助けられてのことで、素晴らしい思い出となっています。
そして2006年の5月には、このブログで紹介している通り、
北陸平和映画祭を実現して、ここでも大勢の人と知り合いました。
鎌仲ひとみさんや田中優さんと親しくなったのも、この頃です。

「女性の政治参画」では、高岡市長や国会議員とも意見交換して、
原子力政策への反対や、男女共同参画を申し入れたりしていたのです。
この頃は高岡での活動が多く、ぴ〜す・フィルム・ネットとして、
Eネットのメンバーとなって、様々な勉強会を開催していたのです。
その他「ネットワーク地球村」「ガイアの集い」「ピースウオーク」
「富山自然農を学ぶ会」「まみあな活動」「シャキット富山」
「公共哲学ネットワーク」「憲法9条懇談会」等々の活動があります。

アースディに顔を出すようになったのも、この頃でしたし、
2007年には、合併して大きくなった南砺市で自主講座も企画。
「市民活動・入門講座」を開いて、市民活動の広がりを促すと、
自分も富山県民生涯学習カレッジ、学びのリーダー育成セミナーに参加。
この頃はまだ原発の安全神話が信じられていましたが、そんな中で、
「六ヶ所村ラプソディ」や「みえない雲」の上映会も開催したのです。

池田晶子さんを取り上げた、読書会をしていた頃に自宅で取材があり、
KNBの報道政策局の人と、自然農の話題で盛り上がったりした。
「国会ネット」県議会ネット」「高岡市議会ネット」を何度も開催し、
その報告なども、このブログにアップして公開していました。
高岡市長との意見交換は数多く、その後市長は国会議員となって、
ほとんど交流がなくなったのは、なんとも残念な気がします。

高岡市の活動ではその後も、まちづくりに関わり続けるために、
「NPOひと・みち・まち」が立ち上げられて、今も続いています。
僕自身は南砺市に田中市長が誕生して、協働のまちづくりが始まると、
次第にそちらの活動が中心となって、高岡市・富山市とは離れます。
僕のテーマは「協働のまちづくり」と「生き方としての自然農」となり、
この流れに沿って、読書会や雑穀料理教室などを開催していました。
僕は今よりも元気で、南砺市の市民活動はようやく広がりを見せていた。

富山県市町村新人研修セミナー、とやまNPO協働チャレンジセミナー、
個人企画としては、「DVDで考える21世紀・僕らの課題」など。
2010年前後は、自分でも精力的に市民活動をしていたと思いますし、
その中心となったのは、平和活動と脱原発そして生き方の事でした。
どう生きれば良いかが直接テーマとなり、ブログも精力的に書いていた、
それが2011年の3月11日に、大きな挫折を味わうのです。
危惧したとおりのことが、現実になってしまったのです。

2011年には”ひとのま”が開設され、僕は自然農のエリアを広げ、
井波では八日町で、「縁カフェ」がオープンしていきます。
市民活動の方向を探るために、四国での研修に参加したときは、
現在の妻である女性と知り合って、家族を持つことを考えました。
マルシェや食事会が、僕の市民活動の中心に上がってきて、
政治的な課題は、少しずつ関心を失っていったのかも知れません。

イメージ 1

昨年2018年の12月に、ニューヨークの国連総会において、
小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言(小農の権威宣言)が、
賛成多数(121カ国)で可決されましたが、日本は棄権しています。
これは2012年3月に提出された、小農の権利保護に関する報告書以来、
国連人権理事会諮問委員会で、6年以上にわたって議論されてきたものです。

残念ながら人権や自由の分野では、世界的に後進国である日本は、
この宣言も投票を棄権しましたが、世界の趨勢は変ることがありません。
ちなみに国連総会の採択では、賛成121カ国、反対8カ国、棄権54カ国で、
反対したのはアメリカ、イギリス、オーストラリアなど既得権所有国です。
「人権は当然尊重されるべきだが、種子など個別の権利を上乗せすることは、
まだ国際社会で議論が成熟していない」(日本国外務省人権人道課)

米国以外の先進国も、農業開発や農地投資などのビジネスを抱えており、
小農の権利を否定しないものの、これで世界の農業のあり方が仕切られることを、
警戒して嫌がったことは、誰が見ても間違いの無い事実でしょう。
世界経済は金融利子の問題を抱えて、あるいは投資利益の問題を抱えて、
袋小路に迷い込んだまま、いつ抜け出せるか見当が付いていません。

そうした金融大国は、かつての世界大航海時代のオランダやスペインのように、
やがて没落して新しい国々の繁栄を迎えるのか、このまま成長を続けて、
どうにもならなくなって破綻するのか、どちらかになるしかないでしょう。
経済と言えども、実効支配が伴わなければ誰も言いなりにはならないわけで、
その実効支配は、限りなく軍事的な実効支配と連携しているのも事実です。
だからこそアメリカもイギリスも中国もロシアも、軍事力を重視する。

世界の目指すべき方向を示した、国連のSDGsが掲げる人権は、
決して北朝鮮やアフリカの内戦する国々など、軍事的な抑圧ばかりでなく、
もっと誰にとっても身近に、自由に生きる事への権利でもあるのですが・・・
例えば日本人は、そうした自由度においてひどく束縛されていながら、
北朝鮮や中国の様々な不自由と比べて、自由に生きていると信じ込んでいる。

だけど実は世界的な視野で見れば、社会の寛容度は低いままだし、
女性や子どもの人権に関しては、口にするのも憚られる雰囲気さえある。
そして実際に悲惨な事件が起きて初めて、新聞やテレビのマスコミが騒ぎ出し、
あたかも新しい社会情勢として、様々なコメントが飛び交うのです。
まさに原発事故がそうであったように、理性ある人々は危険性を知っていたのに、
事件が起きてマスコミが騒ぎ出すまで、危機はなかったことになっている。

土と農業と農村で働く人の権利においても、すでに危機的状況にあると、
知っている人は知っているのに、マスコミが報じないと「ない」ことになる。
ほんの50年前まで、この国を長く支えてきたのは土と気候と農業ですが、
この半世紀の間に化学薬品で土は疲弊し、気候さえ異常を来たして、
ついには農村の暮らしが、成り立たなくなってきているのです。

僕らはもう一度謙虚になって、社会は何処を目指しせば良いのかを考え、
多くの人が議論することで、社会的合意を持てるようにすべきだと思います。
協働も小規模多機能も、市民参画の合意によるまちづくりを目指すべきで、
その意味では、小農と農村で働く人びとに関する権利も同じ事です。
誰も置き去りにしないで、皆が自由に生きて幸せになれる社会造りを目指す、
僕はそのように信じて、自然農も続けて行こうと考えているのです。

イメージ 1

以前から案内してあったとおり、3月10日に、
八尾のコミュニティセンターで、映画「種子」上映と、
これにまつわる意見交換会を、行うことが出来ました。
前売り券を作らなかったので、何人集まるのか、
まったく予想できませんでしたが、60椅子は満席で、
立ち見の人もいましたから、70人は集まったでしょう。

映画の内容は、いわゆる種子問題を扱ったもので、
上映後の意見交換にも、50人近くが残って参加です。
映画の内容から、種子に関する意見も多かったのですが、
今回はそれに限らず、法律は何を守ろうとするのか?
僕らには何が出来るのか、と言った話題が広がりました。
参加者も多種多様で、広範な意見が出たのも良かったです。

僕が印象に残っている話しとしては、食品業者の人が、
富山県で遺伝子組み換えの植物がないか、調べたところ、
見つからなかったけど、他県では見つかっている話し。
また遺伝子組み換え飼料が増えてから、家畜の肉が変わって、
このまま食べ続けて大丈夫なのか、心配しているとのこと。
食品の遺伝子を検査する仕組みも、必要だと言います。

農協あるいはJAの問題も、取り上げる人が多く、
不要な農薬や肥料を、強制的に買わされる話しなどは、
今でも形を変えながら、続いていると思われました。
しかし個々人が出来ることは、ひどく限られているので、
社会の方向性を変えるには、多くの人が関わる共同体こそ、
重要な役割を担うとの意見が、皆の共感を呼びました。

日本人の傾向として、人と足並みを揃えることは得意でも、
自分が正しいと思うことを、積極的に言う人は少ない。
特に富山県はその傾向が強く、個人が正しいと思うことを、
貫こうとすると、何かと不利益さえ被ることが多い。
こうした状況を打ち破るために、何が出来るかと考えて、
まずは種子の「シードバンク」作りが、提案されました。

しかしこのシードバンクも、ちゃんと考えると難しい。
例えば持ち寄る種が、どこから仕入れたもので、
過去にどのように育てられたものか、履歴が必要です。
無農薬無肥料で育てられたか、耕した畝で育てられたか、
そうした履歴が分からないと、安心して使えません。
これらの問題をクリアした、シードバンクが出来るのか?

全体として、今まで知らなかった多くの問題に気付き、
さてどうしたものか、と言う状態ではありましたが、
まずは気付いたことで、自分に出来ることもあるでしょう。
今回はここに集まったことで、意識の高い人が多い事を知り、
しっかり考えて意見を言うことから、きっと未来は開ける。
そんな気持ちにさせてくれる、貴重な会となりました。

ベルマーク寄贈

イメージ 1

富山県内で活動する、ポットラックアクションプロジェクト、
と言う団体から、ベルマークを寄贈していただけることになりました。
寄贈先は寺子こども園ですが、寺子は小さなこども園ですから、
3年ほど前からベルマークを集めていますが、あまりにも量が少ない。
いつになったら何か買える点数が貯まるか、見当も付かなくて、
このまま何も買えないで終わることも、考えてしまいました。

ところが、僅かに仕事をお手伝いしているNPO法人PCToolのご縁で、
このプロジェクトを実行されている、林さんを紹介していただき、
今年のベルマークを寄贈していただける、と言うことになりました。
プロジェクトは主に、高岡方面で活動されることが多いにも関わらず、
今回はわざわざ、井波まで来ていただいての贈呈式となりまして、
代表はじめ5人のメンバーが、寺子こども園まで来ていただけました。

子どもたちも大喜びで、みんなでカートリッジの箱を運び込み、
5人のメンバーの前で、歌ったり踊ったりで歓迎したのです。
ポットラックの人たちは、既に仕事をリタイアした人で、
ちょうど孫を見るような優しい眼差しで、園児を見てくださいました。
園児たちもそれに応えて、みんなで楽しい時間を過ごせましたし、
またこれをご縁に、新しい繋がりが広がればいいと思います。

これだけのベルマークで何が買えるか、まだ分かりませんけど、
何が購入できるかよりも、こうした人の心が何よりも嬉しいのです。
特に認可外保育の「こども園」では、公的な運営費は無いに等しいので、
毎年運営には四苦八苦しており、こうした援助はありがたい。
それもこうして直接来ていただけることは、子どもたちにとっては、
自分たちが見守られていると勇気づけられ、元気になれるのです。

瑞泉寺の門前町として、他には見られない寺子の形を守って、
仏教と自然の教えを基に、元気よく外で遊び回る子どもたちの姿。
これこそ僕らの未来へ続く宝物ですが、行政をはじめとする社会的には、
彼らがコントロールできる認可が、様々な支援の重要な条件なのです。
彼らにはコントロールする権限が与えられ、様々な指示を与えることで、
自由ではなく、管理された未来社会を作っていきたいのでしょう。

自由に生きられることは、人類が獲得を目指している大きな宝ですが、
誰かの自由は、他の誰かにとっては面白くなかったりするようです。
そうした「我欲」のすべてを超えて、すべての人の「より自由」を目指す、
御仏の救済とはそう言うことではないか、と考えたりするのですが・・・
ともあれ人々に膳の心がある限り、制約されることのない自由によって、
より多くの人が幸せになることを、祈らずにはいられないのです。

イメージ 1

朝のNHK連ドラ「まんぷく」でも、何度も言っているように、
人間は食べることが基本で、生きるとは食べることをベースにします。
そして食べるためには、作物を育てて採取することが必要で、
そうした作業こそが、人が生きていくための基本とも言えるのです。
ところが現代では、この基本的な作業に大きな危惧が生じている。

世界的なグローバル企業となった、いつかの多国籍企業によって、
作物の種子が独占され、農民は自由に作物を育てられなくなっている。
遺伝子組み換えなどの作物が開発され、その作物の種子が自然交配しても、
特許登録された遺伝子構造によって、作物は企業のものとなるのです。
これによって多くの国々で、農民が苦しむことになっています。

日本でも昨年に種子法が廃止され、それまで国で保護された種子が、
企業の自由な競争と経済活動に、任せられることになりました。
これにより様々な品種が、企業の専有物となって個人は自由に使えない、
昔ながらの自家採取による種を使うことが、違法行為になるのです。
これでは安心して、農作業を続けることが出来なくなるでしょう。

あわてた生産地では、それぞれの県で独自の条例を作ることで、
作物を守ることを始めていますが、僕らはそれで大丈夫なのかどうか?
種子のことを取り上げて、中南米で起きた事態などを検証している、
ドキュメンタリー映画「種子」を上映して、みんなで考えてみませんか?
と言うことで、今回映画の上映会と意見交換会を行うことにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:2019年3月10日(日曜日) 午後1時半 開場
                 2時から 上映開始
                 3時から 意見交換会

場所:八尾コミュニティセンター 会議室
              (富山市八尾町井田126)
              センター電話=076−454−6555

料金:500円(茶菓付き)※学生無料

主催:富山自然農を学ぶ会
問い合わせ電話:076−458−1035(森自宅)夜間のみ

同時開催:固定種の種交換会
    (交換できる種をお持ちの方はご持参ください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事