イソップ通信

世界は、広くて、深くて、面白い♪

市民活動ネット

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

以前から案内してあったとおり、3月10日に、
八尾のコミュニティセンターで、映画「種子」上映と、
これにまつわる意見交換会を、行うことが出来ました。
前売り券を作らなかったので、何人集まるのか、
まったく予想できませんでしたが、60椅子は満席で、
立ち見の人もいましたから、70人は集まったでしょう。

映画の内容は、いわゆる種子問題を扱ったもので、
上映後の意見交換にも、50人近くが残って参加です。
映画の内容から、種子に関する意見も多かったのですが、
今回はそれに限らず、法律は何を守ろうとするのか?
僕らには何が出来るのか、と言った話題が広がりました。
参加者も多種多様で、広範な意見が出たのも良かったです。

僕が印象に残っている話しとしては、食品業者の人が、
富山県で遺伝子組み換えの植物がないか、調べたところ、
見つからなかったけど、他県では見つかっている話し。
また遺伝子組み換え飼料が増えてから、家畜の肉が変わって、
このまま食べ続けて大丈夫なのか、心配しているとのこと。
食品の遺伝子を検査する仕組みも、必要だと言います。

農協あるいはJAの問題も、取り上げる人が多く、
不要な農薬や肥料を、強制的に買わされる話しなどは、
今でも形を変えながら、続いていると思われました。
しかし個々人が出来ることは、ひどく限られているので、
社会の方向性を変えるには、多くの人が関わる共同体こそ、
重要な役割を担うとの意見が、皆の共感を呼びました。

日本人の傾向として、人と足並みを揃えることは得意でも、
自分が正しいと思うことを、積極的に言う人は少ない。
特に富山県はその傾向が強く、個人が正しいと思うことを、
貫こうとすると、何かと不利益さえ被ることが多い。
こうした状況を打ち破るために、何が出来るかと考えて、
まずは種子の「シードバンク」作りが、提案されました。

しかしこのシードバンクも、ちゃんと考えると難しい。
例えば持ち寄る種が、どこから仕入れたもので、
過去にどのように育てられたものか、履歴が必要です。
無農薬無肥料で育てられたか、耕した畝で育てられたか、
そうした履歴が分からないと、安心して使えません。
これらの問題をクリアした、シードバンクが出来るのか?

全体として、今まで知らなかった多くの問題に気付き、
さてどうしたものか、と言う状態ではありましたが、
まずは気付いたことで、自分に出来ることもあるでしょう。
今回はここに集まったことで、意識の高い人が多い事を知り、
しっかり考えて意見を言うことから、きっと未来は開ける。
そんな気持ちにさせてくれる、貴重な会となりました。

この記事に

開く コメント(0)

ベルマーク寄贈

イメージ 1

富山県内で活動する、ポットラックアクションプロジェクト、
と言う団体から、ベルマークを寄贈していただけることになりました。
寄贈先は寺子こども園ですが、寺子は小さなこども園ですから、
3年ほど前からベルマークを集めていますが、あまりにも量が少ない。
いつになったら何か買える点数が貯まるか、見当も付かなくて、
このまま何も買えないで終わることも、考えてしまいました。

ところが、僅かに仕事をお手伝いしているNPO法人PCToolのご縁で、
このプロジェクトを実行されている、林さんを紹介していただき、
今年のベルマークを寄贈していただける、と言うことになりました。
プロジェクトは主に、高岡方面で活動されることが多いにも関わらず、
今回はわざわざ、井波まで来ていただいての贈呈式となりまして、
代表はじめ5人のメンバーが、寺子こども園まで来ていただけました。

子どもたちも大喜びで、みんなでカートリッジの箱を運び込み、
5人のメンバーの前で、歌ったり踊ったりで歓迎したのです。
ポットラックの人たちは、既に仕事をリタイアした人で、
ちょうど孫を見るような優しい眼差しで、園児を見てくださいました。
園児たちもそれに応えて、みんなで楽しい時間を過ごせましたし、
またこれをご縁に、新しい繋がりが広がればいいと思います。

これだけのベルマークで何が買えるか、まだ分かりませんけど、
何が購入できるかよりも、こうした人の心が何よりも嬉しいのです。
特に認可外保育の「こども園」では、公的な運営費は無いに等しいので、
毎年運営には四苦八苦しており、こうした援助はありがたい。
それもこうして直接来ていただけることは、子どもたちにとっては、
自分たちが見守られていると勇気づけられ、元気になれるのです。

瑞泉寺の門前町として、他には見られない寺子の形を守って、
仏教と自然の教えを基に、元気よく外で遊び回る子どもたちの姿。
これこそ僕らの未来へ続く宝物ですが、行政をはじめとする社会的には、
彼らがコントロールできる認可が、様々な支援の重要な条件なのです。
彼らにはコントロールする権限が与えられ、様々な指示を与えることで、
自由ではなく、管理された未来社会を作っていきたいのでしょう。

自由に生きられることは、人類が獲得を目指している大きな宝ですが、
誰かの自由は、他の誰かにとっては面白くなかったりするようです。
そうした「我欲」のすべてを超えて、すべての人の「より自由」を目指す、
御仏の救済とはそう言うことではないか、と考えたりするのですが・・・
ともあれ人々に膳の心がある限り、制約されることのない自由によって、
より多くの人が幸せになることを、祈らずにはいられないのです。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

朝のNHK連ドラ「まんぷく」でも、何度も言っているように、
人間は食べることが基本で、生きるとは食べることをベースにします。
そして食べるためには、作物を育てて採取することが必要で、
そうした作業こそが、人が生きていくための基本とも言えるのです。
ところが現代では、この基本的な作業に大きな危惧が生じている。

世界的なグローバル企業となった、いつかの多国籍企業によって、
作物の種子が独占され、農民は自由に作物を育てられなくなっている。
遺伝子組み換えなどの作物が開発され、その作物の種子が自然交配しても、
特許登録された遺伝子構造によって、作物は企業のものとなるのです。
これによって多くの国々で、農民が苦しむことになっています。

日本でも昨年に種子法が廃止され、それまで国で保護された種子が、
企業の自由な競争と経済活動に、任せられることになりました。
これにより様々な品種が、企業の専有物となって個人は自由に使えない、
昔ながらの自家採取による種を使うことが、違法行為になるのです。
これでは安心して、農作業を続けることが出来なくなるでしょう。

あわてた生産地では、それぞれの県で独自の条例を作ることで、
作物を守ることを始めていますが、僕らはそれで大丈夫なのかどうか?
種子のことを取り上げて、中南米で起きた事態などを検証している、
ドキュメンタリー映画「種子」を上映して、みんなで考えてみませんか?
と言うことで、今回映画の上映会と意見交換会を行うことにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:2019年3月10日(日曜日) 午後1時半 開場
                 2時から 上映開始
                 3時から 意見交換会

場所:八尾コミュニティセンター 会議室
              (富山市八尾町井田126)
              センター電話=076−454−6555

料金:500円(茶菓付き)※学生無料

主催:富山自然農を学ぶ会
問い合わせ電話:076−458−1035(森自宅)夜間のみ

同時開催:固定種の種交換会
    (交換できる種をお持ちの方はご持参ください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事に

開く コメント(2)

こぢんまり感謝会

イメージ 1

昨日は自然農仲間で、今年一年の感謝会が行われ、
僕も参加して、しっかり美味しい料理を食べてきました。
とは言っても、皆さんはそうでもなかったようですが、
今年の僕の農作業は、あまりうまくいかずに不作でした。
例年なら今頃は、皆さんに古代米の注文を受ける、
案内を出していたのですが、今年はそれも出来ません。

去年とほぼ同じ面積に、同じような作付けをしたのに、
結果は散々で、去年の半分ほどの収穫だったのです。
去年一昨年とお世話になった、自然食品販売店に対して、
事前にお約束していた納品も、減らしていただいた。
自然が相手の作物なので、こうしたことも起きるのですが、
約束通りに行かないのは、やっぱり申し訳ないですね。

自然農仲間の皆が皆、不作だったのであればともかく、
上手に豊作だった人もいて、これは僕の未熟さでしょう。
考えてみれば今年は、春からの異常気象にも関わらず、
僕も妻も新しい仕事を始めて、その都合が優先されました。
沖縄行きの時期を、例年より早くしたこともあり、
田植え時期に体調を崩して、田植え後の手入れをカット。

沖縄から帰って、さっそく手入れを始めたのですが、
やや時機を逸していたし、この時機に異常天候が続いた。
稲の分蘖は少ないままに、出穂が始まってしまい、
やたらと草の多い田んぼで、右往左往していたのです。
自業自得ではありますが、肝心なときに手を抜くと、
これほどまでに影響があることを、再認識したのです。

それでも去年の半分近くは収穫して、やりくりを終え、
平成最後の年もあと数日、となってきたのです。
来週末には、今年最後の行事として餅つきがあり、
それが終われば、平成時代ともお別れになるのです。
よくぞ長く生きている気がするし、新しい時代を前に、
また何かもう少し、面白いことがありそうな気もする。

さあ気を引き締めて、今日は庭木の伐採です!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

南砺市には、様々な審議会がありますが、
僕はその中の3つの審議会で、公募委員になっています。
市の定めでは、一人3つまでしか公募委員になれない、
となっていますから、僕は他の審議会には応募できません。
だけど先日、僕が所属しているNPOから連絡があって、
理事長が出られない審議会に、代理出席して欲しいとのこと。

市に確認すると、今回の代理出席に関しては、
個人ではなくNPOの枠なので、代理出席は問題ないとの返事。
もともと昨年までは、参加していた審議会でもあるので、
資料をメール添付で送ってもらい、昨夜の会議に出席しました。
それが「第2回南砺市男女共同参画推進審議会」で、
理事長から言付かった意見も、しっかり届けてきました。

今回の審議会は、第2次男女共同参画プランに対して、
その成果目標や目標別施策について、意見を言うものです。
資料は事前にもらっていたのですが、読んでいてよく分からない、
成果目標指標と、具体的な施策との関連を質問してみました。
すると今回受け取った資料では、分からない材料が追加で提出され、
それを使っての説明で、ようやく理解できた部分がある。

審議会の委員長からも、受け取った資料ははしょりすぎで、
もっと実際の判断材料となる資料を、配布して欲しいと言われた。
審議全体としても、男女共同参画推進員の数を減らそうとする、
市側の意図が見えたりしたものだから、悲観的な発言が多い。
だけどこうした発言は、目標がはっきりしないので、
参加者の意気が上がらないことが、原因と見受けられた。

今回はその辺を中心に、僕なりの意見を言わせていただいて、
審議委員の皆さんや担当職員とも、活発な意見交換がありました。
南砺市は富山県内でも、他市町に比べて推進員の数も多く、
男女共同参画に対しては、意識が高いと思われている市なのです。
それが意気消沈していては、推進員が少ない地域の人に対して、
申し訳ない気持ちもあり、もっと活発な活動を期待したい。

大坪理事長からは、高岡での防災講座の盛り上がりや、
砺波市での女性防災士の数が、全地域に行き渡っている話しなど、
具体的な活動例が紹介されていましたので、最後にそれを報告。
今後の盛り上がりは、行動によって作っていくしかない、
と各自で確認して、今回の審議会参加を終えました。
皆さん活発な意見交換で、意義のある会議だったと思います。

この記事に

開く コメント(0)

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事