磯江通信

問われ続ける 寄せ場・監獄・貧困‥‥ 獄中33年

16号(2014.02)

すべて表示

磯江さんの便りから(抜粋)

³ 年賀状、ありがとうございました! 〖 2014 年 1 月 4 日付より〗 ˜ (上野智恵子さん→編注)<『釜ケ崎有情』ありがとうございました。ひきこまれて一気に読みました>とあります。江別は雪に埋もれているでしょう。同じ北海道なので特別の親近感を感じます。 ˜ 尾形(史人→編注)さんは沖縄で「海と畑に囲まれた生活」。工場で糸満出身の人がいて近くの八重瀬岳のガマの話をしたりしました。「通信」の 6.9 の返事をしていないので心苦しく思っています。 ˜ (田中→編注)慈照和尚さん、<馬並の元気が欲しい歳に負けぬ高齢者>。刀尽き矢尽きサンバラ髪で満身創痍の、追手におびえる落武者のような心すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

巻頭の写真

2015/7/9(木) 午後 2:52

表紙

2015/4/29(水) 午後 2:56

マリアヒルフ・リーニエのプロレタリア暴動  1848/3/13 (注)写真がアップできませんでした。    (以下同じく写真がアップできません。悪しからず) 良知力 ( らちちから ) (『青きドナウの乱痴気』『 向こう岸からの世界史』)によると、 城塞 ( じょうさい ) ...すべて表示すべて表示

磯江さんの便りから

2015/4/29(水) 午後 2:50

磯江さんの便りから(抜粋)    磯江 洋一 ―字数制限の厳格化の下、表現がかなり省略されており、礼を失している点があることを、読者の皆さんにお断りして下さいと、要請がありました。 今回は、磯江さんの、自分の個人史の記述に焦点を当てて抜粋してみました(編集委)。 【 2014 年 8 月 18 日】 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事