過去ログ倉庫

細々と連絡用、みたいな

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

大丈夫です。なんか急に宗教にハマったとかじゃありません。
哲学する人間は、宗教に興味を持っても、信仰はしないんじゃないかと思います。


ふと思いたって、般若心経をひもといています。
精神科のお医者さんが書いた本を読んでいて、治療者・患者双方に
「原始仏教哲学」にふれることを勧めていたんですね。


故あって経文は暗記済みなのですが、くわしい意味はしらなかったので興味を持ち、
文庫の解説本や、ネットでの解説をいろいろ読んでみました。


が、 現代語にしてもやっぱ難しい。全然ぴんとこない。
もっと易しい言い方でいってくれれば分かるのに・・・

というわけで、自分用に書き直してみたのが、以下、いっしー訳です。
ライターは、なんでもわかりやすくリライトしたがるのです。
意訳した部分もあるので、学術的にはそれなりの本を見てください。


意味不明だった経文を読み解くと、悩みと苦しみを取り去るための智慧を語る
実に鮮やかな詩篇だったことに感じ入り、座右として時々自分に処方しています。




仏説摩訶般若波羅蜜多心経 ぶっせつまかはんにゃはらみたしんぎょう
ほとけが説いた摩訶不思議な真実の智慧について


観自在菩薩 かんじざいぼさつ
宇宙で起こる全ての音=現象を観る方と呼ばれる観音菩薩という仏様が


行深般若波羅蜜多時 ぎょうじんはんにゃはらみたじ
かつて、人として真実の智慧について深く考え抜いていたとき、


照見五蘊皆空 しょうけんごうんかいくう
存在の五つの要素(色・受・想・行・識)とは、
実はすべてカラッポ、つまり、実体がないんだ、と見極めることで


度一切苦厄 どいっさいくやく
あらゆる苦悩を克服されました。


舎利子 しゃりし
弟子のシャーリシーよ。 
(そしてすべての仏弟子のみなさん!)


色不異空 しきふういくう
この世では、色、つまり物質には実体がなくて、


空不異色 くうふういしき
実体がないのが、物質なのです。

 (水が雪にも雲にもなるように、すべての物質はさまざまに形を変えるのです)


色即是空 しきそくぜくう
存在とはすなわちカラッポ、つまり実体がない、ということで、


空即是色 くうそくぜしき
実体がないことこそがすなわち存在なのです。


受想行識亦復如是 じゅうそうぎょうしきやくぶにょぜ
これと同じように、感じたり、知ったり 欲したり、判断したりする精神のはたらきも、
(喜んだり悩んだりする、とにかくすべての感情も)、実は実体が無いんです。


舎利子 しゃりし
仏の弟子のみなさん (もう一回いいますよ?)


是諸法空相 ぜしょほうくうそう
この世では、存在と精神のすべてが、「実体はない」という様相を呈します。つまり、


不生不滅 ふしょうふめつ
生まれもせず、滅びもせず

(死んだ生物の身体が、次の生物の命になるのですから)


不垢不浄 ふくふじょう
汚いも、きれいもなく、

(汚いと感じるのは綺麗が何かということの反対なので、つまり同じコトです)


不増不減 ふぞうふげん
増えもしなければ、減りもしません。

(私やあなたの身体を構成する元素は、一粒残らず我々が生まれる前から地球にあり、
 私やあなたが死んだ後にも、一粒の増減もなく地球に留まるわけですから)


是故空中 ぜこくちゅう
それ故に、このカラッポ=実体がないという事は何かというと、つまり、


無色 むしき
物質現象もなくて、


無受想行識 むそうぎょうしき
感覚、表象も、想いも、知識もなくて


無眼耳鼻舌身意 むげんにびぜっしんい
眼も、耳も、鼻も、舌も、身体はおろか、意識もなくて


無色聲香味觸法 むしきしょうこうみしょくほう
かたちも、声も、香りも、味も、触れられる対象もなにもありません。


無眼界乃至無意識界 むげんかいないしむいしきかい
目に見えるものも、心に想うものも、本当は一切なにもないのです。

(だからといって怖がることはないみたいですよ?)


無無明 むむみょう
明かりが無いって事もないから、迷うこともないんだけれど、


亦無無明盡  やくむむみょうじん
迷いがなくなることもない、ってことです。


乃至無老死 亦無老死盡 ないしむろうし やくむろうしじん
老いも死もなく、老いと死がなくなることもない、という結論に至るのです。


無苦集滅道 むくしゅうめつどう
苦しみも、苦しみの原因も、苦しみを滅することも、苦しみを滅する道もない。


無智亦無得 むちやくむとく
知ることもなく、得るところもない。


以無所得故 いむしょとくこ
それ故に、得るということがないのだから、


菩提薩捶 依般若波羅蜜多故 ぼだいさつた えはんにゃはらみたこ
菩薩が完成した(一切は空なのだと説く)般若波羅蜜多故の哲学にしたがえば、


心無罫礙 しんむけいげ
人は、心に掛かる悩みなしに生きてゆけます。


無罫礙故 むけいげこ
心に掛かる悩みがないとすれば、


無有恐怖 むうくふ
恐れもないわけで、


遠離一切顛倒夢想 おんりいっさいてんとうむそう
心が転倒してドキドキハラハラ夢想しちゃう状態からは遠く離れて、


究竟涅槃 くきょうねはん
永遠の平安の境地に至ることができます。


三世諸仏 さんぜしょぶつ
過去・現在・未来の三世において、


依般若波羅蜜多故 えはんにゃはらみたこ
いつでも存在するでしょう、この法則(般若波羅蜜多)を覚る人々(仏)は、


得阿耨多羅三貌三菩提 とくあのくたらさんみゃくさんぼだい
この上なくすっきりと目覚めて、恐れも迷いもなく生きることを得るでしょう。


故知 こち
それ故に、知るべきです。


般若波羅蜜多 はんにゃはらみた
(一切は空なのだと説く)この般若波羅蜜多とは


是大神呪 ぜだいじんしゅ
つまり、大いなる呪(シュ)=真言=唱えることで現実を変えるおまじない、です。


是大明呪 ぜだいみょうしゅ
つまり、大いに明らかにする真言、


是無上呪 ぜむじょうしゅ
つまり、無上の真言、


是無等等呪 ぜむとうどうしゅ
つまり、無比の真言は、


能除一切苦 のじょいっさいく
すべての苦しみを能く(よく)取り除くものであり、


真実不虚故 しんじつふきょこ
いつわりが含まれていない故に真実なのです。


説般若波羅蜜多呪 せつはんにゃはらみたしゅ
(一切は空なのだと説く)この智慧が完成した時、


即説呪曰 そくせつしゅわっ
覚った者=仏陀は、サンスクリット語で次のように話されました。


羯諦羯諦波羅羯諦 ぎゃーていぎゃーていはらぎゃーてい
ガテー ガテー パーラガテー
生きるものよ、生きるものよ、いつか死ぬ生きるものよ、


波羅僧羯諦菩提薩婆訶 はらそうぎゃーてい ぼーじそうわか
パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー
死んで彼岸にいったものよ、さとりと幸いあれ。



そうして、この真実の智慧が成就したのです。

----

*さて、だまされたと思って↓さぁどうぞ。
 うんこで哲学 http://blogs.yahoo.co.jp/isshy_0810/3826699.html

閉じる コメント(53)

顔アイコン

キリスト教は「神との契約」という意味で個人主義と書きましたが、言葉としては「個人主義」は当てはまりませんね。イスラム教ははっきり言って、殆ど知りません。いっしーさんの仰るように集団的なところが強いのでしょうね。ただイスラム教も、根本にはキリスト教的な要素があるということのようですが、「神と個人の契約」という部分は一緒なのかしら。「個人主義」というのは、やはり近代の精神が入ってきてからでしょうね。

2005/6/24(金) 午後 11:24 [ tra*mre*se*1 ]

顔アイコン

ですよね。イスラムはセム=ハム系3宗教のなかで一番若い。前段2つの失敗を受けて出来てたので、システム的には一番カタイよね。ユダヤは律法の数増やしすぎてワケワカメに人間性を失って破綻。キリスト教が、それへの抵抗として1個「汝の敵を愛せ」に集約。…したにもかかわらず、泥沼の宗教/民族紛争を引き起こしちゃったし。

2005/6/25(土) 午前 4:30 isshy☆

顔アイコン

最後にできたイスラムが、法律を詩にして皆で憶えようよ!!しょっちゅう集まると親しくなるからイイかも!…ってやった。。。イスラムは現代でも一番よく機能してると思うなー。評判の悪い一夫多妻制も、当時は民族紛争まくりの未亡人まくりな社会だったから、救済措置だったんだし。イスラムの結婚式は裁判所でやるらしいよ。奥さん同士つるむから、完全に平等に扱わないと両方の妻の実家から訴えられるらしぃ(笑) 過激派はヤバいけど、割と人を幸福(な感じ)にしてくれそうな宗教ではある>イスラム

2005/6/25(土) 午前 4:37 isshy☆

顔アイコン

そうそう、でも、イスラムの男性は花園かと思うとそうでもない。長男を作るまではなんとしても頑張らないといけないってんで、娘が続くと妻を増やしてみたりする、でもうまくいくとも限らない。 増えた妻と子供は養わないといけない。結構大変みたいですよ。一夫多妻制も。多夫一婦制の方がずっといいよな。

2005/6/25(土) 午後 9:15 ver*v*ry7*

顔アイコン

イスラム圏に赴任していた人の話では、夫人方を平等に扱わないといけないから、結構一夫多妻も大変だと言ってました。こっちは一人でももてましているのにね!よく気持ちがわかります。あ、本音漏らしてまずかったかもね。いっしーさんの未亡人が多かったからという説明に納得。いちごさんの多夫一婦制も賛成です。もしくは王朝風・妻問婚も理想的です。

2005/6/26(日) 午後 2:17 [ tra*mre*se*1 ]

ああ、うんこ読んでここ読むと繋がる繋がる。凄いぞ!!口語訳分かりやすかったでーす!。アリガトウ!!でも、この世界、今のあたしには、まだ必要ではない気がする。もっと悪あがき(?)してみたいもん。 ところで、↑のみなさんも凄いですね。やっぱ。読んでて勉強になるわ〜。

2005/8/29(月) 午前 0:34 [ kim**824 ]

顔アイコン

Kimuさん。うんそうそう!すごい同意。まだこの境地には至りたくないよね〜。でも、ムッキー!って頭が爆発しちゃうとき、もうやってられない〜って心底落ち込んだときに、これを思い出すといいと思うんだよね。意味を感じながら唱えると、結構キくぜ。さすが摩訶不思議(笑)

2005/8/29(月) 午前 0:59 isshy☆

顔アイコン

必殺トラバ返し!

2005/9/23(金) 午前 11:12 [ ハイライト ]

顔アイコン

うわ!ハイライト。やりやがったな!トラバはまともな方だけでイイっつーの!面白いほうをトラバったらあたしの訳がカスムでしょうがっ(笑) なーにがカンチガイ菩薩ですか?カンジザイ菩薩だつーの!もう最初の一語からして妙ちきりんすぎ(笑)

2005/9/23(金) 午後 0:13 isshy☆

顔アイコン

縁があったのなら俺の考えを書いてみようと思う。マジカキするのもこれが最後(最初で?)かもしれない。長くなるかもしれないが(だったら早く本題書けよ)許してほしい。俺が読んだ範囲内で思うことは、お母さんはイッシーさんに呪いをかけながら、解く方法も伝えているように思う。一つは般若心経がそれだよね。まさかお母さんに仕込まれたものだとはコメント読むまで気付かなかった。般若心経の効果は(それが気のせいだとしても)本人が解ってるみたいだし。もちろん俺も結構効いた(効き過ぎか?)。

2005/10/1(土) 午後 5:46 [ ハイライト ]

顔アイコン

普通は強要されたものなど逆に反発して嫌いになるものだ。それを利用してしまうことがイッシーさんの凄いところなんだろう。もう一つはお母さんが望んでいること。感謝だ。お母さんに感謝出来るようになれば呪いは解けたことになる。出来るわけがない。終わり。

2005/10/1(土) 午後 5:49 [ ハイライト ]

顔アイコン

が始まり。感謝くらい練習すれば出来るようになると思う。頭の中に思考のパターンを作り出せばいい。「お母さんが悪い」を「お母さんのおかげ」に変えていけばいいわけだ。やり方としては「お母さんありがとう」これだけ。口に出しても良いし心の中で呟いても良い。たぶん最初は絶対出来ない。なぜなら逆が刷り込まれているから。それを方向づけるためには嬉しい事楽しい事があった時、この出来事は過去の辛い体験があればこそ存在しているんだと考える事。

2005/10/1(土) 午後 5:50 [ ハイライト ]

顔アイコン

「お母さんありがとう」を実践してフラッシュバックでドツボにはまっている時にも言えるようになれば、それは消える。感謝が出来るって事は「そんなんどーでもいい事」と頭が認識するからだ。なぜなら頭は自分にとっての問題点を探し出して解決しようと必死に働いているものだから。感謝出来ることなら何も問題なしと判断して忘れる。「ありがとう」を呟くことで自分の頭を騙すわけだ。

2005/10/1(土) 午後 5:52 [ ハイライト ]

顔アイコン

でもやっぱり言えないだろう。この文章もなんだそりゃ?馬鹿じゃねぇの?と頭は考えるはずだ。それを言えるようにするためには自分を納得させる情報を蓄積すること(たぶんイッシーさんの中には既にあると思う)。実はこれは俺自身がやったことなんだ。何にでも感謝していた時期があった。イライラすることやムカつくことがあった時「これはありがたい事なんだ、ありがたい、ありがたい」と頭の中で呟いていた。最近はやらなくなっちまったけど。効果はあった。間違いなく。

2005/10/1(土) 午後 5:53 [ ハイライト ]

顔アイコン

俺にとって効果的なことが他の人にとって効果があるかどうかはわからない。馬鹿げているし、まるでくだらない宗教の教えのように思えるが試してみる価値はあるかもしれないと思って書いてみた。

2005/10/1(土) 午後 5:53 [ ハイライト ]

なんとなく、ぼやーっと、分かるような気が、する。それは、この文章を読んでる間だけかもしれないけれど・・・。明日には実態のある存在と精神に揉まれて、過ごしているのだろうけれど。。。この世の全てのことに当てはまる、通用する、そういうものは、いつも「ぼやー」っとしか分からなくて、でも、「ぼやー」っと体で感じる部分は確かにあって。。きっと、何かの拍子に、思い出すような気が、する。。

2005/11/19(土) 午前 3:01 お市

顔アイコン

お市さん。貴方の文章を読むと、その「ぼや〜っと」をぼや〜っとのまま書いてあって、非常にうずうずさせられます(笑) 分からないものを分からないままに持って歩くのって難しいけど、お市さんは上手だなぁと思う。ありがと。またね☆

2005/11/19(土) 午後 0:38 isshy☆

顔アイコン

はじめまして(^^)
すごくわかりやすい解釈ですね。
私は子供の頃、お経は呪文で意味があるとは想っていませんでした。

2007/11/4(日) 午後 11:01 [ かず ]

顔アイコン

かずさん こんにちは。
何冊かの解説本を読んで、私の独自解釈をかっこ書きで添えました
こうして読むと、呪文どころか、すごい意味がありますよね。
特にこの般若心境は、自分で言ってるとおり、
「唱えることで現実を変えるおまじない」なんだと思うの。

特に私のようにメンタルへルスに問題がある人は、
過去の苦しい記憶に悩まされがちですが、まさに気のせいなんですね
ドキドキハラハラしちゃうのも気のせいなんだって唱えることで
ふと現実に立ち返ることができるような気がします。

悟りなんて、遠すぎだけどね(笑)

よかったら、いろいろあるので読んでいってくださいな。
ではでは

2007/11/5(月) 午前 0:00 isshy☆

顔アイコン

こんばんわ〜登場しましたあ〜

もともとは空っぽなんだから、苦悩することはない。

ふむふむ。智慧だなあ。

2008/1/20(日) 午後 7:25 [ - ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事