過去ログ倉庫

細々と連絡用、みたいな

全体表示

[ リスト ]

じーちゃんは亡くなりました。今日のお昼でした。
いいお顔なさっています。

明日が友引なのでお通夜・お葬式は週末だそうです。

奇しくも、盧溝橋事件から70年目のこの日。
じーちゃんが出陣することになった事件の日と同じ7/7日に逝かれました。
87歳と11ヶ月。
じーちゃんは、数えの19歳で戦場に出たんですね。
椿さんの命日はうちの母の誕生日だったりします。

不思議ですね。こういう偶然は。



***


7/8金曜 追伸です。


おはようございます。フツーに出勤しております。
仕事なんか手につきませんが、今週は大きい原稿を出した後のヒマ時期でよかった。


じーちゃんのお顔の綺麗なこと。
手術室に入るときやる気まんまんのガッツポーズ出してったらしいんですが、
まぁ、そのときのままの気骨あるお顔をしておられます。
残念ではありますが、本人にしてみたら納得なんだと思います。
やるだけやった。まあいいさ。おっけー!そんな感じ。


どうやらね。
お腹を開いたところで、ショックで心筋梗塞起こしちゃったんだって。
医者にしても「いま来るかよ!」ってな、わりと想定外に近い事態だったようです。
お医者も残念がってるみたい。結構いけると思ったから勧めたんだものね。


結局、事実上は即死だったと。
でも、めちゃめちゃいい病院(特定機能病院)だったので、蘇生できちゃっただけ。
集中治療室にいる間に、もう瞳が動かなくなってしまって、
ああ脳死だということで家族が呼ばれたのでした。


でも、ご家族の間では、これでよかったってことで話がまとまってます。
動脈瘤の爆弾が破裂していたら、七転八倒の苦しみなんだそうだし、
起きてるときに心筋梗塞しても、むちゃくちゃ苦しいらしいじゃないですか。
どちらも突然やってきて、親戚に挨拶するどころじゃないし。
それこそ、どっかの路上で死を迎えるかもしれない。
だったら、これはかなりマシで、本当に楽に逝けたんじゃないかと。


ばぁちゃんは、それが救いで「痛くなくてよかった」と繰り返します。


一昨日と、昨夜は、ばーちゃんたちと一緒にお夕食しました。
相方んちは彼の母上が既に亡くなってて女手がないので手伝いにいってます。
ばーちゃんの、落胆ぶりには泣けちゃいますが、やっぱ納得だって言うし、
なんだか普通にお茶入れてるだけで喜んで貰えるみたいなので、
今週末もお手伝いしようと思います。


ご心配お掛けしていますが、私は(こういう言い方もへんですが)
なんだかものすごーく晴れ晴れしています。


ヒトはだれでも必ず死にます。私もあなたもです。
皆に等しく死が来る以上、本来的には死=不幸とは言えないはず。
不幸ってのは相対的なものだから。
大概の人は最後まで望みも欲望も尽きないまま死ぬからやっぱ不幸なんだけどね。


でも、じーちゃんみたいに完全燃焼してて、やりのこしたことも、やりたいこともなくて、
人の幸福祈るだけしかもう残ってなくて、それで納得の上で逝くなんて、
私は本当にはじめて、ハッピーエンドの死ってものを目撃しました。
こういう死もありうるんだなぁって、人生観変わる思いがします。

閉じる コメント(16)

顔アイコン

ご冥福をお祈りいたします。合掌。 不思議な偶然、それを人は縁というのでしょうね。神様が(そういう存在がいるとしたら)書くシナリオは時には優しく、時には過酷。 振り返った時、その手の混んだ伏線に、「そういうことか」と思ったり。 意味のない出会いはきっとないですね。よかったね。じいちゃんに出会えて。そして、その出会いの根元にある、その人に出会えて。

2005/7/7(木) 午後 11:14 ver*v*ry7*

顔アイコン

・・・ご冥福をお祈りいたします・・・

2005/7/7(木) 午後 11:59 wan*nno*

顔アイコン

死というのは悪いことじゃないのだと、私は勝手に思っています。寂しいことだと思いますが、けして死者生者にとって悪いことではないのです。 ただ寂しいですね。

2005/7/8(金) 午前 0:24 [ - ]

顔アイコン

忘れないでいること。 ときどき思い出してあげること。 それが残された者にできることだと思います。 いっし〜さんの文章を通じて、じーちゃんにアタシも出会えて嬉しかったです。

2005/7/8(金) 午前 3:05 [ 葉月 ]

顔アイコン

計算してみたらとんでもないことに気がついた・・・。 ワシの亡父とじ〜ちゃんは同年生まれじゃねぃの。ちゅーことは、私いっしーの母世代ってことよね・・・。あぁ、恐ろしい。

2005/7/8(金) 午前 9:04 ver*v*ry7*

・・・そうですか。ご冥福をお祈りいたします。うまく言葉がでてきません・・。私もいっし〜さんのじいちゃんに対する気持ちを綴る文章からたくさん大切なこと学びました。ここで、じいちゃんに出会わせていただいたこと。感謝します。私にとってもいい出会いでした・・・・。

2005/7/8(金) 午前 11:10 [ かおり ]

顔アイコン

みなさま。励ましてくれてありがとう。↑追伸しました。本当、いいじーちゃんだし、いい亡くなり方でした。

2005/7/8(金) 午前 11:13 isshy☆

顔アイコン

で、Very姉、安心して(笑)うちの母は、なんと祖母47歳にして生まれた末っ子でして。祖母は、自分の長女の娘(初孫)と、自分の末娘(うちの母)が同じ年に生まれたんですねぃ。て、ことで、普通よりひと世代ズレてるんですわ。うちの母はことし還暦。Very姉とは、ン十年違うでござろう?お宅のお父様もわりと遅くに姉さんが生まれたんんだね。

2005/7/8(金) 午前 11:17 isshy☆

顔アイコン

wanonnonさん 葉月さん かおりさん。うん。本当に会えてよかった!って思うの。会えて嬉しくて、話を聞けて楽しくて、それでみんなに聞いて欲しくなって作文かきたくなったんだもん。。。読んでもらえて嬉しかったです。

2005/7/8(金) 午前 11:41 isshy☆

顔アイコン

ひろこちゃん。そうだね。悪いことじゃないと思った。まぁちょと落ち着いたら飲みましょう(笑)

2005/7/8(金) 午後 2:13 isshy☆

顔アイコン

私の祖母は夕飯を食べて、「ちょっと寝てくる」と言って横になったまま亡くなりました。なかなか良い最後だと思いますが、手術室に入る前にガッツポーズできる87歳のじーちゃん様はかなり男前な最後のように思えます。謹んでご冥福をお祈りいたします。

2005/7/8(金) 午後 6:35 wgs*d*39

顔アイコン

ハリのセンセ。ガッツポーズはじーちゃんのお得意のポーズだったらしいです。祭壇に飾る遺影にとばぁちゃんが選んだ写真は、旅行先(ヨーロッパかなぁ)で、ガッツポーズ決めてる「えっへん!」なお顔でした(笑)

2005/7/8(金) 午後 6:44 isshy☆

顔アイコン

さてぇ・・・ 現実逃避もそろそろ終わりかしら・・・(涙)とりあえずソーシキの喪服を納戸から掘り出さねば・・・。なんなら喪の着物もあるワタクシ(爆)コンヤクシャで着物は大げさだわよねー。あー洋装は冬物しかないなー この際買って帰るかなー はー。

2005/7/8(金) 午後 6:47 isshy☆

「死」は、人が人に行える(示せる)最期の教育といいます。 いっしーさんは受け取った。 コメントが遅れてしまいましたが、「じーちゃん」のご冥福をお祈りいたします。

2005/7/12(火) 午後 7:37 [ takemogwai ]

顔アイコン

教育。なんですかね。これ。そうかもしれないけど、私以外のご親族はぜんぜんそんな風には感じてないと思うなー。触媒的な教育効果ですかね(笑) 父の時には正反対の教育効果があった気もするなぁ。しかしね。なんでだろ。あたし「椿の遺言」を書いた日以来、すっきりぱっちりと機嫌がいいっていうか落ちついているのなんの。なんだろこれ。この安心感。不思議。

2005/7/12(火) 午後 8:16 isshy☆

顔アイコン

ご冥福をお祈りしております。これからは、語りかけるのではなく見守っていてくれるようになるのでしょうね。椿さんがじーちゃんをずっと見守っていたのと同じように。

2005/8/14(日) 午後 11:14 Dr.Watson


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事