ここから本文です
ブログ始めました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

2/6(水)と2/7(木)の2日間は、一湊区で取り組んでいる「一湊里めぐり」のスタッフにとっては、鬼のように忙しい日々となりました。
6日と7日は兵庫県から修学旅行で来ている高校生が、午前中「白谷雲水峡」へ登った後、北部4集落の「里めぐり」に参加するため、一湊公民館に集合して昼食(100名以上2日間)を食べてから、各集落へ出発します。
この昼食の郷土料理を作るのが一湊里めぐりの「おもてなしレディース」です!
気が遠くなるような大変な作業を、手際よくテキパキと熟練の連係とチームワークでこなして行きます。w(゜o゜)w
みんなキレイにペロリとたいらげていました!
その後「一湊里めぐり」には6日31人、7日34人が参加しました。
サバ節工場を中心に漁業で栄えていた事などを学び、町なかを歩きます。
やはり砂浜や布引の滝が大喜びだったみたいです。
そして3/7(木)の午後からは、奄美からのお客さんが36人「一湊里めぐり」に訪れてくれました。
こちらは今ぐんぐん人気が上がっている、樟脳の製造所「くすのきガレージ」の見学をして、一湊の町歩きをしました。里めぐりとしては、少し短めのコースでしたが、ゴール地点の一湊漁港では、なんとウミガメが顔を出してくれました。(*≧∀≦*)
この2日間は、天気もサイコーに良い天気で、本当に気持ちの良い「里めぐり」になりました。
「一湊里めぐり」スタッフの皆さん、本当にご苦労様でした。m(__)m

この記事に

里エコ(弁当作り)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

一湊公民館の台所は1/5(火)から弁当作りの準備で大忙しです(*^_^*)
兵庫県小野市から高校生が屋久島に来島し色々な地域で里エコ巡りをすることになり一湊は1/6(水) 107名
1/7(木) 116名 2日間にわたり223個の弁当作りでした?今までにない桁外れの弁当作り地元の食材を使ったお弁当みんな喜んで食べてくれるだろうかと思いを馳せながらてんやわんやの大賑わいです(*^_^*) いつもと違い材料の数量も桁違い、
改めてスタッフの手慣れた作業には目を見張るものがあります(*⌒▽⌒*)
暗黙の内の了解でそれぞれが役割分担をし作業をしていきます(*^_^*) 一日目は少し昼食までぎりぎりの弁当詰めであたふたしましたが
(-"-;)さすが2日目は一日目の経験がこうをせいしたのか食材を置くスペース 弁当箱を置くスペースを広げ出来上がった見本の弁当を頼りに食材を持ち順序よく入れていきます(*^_^*)
高校生の皆さんが美味しかったと口々に言ってくださりほっと一安心(*⌒▽⌒*)
一日目のお弁当はミカンの皮だけが残飯で残ったくらいでした(*^_^*) 2日目はご飯のお変わりが出るくらいでした(*⌒▽⌒*) 殆ど完食状態でしたがもう少し時間があれば味わって食べられたろうにと思いました。
200名以上の弁当作りの対応さすが一湊のスタッフでないと出来ないだろうと思いながらの二日間でした。
語り部の皆さん、おもてなしメンバーの皆さん本当にお疲れさまでしたo(^-^)o
ありがとうございました
(*^_^*)

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事