ここから本文です
椅子の誕生日(趣味の木工)
木工技術よりも“木工で楽しむ技術”を探求するブログです。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

丸棒作りジグ(5号)

イメージ 1
丸棒作りジグ1〜4号は鋸刃やトリマーをその都度セット調整した上で、
作業にかかる必要がありました。
急いでいる場合など、セット調整が面倒なので、丸棒の仕上がり精度が多少悪くても、
調整なしですぐ使えるものがあればな〜と思ったのです(鉛筆削りのような丸棒作りの
道具は市販されていますが)。
今回も“のほほんさん”の鋸刃アイデアを真似て、すぐ使いのジグを作って見ました。
まずは鋸刃を小片にカットします。


イメージ 2
いきなり完成です(汗)。
カットした2ブロックに鋸刃の小片を挟み、長いコーススレッドで
締めあげて固定しています。前面アルミバーは厚さ3mmで私のアレンジですが
所定の穴を開けネジで止めてあります。左が8mm径、右が10mm径用です。
母体木材の方の穴は少し大きく開けています。


イメージ 3
角棒をアダプターに差し込みドリルにセットして、
ジグに送り込んで丸棒の完成です。
画像は左が8mm径、右が10mm径で、ジグで加工したままの状態です、あと
サンドペーパーで仕上げればきれいになります。


追記で〜す。それにしても暑いですね。
ジグはこんな風にして使います。



イメージ 4
材料角棒10mmを準備します。今回の長さは600mm。



イメージ 5
穴に入るよう、先端をナイフで丸く削ってやります。



イメージ 6
手元の方は角穴(10角)のアダプターに挿入します。
このアダプターはホームセンターで買ったものを、ドリルでつかめるように加工しました。
最初からドリルでつかめるタイプのものがあればベターです。



イメージ 7
ドリルでつかんで準備が出来ました。


イメージ 8
今回は10mmの丸棒を作って見ます。
10mm用ジグを作業台にクランプでしっかりと固定。



イメージ 9
丸棒製作中です。ゆっくりと送り込んでやります。



イメージ 10
丸棒が完成しました。超簡単でしょう(笑顔)。のほほんさんすばらしいアイデアありがとう
ございます。皆さんも試してねー。



イメージ 11
ついでにジグの詳細を追記しておきます。
ジグはSPF材で、大きさは縦横70mm、厚さ39mmです。
画像は裏側から見たところです。
木材部の穴は3mm程度大きめの13mm径穴にしてあります。
結局はアルミ板の穴だけで加工仕上げすることになります。
その方が精度が上がるようです。



イメージ 12
横から見ると、このように鋸の両側をネジで締めあげてあります。



イメージ 13
バラしました。説明は要りませんよね。
でも少しだけポイントを、穴の接線位置には鋸刃のアサリ刃の一枚がくるように固定することが
肝要です。またアルミ板よりノコ刃が4mm程度前面に出るように設定してください、
そうしないと穴のところで進行がストップしてしまいます。
以上少しでも参考になれば幸いです。
あ〜暑い。ビールビール!おっと、まだ車の運転が・・水ー!。


それにしても画像が暗いですね〜。良いカメラが欲しい!カメラのせいにしておきます。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事