ここから本文です

書庫トップページ

すべて表示

いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は日々の手入れから。

 1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
 
 20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。
 
 楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。ぜひ「8020」を目指してください。


イメージ 2
イメージ 1

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 体育の日

    2017/10/9(月) 午前 11:21

    今日は体育の日。 気候も穏やかになり、天気が良い日には外出したくなるこの頃。 統計局「社会生活基本調査」から国内のスポーツの状況の結果が公表されました。 行動者率と定義された数字を基に導かれた結果です。 ○行動 ...すべて表示すべて表示

  • 年齢による運動習慣に差はあるのか? 運動を行っている割合の高い年齢層は、 60歳を境に2極化しているようです。 壮年期に入り成人病発症のリスクが高まる60歳前後から、 健康に ...すべて表示すべて表示

  • インカレ陸上短距離で日本人初となる9秒台を出した桐生選手。 陸上男子100メートルの世界記録と日本記録を比較した、 推移グラフを「社会実情データ図録」から抜粋しました。 推移グラフを眺めることで、その比較や記録の流れが一目 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事