ここから本文です

書庫トップページ

すべて表示

いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は日々の手入れから。

 1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
 
 20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。
 
 楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。ぜひ「8020」を目指してください。


イメージ 2
イメージ 1

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • インフルエンザの流行

    2019/1/25(金) 午後 4:50

    千葉県ではインフルエンザの定点当たりの観測数が、1994年4月現行の感染症法が制定されて以降、最も多い64.29人となりました。全国的にもインフルエンザが猛威を振るっています。 夷隅郡市でも都市部に続き流行のピークを迎えようとし ...すべて表示すべて表示

  • インフルエンザ警報発令

    2018/2/2(金) 午後 4:13

    千葉県感染症情報センターの報告によると、1月末の県内の管轄保健所管内において、インフルエンザ警報を発令する基準となる感染例があり、「インフルエンザ警報」が発令されているようです。 インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、 ...すべて表示すべて表示

  • 体育の日

    2017/10/9(月) 午前 11:21

    今日は体育の日。 気候も穏やかになり、天気が良い日には外出したくなるこの頃。 統計局「社会生活基本調査」から国内のスポーツの状況の結果が公表されました。 行動者率と定義された数字を基に導かれた結果です。 ○行動 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事