ここから本文です

書庫全体表示

インカレ陸上短距離で日本人初となる9秒台を出した桐生選手。
陸上男子100メートルの世界記録と日本記録を比較した、
推移グラフを「社会実情データ図録」から抜粋しました。
推移グラフを眺めることで、その比較や記録の流れが一目でわかります。
世界の壁は実に高いということを実感しますね。

1980年代後半から10年ほどのスパンで、
世界記録あるいは日本記録が続けて認められているのが特徴的です。
1980年から1990年にかけて、
おそらく短距離走法やトレーニング方法あるいはシューズなどの装備に至るまで、
急速な進歩があったのかもしれません。

この年代は汎用PCやコンピューティングの技術革新が起きた時代でもあり、
ひょっとしたら科学的トレーニングが進化したのかもしれません。
いずれにせよ喜ばしいことです。



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事