ここから本文です

書庫全体表示

年齢による運動習慣に差はあるのか?
運動を行っている割合の高い年齢層は、
60歳を境に2極化しているようです。




壮年期に入り成人病発症のリスクが高まる60歳前後から、
健康における意識が高まるものと推察されます。
逆に若年層では、
病気に対する意識が低いものと考えられます。
その結果がこのグラフに現れているのではないでしょうか?

運動を行うことによる病気のリスク回避は、
若年期から長く続けていることで、
健康増進効果がより発揮されるものといわれています。
年をとってから病気の予防手段を考えるのではなくて、
若いうちから少しづつ健康に対する意識改革を、
生活に取り入れる工夫がなにより大切です。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事