ここから本文です

書庫全体表示

体育の日

今日は体育の日。
気候も穏やかになり、天気が良い日には外出したくなるこの頃。
統計局「社会生活基本調査」から国内のスポーツの状況の結果が公表されました。
行動者率と定義された数字を基に導かれた結果です。

○行動者率…10歳以上人口に占める過去1年間(平成27年10月20日〜平成28年10月19日)に該当する種類の活動を行った人の割合(%)

まずはデータを転載します。




 図1 「スポーツ」の種類別行動者率(平成23年,28年)

イメージ 1

 表1 「スポーツ」の種類,年齢階級別行動者率−上位10種類−(平成28年)
イメージ 2

イメージ 3





だれでも手軽に始められ、かといって体に無理な負荷のかからないスポーツが人気です。ウォーキングや軽めの体操は年齢問わず日常生活に取り入れられる方法です。

ボウリングが上位に上がるのは納得できます。特別な準備もいらず、体全体を使い無理のないリズムで投球できる特徴が、受け入れられている根拠でしょう。さらに娯楽性の高さも人気の理由でしょうか?

年齢が進むと登山の人気が高まります。
近年は高所登山による滑落事故や遭難といったアクシデントが増えているといわれています。また高所では大気組成や気圧の変化から、不意に高山病や心血管疾患などの病気が発症することも増えてきています。
高山病は2000m前後のわりと低い山でも生じる事例が報告されているようです。

身体のコンディションや気象条件などを勘案し、手軽に始められる運動を日常生活に取り入れることで、成人病などの病気予防につなげていきたいですね。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事