ここから本文です
福岡近郊をフィールドとした釣果記録です。カヤックフィッシング、エギング、アジング、メバリング…など。
先週に続き、福岡の海で浮いてきました。




今回も先週と同じ瀬周りを攻めてみようと思います。



まずは、




イメージ 6

アコウ30。
このサイズはたくさん釣れます。




先週ほどではないですが、ベイト反応もいい感じ。良さげな反応にメタルバイブを落とすと、ゴン!




イメージ 2

良型のイサキ!
なんだか今年はイサキが良く釣れます。




ここで「プハーッ!」とおじさんが息継ぎするような音。




おじさん!?と思いきや、




イメージ 7

おじさんみたいなウミガメでした。




イメージ 3

アラカブに癒された後、しばらく沈黙が続きます。




メタルバイブの投下を続けていると、根掛かりしてラインブレイク…。




リーダーを連結していると、魚探に良さげなベイト反応!→すぐさまサブロッドでジグを投下!




水深15m。しばらくボトムをスローに誘いますが、なかなか魚信を得られず…。




諦めて回収がてら、ジャカジャカと早めのワンピッチジャーク。




そろそろリーダーが入るか(おそらく水深5〜6m)というところでガツン!!と重いアタリ!!




直後に真下に突っ込む強烈な引き!!
ドラグを鳴らしながら何度も激しい突っ込みを見せます。




この真下への突っ込みはクエ!?
クエがこんな表層近くまで追ってくるか??それとも青物??




水深15mの岩礁のためドラグはキツめ(根魚の可能性を考えていたためでもあります。)。
正体不明の大物とガチンコファイト。




上がってきたのは、、、








イメージ 4

ドーン!と80真鯛でした!!
ヤバイのが釣れてしまった…。どシャローの大鯛。しかもバイトは水深5mくらい、、、かなり強烈なファイトでした。




イメージ 1

まさかの二週連続の大鯛ゲット!




奇しくもメタルジグでの釣果。




メタルバイブのラインブレイクがなければ釣れていなかったかも知れません。最近はエクスクルー(メタルバイブ)一辺倒でしたが、あらためないといけないですね。




イメージ 5

本日の釣果。
真鯛83センチ。自己記録。

この記事に

開くトラックバック(0)

穏やかな海況、カヤック日和。





いつものポイントで浮いてきました。




イメージ 6

相変わらずのエクスクルー依存症。




タイラバ、ジギング、インチク、ワーミング、、、色々経験を積んで引き出しを多く持っていた方が良いのでしょうが、釣れるから仕方ない、やめられない。




今回はタイラバ用リールが錆びてオーバーホール中のため、図らずもエクスクルー縛りに。




イメージ 2

まずは小さなアコウ。
その後も、リリースサイズがポツポツ。




沖の瀬に良さげなベイト反応を発見!水深は18m。着底と同時にゴン!




イメージ 3

ナイスアコウ!久々の40オーバー。




引き続き同じ瀬。水深13mの浅場。
先程以上にものすごいベイト反応。




ベイト反応はすごいけど、水深13mは流石に浅すぎるか…。




なんて考えながらメタルバイブを落とすと、フォール中にすごい勢いで掻っさらうようなアタリ!




きつめのドラグ設定ですが、ラインがジャンジャン出ていきます。これはデカイ!!




横に走る感じで根魚ではなさそう、、、青物??




根魚でなくとも瀬の上の浅場でラインを出されるのは流石に根ずれがこわい。きつめのドラグで短期戦。




上がってきたのは、、、




イメージ 4

立派な大鯛でした!




この真鯛、なんか目が怖い…。
魚の瞳孔は開きっぱなしと聞きますが、閉じることもあるんですね。




イメージ 1

唇にフック一本。
これであの強引なファイトに耐えるとは、、、真鯛の唇の強さに感心。




イメージ 5

本日の釣果。
エクスクルーから抜け出せそうにありません。

この記事に

開くトラックバック(0)

また浮いて参りました。



イメージ 1

まあまあアコウからスタート。



イメージ 2

今回も出ましたナイスイサキ!
瀬周りのベイトの群れについていました。メタルバイブレーションを中層まで巻き上げたところでゴン!という感じでした。



イメージ 3

このサイズはたくさん釣れました。
リリース。



イメージ 4

怒ったアラカブはかわいい。



バイブレーションを中層まで巻き上げるとゴン!




イメージ 5

おっヒラメきたー!!
と、思いきや普通のヒラメとなんか雰囲気が違う…。




何だこれ??




調べてみるとタマガンゾウビラメに近い感じ。




ただ、ネットの情報ではタマガンゾウビラメ は15センチ程の小型種とのこと。30センチ程あったので別種?それとも特大のタマガンゾウビラメ ??




他にもガンゾウビラメ、ヒラガンゾウビラメ、メガレイなど似た種はいくつかあるようです。




ネットの情報では結局同定はできませんでした。




イメージ 6

本日の釣果。
タマガンゾウビラメ? はお刺身で頂きました。ヒラメとはまた違った美味しさでした!

この記事に

開くトラックバック(0)

カヤックフィッシングに行って参りました。
なんと約2ヶ月ぶり。




波はなく、風もそよ風。
これは快適に釣りができるぞ、
と漕ぎ出すと思いのほか速い潮。




風もほとんど吹いていないのに、時速3km程でカヤックが流されます。ルアーを落としても底を取ることは難しく、あっと言う間に流されてポイントから離れてしまいます。




流されては漕ぎ戻り、、、
流されては漕ぎ戻り、、、




潮止まりまでの3時間、大半をパドリングに費やしました、、、。




唯一釣れたのが、




イメージ 1

チャリコ。
リリースサイズですが、久々のお魚のため思わずキープ。




そして、ようやく潮止まり。




その後は、




イメージ 2

体高のあるナイスアコウ。




ヒラメ40を取り込みでバラしてからの、、、




イメージ 6

美味しそうなイサキ!
自分的にはヒラメより嬉しい一尾。




そしてここでナブラ発生!
ナブラから飛び出したのはトビウオ!!




トビウオがベイト!?これは特大青物を期待!
メタルバイブをキャスト!で、ゴン!!




イメージ 3

上がってきたのは小さめのサワラ。
口からは大量のカタクチイワシ。
トビウオは偶然だったようです。




イメージ 4

本日の釣果。




イメージ 5

美味しく頂きました。イサキうまし!

この記事に

開くトラックバック(0)

凪予報とお休みがマッチ。
これは行くしかない!




ということで、行ってきましたカヤックフィッシング。




イメージ 2

海はこんな感じ。
完全無風で海面は鏡のよう。




沖へ漕ぎ進めるとポツポツとベイト反応。
時折カヤックを止めてメタルバイブを落としますが魚信なし。




さらに漕ぎ進めるとようやくまとまったベイト反応を発見!




すかさずメタルバイブを投下。
そろそろ着底か、というところでジャーッと勢いよくラインが出ていきます。




フォールで何かが食った!?




慌ててクラッチを返して合わせを入れるとグン!と予想以上の重量感。




これはデカそう!




ゴンゴンと竿を叩く明らかな真鯛の引き。根魚対策できつめのドラグを緩めてゆっくり上げていきます。




力強い引きでカヤックが旋回します。
何度もドラグを鳴らしながら上がってきたのは、、、










イメージ 1

ドーンとよか真鯛でした!




イメージ 3

唇にフック一本。
ドラグを緩めてよかった。




ヒットルアーはいつものエクスクルー40。ほんとこれよく釣れます。




バーチカルメタルバイブのワンパターン化。タイラバ、ジギング、インチクなど、他のルアーを使う機会がめっきり減ってしまいました。笑。




その後は、




イメージ 4

マゴチ。




イメージ 5

かわいいアラカブ。




イメージ 6

アコウを追加して終了。




イメージ 7

本日の釣果。





イメージ 8

あら炊きでいただいた鯛の顎の骨です。
非常に硬く魚というよりも獣の骨という印象。
「鯛の口周りは硬く、フッキングしづらい。」というのが良く分かりました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事