渡辺茂樹のいたちものがかり

ニホンイタチをこよなく愛するアスワット顧問/動物学者・渡辺茂樹のブログです!

全体表示

[ リスト ]

動物学者石井信夫



イメージ 1


   ニホンイタチを環境省でも(IUCN同様に)NT指定すべきという私の論について、石井信夫(1952ー)は強固な反対論者であるらしい。私が(40年前に)一度会っただけのこの男は東大農学部の出で、現在は東京女子大学の教授だ。

   古に私が石井と会った場所は、石川県の小松市だ。私が当時師事していた名人猟師の若村進氏(故人)より、「東京からこれこれこういう男が来るのだが、どうしたものか?」と相談されたのである。全国的には無名の若村氏を石井がなぜ知ったかというと、それは私の先輩である保全生物学者:花井正光(1944ー)のつてだと思う。

   石井が若村氏に何を依頼するつもりだったか、明確には覚えていない。ただ多分、「小松で捕ったニホンイタチを能登に運んで放して、元の場所に戻るか否かを調べる」…であったような気がする。「そんなことして何の意味がある?」と私は思い、「ま、いいけど、ならば自分で捕れよな」(若村氏を煩わせることは無いだろ!)とも思った。それで私は駅前のホテルで石井に会い、彼の「心得違い」をやんわりと窘めた。若村氏が石井とどういう会話をしたかは知らないが、たぶん(調査協力依頼を)断ったのじゃないかと思う。そして以後、石井は二度と小松に現れなかった(と思う)。

  以来私は、石井信夫なる者がこの世に存在することを失念していた。最近、「あ、そういえば、そういう男がいたな」と思い出し…ネットで検索したら、ドーンとヒットした。自称「希少種保存、外来種管理、哺乳類の生態が専門」とのことである。へえ、そうなんだ。トンジョでの授業は…前期が「応用生態学」、「自然科学講究」、「環境と社会」、「生物と環境」で、後期は「生物学概論」、「応用生態学」、「進化生物学」、「自然科学講究」、「進化生物学入門」で、前期と後期の違いが不鮮明である。

  学位論文は「小哺乳類3種の個体群動態と社会構造」で…由井正敏ほか「林業と野生鳥獣との共存に向けて:森林性鳥獣の生息環境保護管理」、阿部永ほか「日本の哺乳類」等の共著本がある。2009年に出た大著"The  Wild  Mammals  of  Japan"でも分担執筆していて…彼の担当はDymecodon  pilirostris(ヒメヒミズ)、Urotrichus  talpoides(ヒミズ)、そして外来種のErinaceus  amurensis(アムールハリネズミ)だ。つまり石井が詳しいのはSoricomorpha(食虫目)であって、Mustelidae(食肉目イタチ科)の調査歴は無いと思う。

  なのにRDB(レッド・データ・ブック)の赤本では…石井はMustela(イタチ属)3種と、Martes(テン属)1種をRDB記載している。シベリアイタチの地域個体群ツシマイタチ(石井はチョウセンイタチと記)、オコジョの亜種ホンドオコジョ、イイズナの亜種ニホンイイズナ、そしてニホンテンの亜種ツシマテンだ。石井が決めたRDBランクは…ツシマイタチとホンドオコジョとツシマテンがNTで、ニホンイイズナのみはLP(絶滅の恐れがある地域個体群)だ。なお他には…オコジョの亜種エゾオコジョを阿部永、クロテン(ユーラシア共通種)の亜種エゾクロテンを村上隆広が執筆を担当し、いずれもNT扱いである。ちなみにシベリアイタチとオコジョとイイズナはユーラシア共通種で、ニホンテンのみが日本固有種だ。

   石井がMustelidae(イタチ科)の4種をRDB記載した理由を記す。まずツシマイタチのこと。それは広域分布種シベリアイタチの唯一の「在来」個体群であり、また個体数減少傾向が認められることがNT指定の理由だ。ならばNTよりもLPとするのが妥当ではないか?。ただツシマイタチのミトコンドリアDNAは、西日本の都市部に分布するシベリアイタチと異なる。増田隆一(北海道大学)により明らかになったこの興味ある事実に拠れば、ツシマイタチを(固有遺伝集団として)NT記載してもよいだろう。けれどこの興味ある事実に、石井は着目していない。

   残りの3種のこと。ホンドオコジョはエゾオコジョとshapeが異なることに、石井は注目している。ニホンイイズナは核型がエゾイイズナと異なることに注目し、そしてツシマテンはcolorが(「本土」の)ニホンテンとかなり異なることを強調する。ただ「本土」のニホンテンも、キテンとスステンはcolorが別種ほどに異なる。けれどもDNAの顕著な差は無い。そのことはツシマテンも同様である。

  ツシマテンは、ツシマイタチと違って個体数減少傾向が顕著でないようだ。ならばNTに相当しないのではあるまいか?。ただし島嶼個体群であるので、LP(絶滅の恐れのある地域個体群)にすることはあり得る。そしてツシマテンをLP指定するならば、スステンもそうすべきだろう。このcolorの分布は、西南日本の比較的狭い地域に限られるからだ。

  話を転じてニホンイタチのこと。まずは「そもそも日本国環境省はNTをどのように定義しているか」を記す。それは、「現時点で絶滅の恐れは無いが、生息条件の悪化によって絶滅危惧になりうる」だ。ならばこの定義は、ニホンイタチに適用しうるだろう。少なくとも西日本では(私の知る限り)、近年平野部でその生活痕跡が減少しているのだ。そして山地(とりわけ里山)では尾根に少なく、谷にはまあそこそこ有る。だが最近、「良好な谷」が減りつつあるのである。

    私は、ニホンイタチの繁殖巣と其処での(雌のみの)育児行動を見たことがある稀な日本人だ。だが前世紀末に、その環境は破壊された。新たな繁殖巣は、見い出し得ていない。そのことも、私が「ニホンイタチはやばい」と思うことの根拠である。

   ちなみにニホンイタチのDNAのこと。やはり増田隆一の調査で判明したことだが、四国ならびに九州のニホンイタチのミトコンドリアDNAは、本州のニホンイタチのそれと僅かに異なる。増田はそのことを、古瀬戸内海の隔離によるものと解釈する。もし西日本の環境破壊が東日本よりも顕著ならば(そうとも言えないようにも思うが)…とりあえず、"シコクキュウシュウニホンイタチ"のみをNT指定してはどうか?。私らしからぬ生温い提案だが、なんとかも方便で(とりあえず)そう思う。

   話を戻す。最近私は、特定外来生物法についての関心が大である。この法律は2004年に制定されて2005年に施行されたが、石井信夫は制定を推進したメンバーの一人だ(他に石井実・太田英利・山極寿一など)。ナチスの人種差別法(ニュルンベルク法)真っ青のこの法に関わった者が一方で保全を語ることに、私は危機感を覚える。その言動は、ダブルスタンダードとしか思えないからだ。

★★★  ★★★  ★★★  ★★★


以下のアスワット関連サイトも良ければご覧ください。
 

   イメージ 1




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事