スバル360レストア日記、愛犬達と田舎暮らし

足跡、ナイス付けまくりですがご容赦下さい、( ̄▽ ̄)旧車好きな方、犬好きな方、お気軽に立ち寄って下さいまし〜

イメージ 1

3月28日、数日前からご飯をあまり食べなくなったキリルが朝も夜も食べずグッタリしてる。
フードを変えたから食べないと思っていた。散歩もトボトボと歩くから具合が悪いのか気にはしていたが明らかに変だ。
病院へ行き、待合室で待っている間にキリルの容態が急変。
診察して貰うと、お腹の中が血で満たされて、臓器不全のショック状態だという。
何もしなければ直ぐに死んでしまうかもしれない。ただ、点滴処置くらいしか対処出来ないが無駄になるかもしれない。
と医者に言われ、何が何だか分からない。
妻に電話し事情を話し、入院させ点滴処置。
翌日、妻が会いに行くも容態は変わらず。水曜、木曜、金曜と仕事帰りに病院へ寄るが、血中の数値は少し良くなるも予断許さない状態。
土曜日、朝から病院へ行き先生と相談してる時、病室から私を呼ぶキリル。
一か八かで、グリュの血液で輸血。
勿論、事前のクロスマッチングを行い、グリュの負担が少なくなる様に輸血量も絞る。
夕方、妻の帰宅を待ち病院へ、先生と入院継続するか話し合いをしているとキリルが病室から出てきた。
家に帰りたいんだね。
妻と相談し最悪の場合、自宅では対処出来なくなるけど連れて帰った。
ほとんど寝たきりだけど少しづつ好きな肉を食べ、トイレも自分でシートの場所へ行く。
夜中に何度もトイレに起きるが、寝ると安心する様だ。
日曜日、一日中寝ているが少し仰向けにもなった。
月曜日、仕事から帰ってくると顔を上げ迎えてくれる。
体力が戻れば手術も出来るから、何とか頑張って欲しい。
夜中に何度もトイレに起きるから早めに就寝。
0時30分にトイレ、2時くらいに起きるがトイレではなく、寝る場所を数回移動した矢先、砕けるように倒れた。
息が荒く、目の焦点が合って無い。
口の中は真っ白になりショック状態だ。
妻が病院へ電話し指示を仰ぐが、対処の手立てが無い。
ただただ、体を擦り名前を呼ぶしか出来ない。
もう、十分頑張ったから。
もう、我慢しなくていいからと。
私は、内臓に疾患をあるキリルを動かしたくは無いし助からないなら家の中で看取りたいと思っていた。
妻は、それでも病院へ連れて行こうとする。
車にを準備し、再度病院へ電話。
先生が何も出来ないかもしれないが連れて来なさいと。
キリルを抱こうとするが脚を突っ張り、首はひきつり、目は白目に。
瞬く間に体が虚脱し、あれだけ荒かった呼吸が小さくなる。
最後に数回、大きく口を開けるが呼吸になってない。
手に伝わっていた心臓の鼓動が小さくなり何も感じなくなった。

良く頑張ったね、良く我慢したね。
もういいから、ゆっくり休んで。

有り難うキリル、貴方に逢えて本当に良かった。

馬鹿な飼主でご免なさい。

この記事に

開く コメント(6)

まだまだ、これから

11月16日に、怪我をしたグリュ。
夜中に、高速飛ばして夜間救急に連れていったり、自宅から1時間掛けて大きな病院に連れていったりしましたが症状が改善されず27日から入院し28日に外科手術。
仕事終わりに見舞いにも行けない状態でしたが4日目に何とか見舞いに。

イメージ 1

呼んでも反応しない。
凄くグッタリしてる。
帰宅して、妻には万が一の時は覚悟してと伝えた。
翌日、妻は休暇でグリュの見舞いに。
何とか顔を上げてくれたらしい。
土曜日は私の休暇なので3日連続になるが見舞いに病院へ。

イメージ 2

立ち上がって待っててくれました。
病院の先生もビックリ、ずっと寝たきりで気力が無く、床擦れも酷い状態だったのが自分から立ち上がってるなんて。

先生と相談し、出来るだけ自宅で療養した方が良いと言う事で、日曜日の今日退院してきました。
ただ、手術で金具が付いている事。
床擦れが酷い状態。
我が家には、他に4ワンコ居る事。
妻も私も働きに出るので、留守番になってしまう。
とりあえず、寝室をグリュ専用にし、床にはクッション材を敷き詰め寝床用に低反発クッション。

イメージ 3

安心したのか、良く眠ってます。

ゆっくり治して、元気なグリュに戻ってね。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

怒涛の一週間

怒涛の一週間が過ぎ、やっと妻と二人でまとも?な夕食。
先週日曜日から火曜日まで出張。
水曜から普通出勤のはずが、身内の不幸で午後から休み。
会社と連絡取りながら妻とのやり取り。
妻が色々と動いている間にワンコとニャンコの世話をしに帰宅。
玄関を開けるとボルゾイのグリュが腰砕けの状態で鳴き叫んでる。
抱きしめて落ち着かせて見ると身体に血が!?
身体中を確認したが、小さな咬み傷だけ。どうやら現ボスのキリルと喧嘩したらしい。
足を引き摺るが何とかトイレは出来るから大丈夫かと思い、車に乗せ荷物を持って妻の元へ。
バタバタと用事を済ませ、また自宅へ飛んで帰る。
するとグリュの様子が明らかにおかしい。
全く立て無い、下手をすると半身不随に。手遅れになる前に病院へ連れて行きたいが、この時点で22:30。夜間対応してくれる動物病院が田舎には無い。
ネットで岐阜と愛知の病院を検索し、名古屋市の夜間緊急へ。
レントゲンなど出来る限りの対応をして頂いたが、骨には異常無し。
一旦帰宅し様子見。何とか布団に潜り込んだのが3時か4時くらい。
その後、数十分おきにグリュが痛みから鳴くので殆ど睡眠を取れず10時、他のワンコとニャンコの世話を済ませグリュを連れて犬山動物病院へ、検査には時間が掛かり、全身麻酔のため命の危険があると説明されたが、承諾し検査をお願いした。
一旦帰宅して大丈夫と言われたが、自宅へ帰るのも通夜へ行くにも時間的には検査が終わるまで病院で待つ方が少しは仮眠がとれそうだから車で待機。
18時に結果が出て説明受けたが、やはり確実な原因が分からず、取り敢えず入院させ、治療して頂く。
ただし、最悪の場合は脊髄損傷で死亡するかも知れないと聞かされ、容態悪化時には時間問わず携帯まで連絡して下さいとお願いし通夜へ。
通夜の対応は妻と義母、義姉で何とか出来たようで、全く役に立たない自分が情け無いが、次の日の葬儀も有るので、また一時間掛けて帰宅しワンコとニャンコの世話。
風呂に入り布団へ潜り込むと、直ぐに目覚ましが鳴る。寝たような寝て無いような感覚のまま、朝の散歩などを済ませ葬儀所へ。
夕方には全て済ませ、妻は親戚の対応、私は帰宅、この間に動物病院からの連絡は無し、大丈夫なのか、変化無しなのか。
23時に妻が帰宅し、翌日は昼から動物病院へ行く事を確認して就寝。
朝、久しぶりに起きれ無いくらいヘトヘトになってた。う〜〜ん歳だな。
動物病院へ行き、面会の手続きを済ませ待っていると直ぐに呼ばれた。
診察室に入って待つと、扉が開いてグリュが歩いてきた。
一気に疲れが吹っ飛んだよ。
まだ、これから治療が必要だけどね、愛犬の顔みたら安心した。
治療費と入院費で10万コースだけど命に値段は付けれ無い。
愛犬を車に乗せ、自宅へ帰る幸せ。
この一週間、久しぶりに怒涛の様な時間が過ぎましたぁ〜〜( ̄▽ ̄)
歳とると無理効かなくなってきますね。。。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

覚悟と責任

昨年四月に、未だ目も開いてない猫の赤ちゃんを散歩中に保護。

ネット検索やブロ友さんなどの知恵を借りて何とか育てて里子に出す事が出来ました。
一匹は我が家の金太郎( ̄▽ ̄)

イメージ 1


一匹は義姉の友人宅。
一匹は市内の御宅へ。
途中、各家庭とも連絡を取り合ったり遊びに行ったりと、猫達は皆幸せでした。
が、、、九月始めに市内の飼主さんから『健康上の理由で医者から室内で猫飼育禁止令が出され、愛猫を外に出している。しかし、室内で溺愛していた子だから里親を探しています』と妻にメールが届きました。
瞬間的に、『直ぐ迎えに行きますわっ!』ってな感じで車走らせ、連れてきた。
どうにも生き物相手だと後先考えないんだよなぁ〜(笑
一年半ぶりに再会した小春、まぁ精神的なショックからか御飯食べない、隠れて出て来ないとか、御飯食べる様になっても抱かせてくれないとかね。。。

イメージ 2



一月程経過し、どうにもウンチが柔らかいっていうより完全に下痢。市販の下痢止め飲ませて回復しても、薬を止めると再発。
その割に食欲旺盛、しかも脇腹がポッコリポン。???何か変な物食べたのか、胃腸系の病気か!?
慌てて病院に連れて行きレントゲン撮影、先生が『おめでたですね〜( ̄▽ ̄)』。。。
はい?おめでた???
先生『多分、これ位なら八月下旬頃に着いてますね〜』
私『前の飼主さんが外に出してますから。。』
先生『で、どうします?産ませるかどうか話し合って下さいね』
私『先天性の病気とか大丈夫ですか?』
先生『病気にも色々と有りますが、金太郎くんが病気出ないなら兄妹の小春ちゃんが病気の確率は低いですよ、まぁ詳しく検査しないと分かりませんけど』
私『なるほどね。。』
先生『今なら去勢も兼ねて子宮ごととれますが、どうします?』
私『産ませます。産んだ後、落ち着いたら去勢します』
ここでも後先考えない性格が(笑
いやぁ、レントゲンで頭と脊髄が写ってるのに堕ろすなんざ鬼畜ですわ。
最後まで面倒見る覚悟を決めて引き取った、いや一年半前に保護した時から覚悟したんだからさ、やっぱ産ませるだろ。

で、金太郎の部屋を小春専用に改装し、いつ産まれても良いように私が小春部屋で寝起きすることになります。プチ家庭内別居( ̄Д ̄)ノ

毎晩、枕元に来ても少しの間だけ一緒に寝て、直ぐにお気に入りの場所で寝てしまう小春( ̄Д ̄)ノ
やはり、イマイチ信頼関係が出来てないかな?
そんな感じで二週間。。。
昨晩は、思いっきり甘えてくるし出て行く気配も無い。やっと甘えてくれる様になったのか?はたまた出産が近いのか?

朝方4:30、お腹を触ると足を伸ばしてゴロゴロと喉を鳴らす。
なんかいつもと違うな。気になって明かりを点けて小春を見ると、、、
なにやら出始めてません???
いやいや、出産開始だわっ!

イメージ 4


先ずは下に柔らかい布を敷いて、妻を起こします。(妻は出勤日なので迷いましたが起こさずに愚痴られるより、起こして愚痴られる方がマシかなと。。)
妻が下りて来て様子を見てますが中々産まれません。良く見ると尻尾?
逆子じゃね?
直ぐにスマホで検索、妻は動物病院の院長先生に電話( ̄Д ̄)ノ
いやぁ、朝早くから院長先生、電話に出て対応してくれるなんて素晴らし過ぎ。
何だかんだバタバタしてたら逆子状態で出てきました。
キューキュー泣き始めたから一安心、続いて2匹目、3匹目。
う〜〜ん、小さな小春が頑張って3匹の赤ちゃんを産みました。

イメージ 3


3匹の子がお乳を飲み始めた6:00時、ワン達の散歩をしなければ!
下の部屋での出来事なんぞ関係無いワン達は、早く散歩に行きたいばかり( ̄Д ̄)ノ

イメージ 5


いつものコースを散歩してると妻からメール、4匹目誕生〜〜( ̄▽ ̄)
マジかぁ〜〜、あんな小さな体に4匹っスかぁ〜〜。
いやいや、ほんと感服。

イメージ 6



この後、妻は仕事へ。私は、ワン達の散歩と昼食、家事以外は小春の側でボーっと。
これから毎日バタバタするけど、やはり小さな命の誕生は良いね。
三ヶ月後に里親探すかは、その時考えよう。
今は、母子共に健康で居られるように頑張ろう!

イメージ 7


この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


私の家、ハッキリ言って田舎の山の中で、家の前を通る車は地元の人や山の中に点在する住人。
たまぁ〜〜にツーリングバイクが走ってくるかな?
だから、休日などは非常に長閑で来訪者もいません。
呼鈴を鳴らすのは、宅配業者さんか郵便屋さん。
昼過ぎに、ピンポ〜〜ン。
宅配か?
すると知らない若者が、『この車売って貰えないか』っと、スバルを指差す。
( ̄Д ̄)ノ・・・
もう少しさ、考えてくれよ。
ホコリまみれで明らかに動いて無いとか、ナンバー付いて無いとかさ、、、
しかも、ネットで探せば60万前後で買えるといったら高いと思ってるみたい。
甘いわ〜〜、安く買える個体なんかは整備車検通したら幾ら掛かると思ってるんだ?
言っとくけど、私のスバルは高級車より高価だよ。
私の想いが満載だからね〜( ̄▽ ̄)

イメージ 1


この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事