ここから本文です
板さんの写真ブログ
コメ コメ ナイス ナイス ゲスブ ゲスブお返しします。但し更新後22時間以内の記事が対象です。ブログ内の写真・記事の使用禁止

書庫全体表示

記事検索
検索

全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

第60回「ぎふ信長まつり」
にディズニーパレードがやってきました。10月2日

ディズニーシー15周年を記念して今ディズニーシーで行われている”ザ・イヤー・オブ・ウイッシュ”のショーで登場するクリスタルをイメージした15周年の限定コスチュームで登場

ミッキーマウス・ミニーマウス・ドナルドダック・ディジーダッグ・ダッフィー・シェリーメイ・ブルート・グーフィー

スタート

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

フィナーレ

イメージ 12

長良橋通り
JR岐阜駅北口東〜若宮町交差点

9日 津まつり  15日 名古屋まつり
にもパレードが予定されてます。

次回は11日の更新予定です。リコメは訪問に代わる場合があります。
愛知県知多半島の半田市。童話「ごんぎつね」の作者・新美南吉生誕の地
「ごんぎつね」の舞台となった矢勝川周辺は、童話そのままの のどかな里山風景を満喫する事が出来ます。特に秋には咲き誇る「300万本の彼岸花」は圧巻の一言。

1.5kの真っ赤な絨毯(レッドカーペット)

イメージ 1

スプレンゲリー

イメージ 2


UP

イメージ 3


権現山

イメージ 4

童話「ごんぎつね」の由来になった山

イメージ 5



新美南吉記念館

1994年6月・生誕80周年・没後50周年を記念し童話「ごんぎつね」の舞台とされる中山の地に開設されました。

イメージ 6

イメージ 7

来場記念スタンプ

イメージ 8

イメージ 9


ふるさとポスト

イメージ 10


イメージ 11

イチジク パン食べました

イメージ 12

半田市岩滑西町1−10−1

次回は金曜日17時の更新予定です。

開くトラックバック(24)


日頃手を挙げて福を招き続けている招き猫に感謝する日として、日本招猫倶楽部が平成7年に制定しました。明治30年代に日本で最初に磁器による招き猫の量産を始め、100余年に及ぶ招き猫の歴史がある瀬戸で、平成8年からこのまつりが始まりました。

和歌山電鐵の名誉永久駅長「たま」コーナー
たくさんの人の縁を結んだ現代のリアル招き猫・駅長たま。「たま大明神」になって、たまⅡ世駅長のニタマと一緒に、貴志川線と地方鉄道の守り神として頑張っています。

イメージ 1

イメージ 2

招き猫顔ハメ看板でパチリ

イメージ 3

イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6

第14回せともの猫101匹展示即売
(瀬戸蔵セラミックプラザ)


イメージ 7

屋外広場 ニャンニャンステージ

イメージ 8

瀬戸蔵を訪れた著名人のサイン色紙

イメージ 9

道の駅 瀬戸しなの
品野陶磁器センター

イメージ 10

瀬戸焼きそば 430円 食べました。

イメージ 11

パンフレット

イメージ 12

25日 撮影
次回は4日の更新予定です。

開くトラックバック(22)

名古屋スポーツセンター
アイススケートリンク

365日楽しめる大須のスケートリンク!
アルベールビル五輪メダリスト伊藤みどりさん・バンクーバー五輪メダリスト浅田真央さん・村上佳菜子さんが使ったスケート靴やサイン入り色紙やトロフィーが飾られています。

イメージ 1

入り口ギャラリー

イメージ 2

イメージ 3

スケートリンク
垂れ幕

イメージ 4

スパイラル

イメージ 5

付添入場券 300円
イメージ 6
中区門前町1−60



大須演芸場
中京圏で唯一の寄席・劇場 2015年 再オープン
1階131席・2階48席

イメージ 7

開演前

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

中区大須2−19−3



大須観音

真言宗智山派の別格本山・寺号は「北野山真福寺宝生院」と称し、一般には大須観音の名で知られ日本三大観音の1つとも言われる観音霊場

イメージ 11

イメージ 12

中区大須2−21−47


おまけ

KOMEHYO
名古屋本店 本館

イメージ 13

中区大須3−25−31

19日 撮影

次回は29日 木曜日の更新です。

岐阜県バラエティ

小瀬鵜飼

一千有余年の歴史 素朴な情緒で、見る者の心を打つ「小瀬鵜飼」静寂な暗闇の中かがり火の灯りのもと、鵜と鵜匠が川面に織りなす古典絵巻
歴史は長良川鵜飼が行われる岐阜市と共に古く奈良時代の史書にある「美濃鵜飼」の伝統を受け継いでいるといわれています。
平安時代には醍醐天皇から賞賛され、織田信長からは「鵜匠」という名称を与えられ徳川家康には鮎ずしを献上したと伝えられています。

鮎之瀬橋

イメージ 1

鵜飼観覧船

イメージ 2

鵜飼待合所

イメージ 3

イメージ 4

関市長良川河畔小瀬

関市のマンホール
伝統である刀鍛冶(右)と、小瀬鵜飼(左)をデザイン

イメージ 5

川辺漕艇場

川辺ダムの竣工により飛騨川の流れはほぼなくなり岸を覆う竹林が風を緩衝することによってボート競技に絶好の条件を生み出しました。
ボート王国かわべのシンボル施設です。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

川辺町中川辺1691ー1

川辺町のマンホール
町の花サツキのデザイン

イメージ 9

岐阜県歴史資料館

収蔵資料には美濃を足場に天下統一に乗り出した織田信長の文書、天領飛騨の状況を伝える飛騨郡代高山陣屋文書、江戸時代の歴史人口学の史料として世界的に注目される次世農村の宗門帳、岐阜県行政文書さらには美濃蘭学の中心であった江馬欄斎の史料などを展示

イメージ 10

イメージ 11

岐阜市夕陽ケ丘4

岐阜基地

イメージ 12

イメージ 13

各務原市那加官有地無番地


次回は27日 火曜日の更新です。
25 26日は取材 訪問は帰り次第です。

開くトラックバック(26)

全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事