全体表示

[ リスト ]

みかんの皮のお菓子

これから雑柑の季節になってきました
(みかん以外のかんきつ類)

イメージ 1
みかんの皮の砂糖煮


我が家ではこの時期になると みかんの皮のお菓子をよく作ります。

昔私の祖母が作ってくれていたものです。
当時はかすかな苦味がいやであまり食べなかったのですが
家の家族は好きなので テーブルの上においておくと すぐになくなっています

作り方


(我が家では 八朔や 甘夏みかん レモン ネーブル等 皮の厚いかんきつ類で作ります)
材料  柑橘類の白い部分の皮 300g(約3個分)  水 大匙1,5   砂糖400g
イメージ 2
1 実を食べた後の 皮を黄色いところと
   白い部分を切り分けます。

イメージ 3
2 オレンジの皮の白い部分を 熱湯に5分 
   冷水に5分交互に3回以上つける。
   端を噛んでみて苦いようだったら
   冷水につけたまま1晩置く。

3 砂糖を3等分にして、厚手の鍋に1/3の砂糖と、
  水大匙1.5を入れ煮立たせる。
4 3に水気をきったオレンジの皮の白い方を入れる。(決して絞らないこと。)
5 蓋をして弱火で煮る。鍋を振り動かして、箸やスプーンでかき混ぜないのがコツです。
6 煮詰まったら、次の1/3の砂糖を加え、蓋をして とろ火で静かに柔かくなるように煮ます。
7 最後に、残りの砂糖を加え、汁気がなくなるまで鍋を振りながら カラカラに
  なるまで、煮詰めます。
イメージ 4
8 冷めるまで クッキングシートにくっつかないように
  広げておきます。  


※慣れてくると自分にあったやり方や、かたさ等が把握できるようになります。
  ※灰汁を抜くときも 多少苦味が残るようにすると 大人の味が楽しめます。
我が家では 皮の厚いかんきつ類は
 実→                     もちろん食べたり、ジュースやゼリーにします。 
  外側の黄色い皮部分→    魚焼きグリルの中に入れて、
                          魚等焼くと後片付けが楽になります。
  白い綿のような皮の部分→ 砂糖で煮てお菓子にします


柔かめに煮てパンに入れて焼いたら とってもおいしかったです。

柑橘類は風邪や癌の予防になるので いっぱい食べてください!!

みかん農家からのお知らせでした。

この記事に


.


みんなの更新記事