ここから本文です

書庫日記

記事検索
検索
4時起床、415分出発。


途中、ガソリンスタンドに寄り、エサ屋でコマセとイソメを購入し、515分に袖ヶ浦港に到着。この時期の袖ヶ浦港は例年なら夜中からアジ狙いの方が多いが、この日はそこまで多くない。既に竿を出している人に聞いてみると、理由は一つ。釣れていないそうだ。
イメージ 1

潮汐表を見ると、魚マークが0。でも前日まで市原ではアジもサバもそこそこ釣れていたようなので、大丈夫!と根拠のない自信を胸に竿を出すが。。。
イメージ 2
 
釣れない。。。周囲に聞くと0時から釣っていた人がでアジ8、アナゴ1。隣の人は2時に来てアジ2匹だそうだ。しまった、市原に行くべきだったか?と市原の釣果を確認すると、あちらもアジ・サバはひどい。釣れているのはサッパだけのようだ。(下記の釣果は終日のもの)イメージ 3
 
こんなときのために、とイソメを投げる。1時間位してやっとサビキにぐーふーが掛かる。写真を撮ってすぐリリース。
イメージ 4
 
さらに5分後にイソメ竿にハゼが。

 
さらにアナゴが!
イメージ 5
 
地合い到来か!?と心を弾ませたが後が続かず。。。
 
今回は泳がせがテーマなので、ハゼに早速仕事をしてもらう。針を背びれに掛け、軽く投げる。ハゼが何に変身して帰ってくるか?シーバスか?マゴチか?はたまたイカ・タコか?
イメージ 6
 






泳がせ用エサのハゼを確保しようとその後も試みるが、その後はハゼも釣れず。向かい風で寒いし、周りの人は「寒さ」と「釣れなさ」でどんどん帰宅するし、「もう場所を移動しよう!」と泳がせ竿をあげると・・・
イメージ 7

 
ハゼの身がない!!!

このままここに残ってその何かを釣ろうかと悩みましたが、竿を片付けてしまった後なので後ろ髪を引かれる思いで長浦へ移動。。。
 
続く。



かもしれない。。。。
 
皆様の応援をいただくと、またブログを更新する励みになります    
 にほんブログ村千葉釣行記へ    



アクアラインマラソンが実施されるそうです。木更津・袖ヶ浦方面の道路・釣り場は混みあいそうですね。
一部の情報によると、周辺の港はバス等の駐車場になる可能性があるとのことです。
ご注意ください。
 イメージ 1
 
下記のリンクをクリックしていただけると、またブログを更新する励みになります    
 にほんブログ村千葉釣行記へ    
 
 
予報では曇り時々雨。この週末は釣りに行く予定ではなかったが、アジ・サバが引き続き好調のようなので、トップシーズンだし釣りに行くことに。。。
しかし、市原海釣り施設か、袖ヶ浦/長浦にするか迷ったので、Pros/Consを出して考えたみた。

イメージ 1
 
予報では曇り時々雨。この週末は釣りに行く予定ではなかったが、アジ・サバが引き続き好調のようなので、トップシーズンだし釣りに行くことに。。。
しかし、市原海釣り施設か、袖ヶ浦/長浦にするか迷ったが、Pros/Consを出して考えたみた。
 
袖ヶ浦/長浦
Pros
  • 到着したらすぐに釣りを開始できる。朝マズメに間に合う
  • 車横付けなので荷物の移動がない
  • 袖ヶ浦/長浦は車を横付けできるので、雨が降ってきた場合避難できる。
  • 経験則ではあるが、単位面積当たりの魚種は豊富(市原は広いので総面積では市原の方が豊富)
  • 竿を常識の範囲で何本も出せる
  • サバが釣れた場合、その場で捌ける(手洗い水が必要だが、とりあえずアニサキス対策程度は可能)
  • 釣れなくても入場料は掛からない
Cons
  • 市原からさらに遠い。15~20キロくらい車で走る
  • トイレがない → 最悪の事態が発生した場合は荷物を置いて、コンビニへ
  • 水道がない → ペットボトルに手洗い水を入れて持参
  • 回遊魚が釣れるかは未知数 → どこでも条件は同じ
  • 船が接岸する/接岸している可能性がある → 接岸した場合は袖ヶ浦/長浦の一方に移動も可能
 
市原海釣り施設
Pros
  • 距離的に近い
  • トイレがある
  • 水道がある
  • 市原は大勢でコマセを巻くため、魚が集まりやすい
Cons
  • 朝早くに到着して場所取りが必要
  • 開場が6:00、受付後に釣りを開始できるのは6:30頃で朝マズメの終盤スタートとなる
  • 市原の場合、週末は激込みで最初に入った場所から移動できない
  • 混雑のため、投げ釣りが一部のエリアに限られる → 下投げは可能
  • 1人当たりの単位面積が狭いので隣の人とオマツリのリスク。特にサバが掛かった場合。
  • 出せる竿は2本まで
  • その場で捌くと係員に怒られる
  • 釣れなくても入場料は掛かる
 
総合的に判断すると、市原のConsは物理的に解決が難しいものが多いが、袖ヶ浦/長浦は赤字にも記したように解決策を実践できるレベルなので、今回は袖ヶ浦/長浦へ行くことに。
つづく。。。
下記のリンクをクリックしていただけると、またブログを更新する励みになります    
 にほんブログ村千葉釣行記へ    
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事