イメージ 1

参議院選挙


終わりました。


自民党の圧勝で 一応『元寇・共・民・・正式には狂産と罠進の国難』は去りました。
イメージ 2

!狂・罠のいつも変わらない、捏造選挙アジはそろそろ検挙してもいいのでは?と思います。 (狂→共産、罠→民進)


安保法案の時も ≪戦争法案・・すぐに戦争始める法案≫ と騒いでいました。


今度の選挙では ≪憲法改正・・徴兵制をするぞー・・≫ と演説を繰り返していた。

・・が!自民党は憲法改正と言うのは、何度も『発議をして、審議をして、各条項ごとに国民投票に進まないと出来ないもので、多分5年〜10年のスタンスで漸くスタート台に立てる程度。

それをしつこく≪憲法改正≫して徴兵制云々・・と言う野党。

 狂・罠の選挙アジのように、すぐには出来ない、やる気もない!!・・と自民が説明しても

世間の思考力の弱い連中は、テレビインタビューで「憲法改正はよく無いなぁ〜〜・・」と

狂・罠の宣伝アジに完璧に乗せられて、得意そうにしゃべって居るアホ達。

イメージ 3


 

今回は何とか常識ある国民が過半数だったから良かったが・・・・

狂・罠の宣伝に乗せられる『思考力欠乏人間』は生物学的に環境適応力が強くて繁殖力が旺盛です。

5年、10年先には膨大に繁殖した『思考欠乏人間』が国民の多数になって居る恐れがあります。


そうなる前に捏造アジを撒き散らす政党とマスコミを消毒して駆除して置かないと大変です。


尖閣の支那共産党や南朝鮮の対島沖の侵攻より、まずこちらを消毒滅菌した方が・・・・
イメージ 5


 選挙大勝の裏に迫る ≪祖国の危機≫ についてです。


特に!我が県・三重では罠・狂の組合ゴロツキ上りの男に、自民党女性候補がやられました!

この敗北は当分の間、“三重県の恥”と他府県から笑われるでしょう。


三重県も共産匪賊のシンパが当選する非常時になりました!
     こんな共産匪賊についての説明がありました。

( 共産匪賊とは—―集団をなして、掠奪・暴行などを行う賊徒――を指す   言葉。

「共産」「匪」「賊」は社会秩序と敵対する破壊組織、すなわち取り締まり側・平和社会の我々被害者側の視点からの蔑称である。

日本では、特に近代から現代まで中国における武装集団を指す、赤匪ともいう。)

イメージ 4

             とにかく、自民党が勝利して良かったです。

昔々の兵食



昔過ぎますが・・戦国時代の標準食です。
イメージ 1
        一日分・・二合半の三日分、七合半を三日ごとに支給する

 このころの兵隊とは足軽雑兵と言う本業は百姓さんです、春と秋の農繁期には採用せずに暇な冬に・・今風に言えば『冬季派遣職員』です。


夏も農家は暇がありますが、普通一般には酷暑の夏は『戦・いくさ』はしません。
暑い夏の日差しの下で、重い木綿の衣類を何重にも着たうえに、鉄で出来た鎧兜を着けていると・・・多分!殿様から足軽まで、全員『熱中症』で動けなくなるでしょう。


数少ない例が『大阪夏の陣』ですが、これは城を包囲した戦いなので炎暑の中を行軍することがなく熱中症も心配なかった一例です。


ところでその兵隊さんの食糧は・・・


米(玄米)と味噌と塩だけの『現物支給』です。


あとはの副食物は、それぞれが食べられる生き物(蛇・ウサギ・鶏・たまに鹿やイノシシと食べられる茸・雑草・) を自分達で採集したのです。


足軽の小隊長である士分はこの自己採収も採りすぎないように監視する必要がありました、
それは沢山の副食物を食べると主食の米を“わざと”残すからです。
残した米を皆で酒にして呑んでしまう事が頻発していたようです。


 簡単に戦場で酒を内緒で造れたのは・・


夜の「八つ」にホラ貝を鳴らして『朝飯くらえ〜〜』の合図があります、が、「夜の八つ」は今の午前2時です、
まだ真っ暗な深夜ですが当時は午後6時には寝ていたのです。


すでに「夜の七つ」に起床のホラ貝で皆さん起きて居たのです。


この「七つ」から「八つ」の二時間は暗いし暇があって密造酒を作る時間になって居たのです。


こうして米を仕込んで5日もすればドブロクに似た酒ができたのです。
イメージ 2


 自分達の米を自分達が酒にして呑むのは良いのですが!!休憩のたびに酒を飲んでしまい


酔っぱらうと・・・ただの酔っ払い集団で戦うことが出来なくなります。
イメージ 3


当時の百姓さんは普段は米を作って居ても自分達は食べることがなかったのです、まして酒などは『冬季派遣職員』の足軽になった時だけです。


それが魅力で足軽雑兵に進んでなった!という人が多かったのです。
酒の魅力は強くて、老人は元より女性でも足軽になって居たようです。
(火縄銃の打ち手には女性が多く居たそうです)


当時の兵食の行軍注意についての資料でした。

最近は暑くて家でゴロゴロしていて・・変わった写真も撮れ無いので、
面白くもない歴史の話でスンマセン。

     暑さに負けず 明日は頑張って志摩に行こう!
     こんな美女に会えるかも知れないぞ―――。
イメージ 4
出来れば・・これぐらい薄着の美女に・・。
イメージ 5


暑さと雨で休業中



暑い、その上雨で濡れる、雨が降らないと汗で濡れる。


正常なオッサンには辛い季節です・・・と言う事で家に籠って休む――


ホンマは休むこと事も出来ない境遇の貧乏人です。


やむなく、道具の手入れを・・と言っても気ままな林道パトロールです、ほぼ道具はありません。


先代の使って居た道具を出してみると!!錆と刃がボロボロに減って居ます。
イメージ 1


それに あまりにも ダサい!


カナダやアラスカの森林パトロールには拳銃やサブマシンガンを持って居る写真を見たことがあります、可愛い女性も居るようです。
イメージ 2


そういうのなら、犬になってでも毎日行ってみてもいいのですが!


鉈と鎌では持って行く気になりません、私はコーヒーの水筒とデジカメのみです。


それ以前に、何をするために林道を歩いているのか、未だに不明です。


デジカメは行った所を写して『お局様』に見せて
イメージ 3


「今日は此処へ言って来た・・」と、早い話がアリバイ証明です。


こんな訳で日々生産的な仕事はしていないようです、どこかの公務員の
『休まず・遅れず・働かず』と同じですね〜〜〜。
もっとも今の地方公務員は愛想よく仕事も“そこそこ”やってます。


と言う事は!今の私はウロウロとしているだけの此の地で最低のオッサンのようです。
イメージ 4


ですが!!他人は知らないのですが、夏も冬も人の入らない山の奥に入って妖怪や雪女を探すと言う貴重な職務?に頑張ってます。
イメージ 6

イメージ 5

とにかく、暑くて溶けてしまいそうなオッサンです


昔の水筒・吸い筒など

戦国時代の水筒と湯のみ


戦国時代の戦場での水筒、吸い筒の貴重な写真です。
イメージ 1


イメージ 2
     これは空襲で焼失して写真だけが残って居ます。


 


その『水筒・吸い筒』の図と湯のみ・『水呑み』と言いますが竹制です。
最も多かったのは和紙を重ねて漆を塗った携帯用の『水呑み』

です、下級武士は和紙の張り合わせだけです。

折り畳むと下の図のようにペチャンコになります。
イメージ 3


足軽雑兵は木の葉で谷の水を掬って飲んだようです。


・・・この『水呑み』は『吸い筒』を持って居る時には使わないものです・・・


今でもお洒落なアウトドア用品に似たようなコップが有りますが、これが元祖でしょう。
イメージ 4
イメージ 5
前回と今回は読んで頂いても全く面白く無かったと思います。
が、水筒コレクターの私には書かずにおけない大事な話なのです。
お読みの方には申し訳ありません(深謝)


吸い筒→水筒



明治・日本軍の最初の水筒


日清戦役のとき日本陸軍は装備品として水筒を配備しました。


それはガラス製で黒い牛革で包んだ700CCの水筒です、正式には『吸筒・すいつつ』

と呼ばれていたのです。

イメージ 1イメージ 2


 








この牛革の中は(上)ガラスです




その後、アルマイト製の700CC『日露型』から、1000CCの『昭5式』が出来ました。
イメージ 3

イメージ 4


この時は兵器ではなく年式のない通称名です、『昭5式』が4年後の昭和9年に正式兵器となって『94式水筒』になります、この時に『吸筒』が『水筒』に名称が変わりました。


(よく似た名称変更は『鉄兜』が『鉄帽』になった例もあります)


 

私の長年の謎だったのは、

何故?明治に水筒を『吸筒・吸いつつ』と呼んでいたのか?


興味のない人にはどうでも良いような話ですが・・・水筒コレクターの私の中では重大な疑問でした。

 それが!ようやく分かりました。


長年探していた本が手に入ったのです。
イメージ 5


「日本兵食史」上巻・下巻( 昭和8年・陸軍糧秣本廠 )です。


陸軍の本ですが内容は日本古来より徳川時代までの戦陣食糧の歴史です。

この本でようやく分かったのです。

イメージ 6


戦国時代より水の容器には『吸い筒』という名前が普通だったのが明治の健軍時に引き継がれて『すいつつ』となったようです。
イメージ 8

イメージ 7


 

又『吸い筒』の語源は水筒に直接口をつけて呑むので無く、細い筒を入れて・・

イメージ 10


・・今のストローで呑む水筒と全く同じ構造だったのです。


今のストローで呑む水筒は既に1400年代、応仁の乱に発明された物のパクりだったのです。


その上、すごいのは携帯して居ても、ピチャピチャと不安定に揺れて水が零れないない知恵もあったのです、


それは水筒(竹筒や革袋)の中に≪ 海綿や水吸藻・ウシワタとも云う ≫ を入れて安定させ、落としても水が吹き零れない工夫をしていたのです。

イメージ 9


とにかく『吸い筒』⇒『水筒』の謎が分かりました。


 

今の映画やテレビでも全くこの『吸い筒』の知識の無いままで竹筒に口をつけて水を飲むシーンがあります、そんなシーンを見たら一言「馬鹿だねー」と言って笑いましょう。


           昭和初期の美人です
イメージ 11


[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事