全体表示

[ リスト ]

佐久間艇長2

イメージ 1
佐久間艇長と部下をなぜ世界中が称賛したのか・
 
それは英国で似たような事故が起きた時の状況が伝わっていたからです、
狭い封鎖された艇内では酸素を求めて乗員が狂人のように格闘していた、海底から引き揚げた
艇内では全員が無残な姿で亡くなっていた、
 
しかし日本海軍の第6号艇を引き上げると佐久間艇長以下全員が持ち場
就いたまま眠るように亡くなっていた。
人間の本能むき出しの悲惨な事件の後で・・・世界中に佐久間艇長以下14名の姿は「武士道」
と映ったのです。
 
この経過の良くわかる軍歌
 
佐久間艇長
 
一、
花は散りても香(か)を残し

人は死しても名を残す

天晴れ佐久間艇長は

日本男児の好亀鑑(きかん)
二、
時は四月の十五日

艇長部員を引率し

呉沖遠く乗り出(い)だす

船は第六潜水艇
三、
沈みしままに浮かばずと

悲報天下に伝わりて

眉をひそめる同胞(はらから)の

驚き憂い幾許(いくばく)ぞ
四、
間もなく所在(ありか)を探りえて

引き上げ鉄扉を打ち破り

見れば痛ましあな悲し

呼べど答えぬ十四人
 
五、
司令塔上厳然と

指揮せる儘(まま)に艇長は

従容自若(しょうようじじゃく)死につきし

最後の雄々しさ勇ましさ
六、
これを始めに部下諸員

少しも乱るるところなく

息絶ゆまでも我が任務

守りし様ぞ知られける
七、
艇長遺書して我が部下の

遺族に雨露(うろ)の君恩(くんおん)を

乞い奉りし一筆に

感泣(かんきゅう)せざるひとやある
八、
その外呼吸のせまるまで

手帳に記せし数個条(かじょう)は

只(ただ)君の為国の為

赤誠(せきせい)吐露して余すなし
九、
弾とび来(きた)る戦場に

斃(たお)るるのみが勇ならず

壮絶悲絶のこの忠死

聞きては懦夫(だふ)も起(ただ)すべし
十、
艇長生地は福井県

海軍大尉名は勉

勅(ちょく)して位階を進めらる

枯骨(ここつ)に花の誉れあり
明治四十三年
 
これ以外にも歌がたくさんあります、一番唄われたのは< ユーチューブ >にアップされています、
ぜひお聴き下さい。
 
イメージ 2
第6潜水艇・佐久間艇長に感動して切手にもする国がありました
イメージ 3
 
イメージ 4
沈勇・佐久間艇長と13名の勇士をしのぶ・・
 
佐久間勉 大尉に深く感動する日本人の中で!!
 
(   極一部の「何とかピューピル」という集団はこの佐久間艇長にもイチャモンの誹謗中傷
をウダウダと言ってるようです、100年前の偉人にまで・・・このような「なんとかピューピル」
は無論、日本人では無いでしょう、猿以下!と言うと猿も「あいつらと一緒にするな」
と怒るでしょう  )
 
猿以下は放っといて明日は佐久間艇長の第6潜水艇の遭難、殉職の日だと知ってください。
 
佐久間艇長の故郷にあった6号艇の模型です
イメージ 5
 
資料が縦書きですが14名の殉難勇士の氏名です。




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 











 
 
 
















































































































































































































閉じる コメント(2)

佐久間艇長以下、乗組員の皆様に捧げ筒。

我々、戦後生まれの者にすれば、まったく知らない事ばかり。

私は陸上自衛隊第一空挺団出身ですが、実弟は海上自衛隊出身です。

現役時代は、巡洋艦【てしお】に乗船勤務していました。

弟の話しによれば、潜水艦勤務に配属される隊員は、厳しい適性検査に合格しなければならないそうです。

海上ならば、海に飛び込んで助かる事も多いですが、潜水艦は潜ってナンボの世界ですから、精神力が強くなければ無理だと話しておりました。

いやはや、戦後に封印されてしまったであろう、貴重な資料と文献の数々、たいへん勉強になります。

まさに武士道。

この平和な敗戦国ではありますが、心の片隅にでも、武士道を意識して生きて行きたいものです。

若くして、この世を去った英霊達に、深い感謝と尊敬の念を忘れずに生涯を送りたいと思います。

2014/4/15(火) 午後 2:22 [ 糖尿病田子作 ] 返信する

顔アイコン

田吾作様
いつもありがとうございます、戦後にも武士道を守っている方は
陸海空の自衛隊員と海上保安官の方々と思っています、
空挺レンジャーは最たるものだと感服しています、元海上自衛官の弟様にも感謝いたします。

2014/4/15(火) 午後 7:25 [ iti*ik*ken* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事