民商って・・・

すべて表示

地域の中で仲間といっしょに・・営業とくらし守る民商

イメージ 1

民商は、とことん中小業者の味方。

税金、金融、経営、国保、法律など、地域の中小業者の営業とくらしのなんでも相談センターです。

民商は創立65年(当和泉高石民商は45年)、おかげさまで、全国どの地域でもネットワークを組んで、中小業者の相談活動をすすめています。

民商の会の運営は会員一人ひとりが毎月会費を出し合ってまかない民主的に運営しています。国や自治体からの補助金は1円ももらっていません。だから、国や税務署などの顔色を伺う必要もなく、「とことん中小業者の味方」に徹して会員の営業とくらしをサポートできます。
 
業種も年齢も違っても民商仲間どうし信頼関係を生かした商売・技術の交流や地域での助け合いをすすめています。

国は、大企業など大きなところに税金を使い、私達中小業者や国民には負担を強いる政治・経済の仕組をつくっています。
そんな社会の仕組みを少しでも改善をさせていく事も大事です。
同時に中小業者の営業とくらしを発展させるためには、個人の営業努力とともに、国や自治体に、「金融」『税金』「社会保障」などの制度改善の運動をすすめるのも大事です。

一人の力は小さいですが、あきらめないで声を大きくしていきましょう。


.


みんなの更新記事