フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

新たなる道

イメージ 1

新たなる事を始める際に、必ずといっていいほど宮沢賢治の碑を思い出す。
「あらたなる よきみちを得しといふことは ただ あらたなる なやみの道を得しといふのみ」
続きは、「あゝいつの日か か弱なる わが身恥なく生くるを得んや」と続く。

賢治は貧しい農民の為にと、東北砕石工場の技師として肥料の研究に明け暮れ、農民にその肥料を普及させようと東奔西走、自ら営業に回った。

しかしながら、結局は貧しい農民への負担を負わせることに対し、自責の念を覚えたのではないかともいわれている。
そんな事情からか、この詩の一般的な解釈として、悲観的で絶望的なフレーズとして受け取られている。

しかしながら私の解釈としては、「良い道をみつけ出す為には、先ず、悩むことが必要であり、良い道を究めるには、色んな悩みを必ず乗り越えなければならない」と前向きな解釈をしたい。

人間誰しも、マイナスイメージを想像することは容易い。しかも、その方が楽である。
しかしながら、前向きに生きる事、前向きであることの発想の重要性を、賢治は十二分に知りながらも、この詩を記したのではないだろうか。
私は、そんな風に思えてならない。

この記事に

閉じる コメント(2)

これはいい短歌ですね。宮澤賢治さんが確か花巻のご出身。一時期、傾倒した作家です。

2010/9/2(木) 午前 2:30 [ 虎のしっぽ ] 返信する

顔アイコン

なりひらさん
有難うございます。
お褒めの言葉、恐縮です。
同じ県民として、そして誇りとして私も傾倒しております。
特に、死期近い頃に書き綴った「雨ニモマケズ」に関しては、ある意味、この世の詩の中でこれを超えるものはないと思っております。

2010/9/2(木) 午前 10:16 ワイルドパワー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事