フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

山伏茸よ

イメージ 1

中国ではホウトウクーの呼び名で、四大山海の珍味の一つとして、また、宮廷料理の食材としても知られている。
名前の由来は、手長猿の頭の形をしたキノコという意味だそうだ。
日本名は山伏茸(やまぶしたけ)。その由来は、山伏の装束の一部で、胸の部分にある梵天(丸い飾り)に似ている為だと言われている。

この辺(岩手県南部)では、「うさぎもだつ(もだし)」と呼んでいる。
一時期、免疫力を高める為のたんぱく質、βdグルカンの量が、アガリクスの3倍もあると言われ、また、脳にも非常に有効な成分(ヘリセノンDやエリナシン C)が含まれているとの情報から、当時は、私も真剣に栽培しようと、栽培用ハウスなど色々と見積もりを取ったりもしたものだった。
ただ、その成分に関しての効能は兎も角、当時の栽培物は決して美味しいと言えるものではなかった。

しかしながら、天然物ともなるとまったくの別物である。食感に関しては然程の違いはないにしても、風味がぜんぜん違うのである。やはり何でもそうだが、天然ものに勝るものはないということである。

この記事に

閉じる コメント(2)

父が亡くなって4日。葬儀も終わり、ようやくブログを見てみようかという気になりました。
今年は、猛暑の影響で夏キノコと秋キノコの成長が重なり、大豊作の半面、食用キノコと見分けにくい毒キノコも豊作だというニュースを、今朝、NHKでやっていました。そちらかいかがですか?

2010/10/15(金) 午後 6:21 [ 虎のしっぽ ] 返信する

顔アイコン

なりひらさん
有難うございます。

そうでしたか、お悔やみ申し上げます。

私どもは、幸いにも両親ともに健在でおりますが、やはり高齢になってきますと、「何時かは」と、ある程度覚悟をしなければと思っております。
現実のものになった場合は、やはり取り乱してしまうだろうなと思っております。

キノコの件ですが、プロの連中でも間違うほどですから、「私も気をつけねば」と思っておりますし、ちょっと自信がないキノコに関しては、採取しないようにしております。

2010/10/15(金) 午後 10:06 ワイルドパワー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事