フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

奉拝の朝

イメージ 1

毎年正月には、岩手県平泉町にある毛越寺を訪れ、一年の無病息災を祈り参拝している。
この毛越寺の境内北側には、阿弥陀経および念仏の守護神といわれる摩多羅神が祀られているが、参拝する度の拝礼の仕方に迷ってしまうのである。
「前ならえ」で、前に拝んでいる人たちと歩調を合わせる格好で合掌のみの拝礼だが、考えてみればお寺の境内とはいえ神様を奉っている。
であれば、「二礼二拍手一礼」が正しいのではないかと疑問に思うのである。
正しい参拝の仕方を、後で確認してみることにしたい。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

手を合わせ 心を添えて 厳かに 願いとなえど

2011/1/7(金) 午後 4:34 [ - ] 返信する

顔アイコン

由緒ありそうな、お寺ですね。 日本のお寺には、神様が祭ってあったりするのも、神仏習合の日本ならではですが、アジアでは、だいたい、道教の神様と一緒に、仏様が祭ってあります。

お参りの仕方は、自由のようですが、正式には、五体投地礼のようです。

2011/1/7(金) 午後 7:52 Bruce 返信する

顔アイコン

苑居祐さん
有難うございます。
確かに「願いとなえど・・・」なかなか期待通りには行かないものです。
ですが、下の句には「程々によし」と付け加えたいですね。
「下を見れば限がない、上を見れば目が回る」・・・。

2011/1/7(金) 午後 8:37 ワイルドパワー 返信する

顔アイコン

失敗ですね。結句忘れてる。
手を合わせ 心を添えて 厳かに 願いとなえど 風に紛れて

わたしならこうかなあ。すみません。

2011/1/7(金) 午後 8:42 [ - ] 返信する

顔アイコン

ブルースさん
有難うございます。
五体投地・・・チベット仏教などが有名ですが、最上の礼拝方法といわれている作法ですね。
本来であれば日本でもそうすべきでしょうね。
しかしながら、周りで誰もやっていない中で、一人だけやるのは勇気がいりますね!

2011/1/7(金) 午後 8:51 ワイルドパワー 返信する

顔アイコン

苑居祐さん
有難うございます。
風に紛れて・・・こちらの方が遥かにいいですね。
「ほんのり、ほんわか」する感じです。

2011/1/7(金) 午後 9:08 ワイルドパワー 返信する

顔アイコン

こんばんは!♪
先程は、私のところへのコメントいただき・・・
ありがとうございました。

確かに、神社などへお参りした時・・・迷うこと、ありますよね。
仰るように、前の人に習え〜って言うか・・・それなりの先輩が、
やっているのを見て・・・同じようにしていると思います。
(考えれば、私も・・・それなりのいい〜歳だけど・・・)

でもまた、情報があったら・・・教えてくださいね!アハッ〜

2011/1/7(金) 午後 10:12 [ ルイ ] 返信する

顔アイコン

ルイさん
有難うございます。
正しい作法が分かっていないとただ恥をかくだけです。
私もいい年ですが、分からない事が多過ぎます。
もう少し真剣に学ばないといけないと感じております。

2011/1/8(土) 午後 3:37 ワイルドパワー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事