フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

父の背中

イメージ 1

私の親戚にも、やはり短歌の好きな方がいる。
2箇所の短歌結社に属していて、毎週地元(岩手日日)誌の短歌コーナーに作品が掲載されている。
これまでに詠んだ短歌は5000首以上にのぼる。

年齢は私よりもかなり先輩だが、私からみればとても親しみやすい人柄で、呼ぶ時は何時もちゃん付けで呼ぶ。
圭一郎なので「けいちゃん」と呼んでいる。

今朝の朝刊に掲載されていた圭ちゃんの短歌をご紹介したい。

口数の
少なき馴染みの
理髪師が
ポツリと呟く
『我は老いた」と

私はこの歌を詠んで深く感銘を受けた。
老いを感じさせる切なさが、この31文字に溢れんばかりに広がっていて、
その光景が、目の前に一面に広がってくるのである。
職人には口数の少ない人が多いが、その理髪師という職人の重みが、尚更に老いる事の切なさや、否応なしに訪れる時の移ろいを感じさせられるのである。

そんな事を思い、
浮かんだ詩(?)に短歌を添えてみた。


ランキングに参加しております。
もし、ポチっと1クリック頂けますと今後の励みになります。
[https://local.blogmura.com/ にほんブログ村 地域生活ブログ]

この記事に

閉じる コメント(6)

寡黙な父親の背中にあった「屈強」の文字が、老いとともにだんだん薄くなっていく・・子の目から見た父親の映像が、寂しさとともに浮かび上がるような作品です。

2011/1/31(月) 午後 0:44 [ 虎のしっぽ ] 返信する

顔アイコン

よき父親をお持ちで、うらやましいです。 僕の父は、飲んで、酔っているところしか、あまり覚えていません。

団欒の ちゃぶ台夕餉 焼酎を
山賊のごと 父は飲み干す

ポチ☆

2011/1/31(月) 午後 2:20 Bruce 返信する

顔アイコン

なりひらさん
有難うございます。
子供の頃、あれほど頑強で屈強だった親父の背中も、やはり歳には勝てないという事です。
それは私にも言える事でしょうが、「兎に角元気で長生きだけはしてもらいたい」願いはただそれだけです。

2011/1/31(月) 午後 3:46 ワイルドパワー 返信する

顔アイコン

ブルースさん
有難うございます。
ブルースさんのブログを拝見させて頂いておりますと、お父さんが「飲んで、酔っているところしか」なんてそんな風には思えませんが、余程ストレスが溜まっていたのではないでしょうか。
一家の大黒柱となると、やはり「男は辛いよ」という事でしょうね。

2011/1/31(月) 午後 3:55 ワイルドパワー 返信する

顔アイコン

老いていく 背中が語る 歴史あり 顔に滲んだ
生きた足跡

2011/1/31(月) 午後 4:21 [ - ] 返信する

顔アイコン

苑居祐さん
有難うございます。
その人の顔、表情を観れば「その人の生きた歴史が分かる」と言われます。ただ、私は未だそこまで悟りを開いておりませんが。・・・

2011/1/31(月) 午後 4:30 ワイルドパワー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事