フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

異議申し立て

イメージ 1

1号被保険者及び3号被保険者の処遇をめぐり、予算委員会で激しいバトルが繰り広げられた。
事の発端は、2月24日の衆議院予算委員会の質疑で、自民党の鴨下一郎議員が、厚労省の独断、しかも課長通達で行われた1号被保険者に対する処遇について、「著しく不公平ではないのか」との指摘により、担当大臣である細川厚労相が「知らなかった」との弁明に続き、既に年金を受け取っていた約2400人もの3 号被保険者に対し「留保」する旨の回答を下した。

そもそもこの問題は、3号被保険者であるサラリーマンの家庭の専業主婦が、サラリーマンであった亭主が、脱サラや何らかの理由(リストラにより止む無く自営するケースが多い)によりサラリーマンを辞めた後、1号被保険者として国民年金保険に加入しなければならないのだが、自動的に切り替わるシステムもない為、知らないでいるケースや、独立開業したとしても、生活費すらまともに稼がれないのが現状である。

その為、保険料を支払うぐらいなら、生活費にまわしたいというのが本音であろう。それが今の現状だということではないだろうか。
それらの理由により、保険料の支払いが滞っている主婦が多いのが現実だろうと思う。
そのまま保険料の滞納が続くと、当然年金受給年齢に達したとしても、支給されないか或いは低年金となり生活に支障をきたす。
その為の対策として、一定の保険料を納めれば、3号被保険者(サラーマンの妻など)と同等の年金を支給すると、厚労省の課長通達で年金受給の実施がなされているが、それに対して鴨下議員が、「著しく不公平ではないのか」と激しく詰問に及んだ。
それを傍聴していた3号被保険者やサラリーマンから、「そんなの不公平じゃないか」と苦情が殺到している。

確かに、片や200万円の保険料を納めて250万円支給されるのと、片や30万円納めて同じ250円貰うのとでは不公平であると言わざるを得ない。
その事に対して鴨下議員はモラルハザードだと評し、結果、国民に対し不公平感を煽(あお)る事となった。
しかしながら、この論理で解決しようとするならば、前出の「払いたいけど払えない」人たちに対して、無慈悲的な対応を取らざるを得くなってしまう。
ましてや、不公平感を煽られた事により、1号被保険者の方たちに対する世間の目は、一層冷ややかなものになるだろう。

一国会議員として、その辺まで考慮した上での発言なのか甚だ疑問に思う。
本来日本人は、和を重んずる集団主義的文化を持ち、相互扶助の精神にも長けた民族であると私は信じている。
涙を流している子供を見かけたら「どうしたんだ」と声をかけ、老人が来れば快く席を譲り、雨が降ってくればどうぞと傘を差し出し、困っている人を見かければ皆で手を貸し励ますような日本でありたい。

混沌として、ギスギスとした住み難い今の世の中だが、根底から見直すべき時がきていると思う、今日この頃である。

◆フォト短歌訂正箇所  意義⇒異議 

ランキングに参加しております。
もし、ポチっと1クリック頂けますと今後の励みになります。
にほんブログ村 地域生活ブログ


20110224衆議院予算委員会 鴨下一郎(自民)5/2ハマグリ暴走
http://www.youtube.com/watch?v=d8eaGCuQLWo&feature=related

20110224衆議院予算委員会 鴨下一郎(自民)5/3ハマグリ暴走
http://www.youtube.com/watch?v=AMHLNqSk8os&feature=related

20110224衆議院予算委員会 鴨下一郎(自民)5/4ハマグリ暴走
http://www.youtube.com/watch?v=u5vMRmPFpos&feature=related

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事