フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

平穏願う

酪農フォト短歌6作目が掲載された。

<今月の短歌>
『ひさかたの あさぎの空の 雲遠く 酷暑に涼む 松の木陰で』

<今月のエッセイ>
昨年の夏は記録的な猛暑が続いた。今年の夏も昨年ほどではないが、やはり暑い。ゲリラ豪雨や竜巻の発生により、日本各地、いや全世界で自然災害による被害が多発している。
その原因として指摘されるのが地球温暖化である。それは無分別な化石燃料使用に伴う人災であると言っても過言ではない。
今から半年前の3月11日。
未曾有の大災害をもたらした東日本大震災により、「世界でトップクラスの安全を誇る」と豪語され、殆どの国民は疑う余地もなかった原発事故に、ただただ、指をくわえてその成り行きを見守るしか術がなかった。
その影響により、ここ岩手県一関市でも、今から3カ月前の6月中旬には、セシュウム濃度が許容値を超えたとして、牧草の利用や放牧の自粛要請が県畜産課から通達を受けた。
また、「原発さえなければ」と書き残して自ら命を絶った福島の酪農家もいた。
写真に見える薄あさぎ色に染まった清らかな空や、夕暮れ時の長閑な牧場の景色、そしてそれらを包み込む澄み切った空気を、決して核の毒物で汚してはならない。
未来永劫、汚れの無い空気を、後世まで残し、そして守る責任が我々にはある。
昨今の自然現象や自然災害をみていると、その殆どが我々人類の自然を甘く見、私利私欲に拘り、傍若無人に振る舞った結果の人災であると思えて仕方がない。そして神が、その警鐘を我々人類に鳴らしているかのように思えてならない。

酪農ジャーナル9月号の酪農フォト短歌は、こんな内容で掲載された。


本日、民主党の代表選挙が行われ、野田財務大臣が決選投票の末、新しい代表に選ばれた。
兎も角、政局云々よりも、一刻も早い原発事故の収束や、復旧・復興に終始してもらいたいものだと心底から思っている。

イメージ 1


この記事に

閉じる コメント(4)

原子力も、元をただせば「ウラニウム」という自然鉱石。今回の福島原発の事故は、「自然が人間に警鐘を発している」ように思えてならないのです。

2011/8/30(火) 午後 2:57 [ 虎のしっぽ ] 返信する

顔アイコン

「森羅万象の平穏ねがう」の言葉に
宮沢賢治の「最大多数の幸福」を一人、ひとりが願い、思い続ける時が来ているように思いました。

2011/8/30(火) 午後 9:30 [ ] 返信する

顔アイコン

なりひらさん
有難うございます。
おっしゃる通り私もそのように思っております。
自然に敬意を払い、畏敬の念で付き合う事が肝要だと思っております。
また、我欲を捨てる事も大切な要素ではないでしょうか。

2011/8/30(火) 午後 10:30 ワイルドパワー 返信する

顔アイコン

takifujizakuraさん
有難うございます。
ほんとに、その通りかもしれませんね。
「一人、ひとりの願いが広がり、輪になって更に広がっていく」それが一番理想的な好循環を生むのではないでしょうか。

9月21日の賢治祭では、イギリス海岸の姿が見えるようにと周辺のダムの放水を止めます。参考まで

2011/8/30(火) 午後 10:37 ワイルドパワー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事