フォト短歌Yahooブログ

写真と短歌をコラボレートしたオリジナル作品を紹介しています。たまに写真と詩と短歌のコラボあり。

全体表示

[ リスト ]

DANCES WITH WOLVES

現地時間の2月18日、先日突然の死で世界を悲しませたホイットニー・ヒューストンさんの葬儀が、1992年の映画『ボディガード』で共演したケビンコスナー氏の弔辞で見送られた。
葬儀は、1000人以上の参列者の中、ニュージャージー州にある故郷の教会で執り行われたそうだ。

「私はかつて、君のボディーガードだった。でも今はもう君は逝ってしまった。あまりにも早く。(中略)君はまれにみる功績を成し遂げたんだ。君がプロフェッショナルシンガーのハードルを高く上げたんだ。君の歌を歌う人たちは、いつか君のようになりたいと夢見る若い女の子たちだよ」とゆっくり言葉を噛み締めながら17分間の弔辞を述べたそうだ。
そして、「ホイットニー、やすらかに。天使たちに連れられて、神様の前で歌うんだ。心配しなくていい、君はうまくやれるさ」と締めくくり、会場は大きな拍手に包まれたそうだ。   楽天Womanより



最近とんとご無沙汰だが、以前私は暇さえあれば映画にのめり込んでいた。
映画館での大画面による迫力には及びもつかないが、レンタルビディオ(最近はDVD)店で借りてきては事務所でしょっちゅう見ていたものだった。
その中でも、ケビンコスナー主演の映画は殆ど見ていて、特に「ポストマン」は5・6回は見ただろうか。
また、ゴルフに嵌っていた当時は、「ティンカップ」に夢中だった。
勿論「ボディガード」は謂うに及ばない。

彼の映画は心の琴線に触れるものが多く、フィールドオブドリームや、
何と言っても「狼と踊る男」の意味を持つDANCES WITH WOLVES(ダンスウィズウルブズ)は、思い出しただけでも目頭が熱くなる。

当時、事務所の中で一人、音を漏らすまいと、ヘッドフォンを両耳にあてながら、しかも号泣しながら見入っていたら、突然事務所のドアを開けられ、何ともバツが悪い、みっともない醜態を晒した事があった。
「目頭が熱くなりやすくなった」という事は、老化現象の一つでもあるが、昨年の大震災以来、更に眼輪筋の衰退が進んだ今では、「事務所の中で一人・・・」という訳にもいかなくなった事に、一抹の淋しさを感じる。



John Barry - Dances with Wolves Soundtrack - Two Socks The Wolf Theme With Movie


イメージ 1
待つのは辛いものだ!

この記事に

閉じる コメント(2)

ケビン・コスナ―の「DANCES WITH WOLVES」は、当時、私も感動とともに見ました。家内がケビンの大ファンなんです。それにしてもホイットニー・ヒューストン;あの圧倒的な歌声は素晴らしいものでいた。安らかに天へ帰ってください。

2012/2/19(日) 午後 10:33 [ 虎のしっぽ ] 返信する

顔アイコン

なりひらさん
有難うございます。
やはりそうでしたか。あれは名作ですね!
そんなこともあり、ケビン・コスナ―の映画をと思い、久方ぶりにレンタル店に行きましたが、まったくジャンルの違ったDVDを借りてきてしまいました。
久しぶりに行ったもんですから、ついついアクション系やSFが気になって気になって・・・。

2012/2/20(月) 午後 8:15 ワイルドパワー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事